忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
「鬱病で身体が動かなくなる症状に
悩んでいます」
的なメールを頂きました、
ありがとうございます。

私は医者じゃないんで余計な事は言えませんが、
語弊がある言い方ですけど動きたくないなら
動かないんで良いんじゃないでしょうか。

そもそも病気とか何かを解決したいというのは、
解決すれば何かしら大切に感じているもの、
それは自己の身体だったり、あるいは経済的な
理由とか色々あるでしょうが、
要は大切なものを守る事が出来る、かもしれない
というのが殆どだと思います。

であるならば別に大切なものなど無い、
思い込みでも良いから思ってしまえば良いと
思います。

そうするとあら不思議、行動も思考も
勝手に変わります。
何故なら今までの行動や思考は大切な何かを
守る事を前提にしたものであり、
その前提が外れれば全く同じ事を
しているようでも中身は全然違います。

つまり見せかけの自己というものは
すぐにでも生まれ変わる事が出来ます。

その為には逆説的ですが、現状の不満を
変えようとしてはいけないのであります。
PR
「罵声を浴びせ続けた植物と褒めた植物では
褒めた植物の方がよく育つ」
みたいな記事を
ネットで見たんですけど、これって
本当なんでしょうか。

人間でも罵声を浴びせられると喜ぶ人も居るので
植物でもそういった性癖のある植物が
いるかどうかまで調べてほしい所であります。

個人的にはこういうのって結局、
褒めるなり貶すなりしている側
左右されるんじゃないかと思うんですよね。

ネガティブな気持ちだと何やっても
上手く行かないように感じるとかと
同じだと思います。
なので常にポジティブ・・・だと疲れるので、
一番簡単なのは普通にご飯食べれるとか
息が出来るとか、超当たり前に感じてる事に
感謝する事です。

感謝するっていうのは要は起こる事全てを
受け入れるのと同じ
ですから、善悪を裁く
自我が消えていくのであります。

更に言えば"起こる事"は全てそれに気付いて
いないと起こらない、つまり自己という気付きも
含めて全てが起こっているだけだったという、
ウンコの臭いが臭っているだけと思ってたら
自分がウンコだった
みたいな、180度の転換が
起こるのであります。

こうして幸せや不幸を超越したウンコに
なりました、おめでとうございます。
「"○○政治を許す"という記事がありましたが、
私はどうしても○○政治を許すことは出来ません
どうすれば良いでしょうか」
というメールを
頂きました、ありがとうございます。

簡単に言うと関心を持たない事ですね、 
好きと嫌いは表裏一体ですから
どちらも「あの人が忘れられない」
言っているのと同じです。

好きも嫌いも早かれ遅かれ執着へと変わりますし
執着すると今度はそれ中心で物事を
考えるようになります。
そうすると、どんどん見えている世界が狭くなり、
様々なチャンスを逃してしまう場合もあると
思います。

例えば私も嫁さんと娘を放ったらかして
異国の地を放浪したら、もしかしたら
金鉱とか掘り当てて大富豪になれるかも
しれません。

しかしながら娘はチョーかわいいので、
娘を放ったらかすなんて有り得ませんが、
同時に放ったらかす可能性もあると受け入れて
しまえば良いのであります。
ちなみに嫁さんはいつでも放ったらかします。
というか私がいつ捨てられるかわかりません。

つまりどんなに大事に感じているものでも
それを手放す事も認めれば、思いもつかない形で
様々な可能性が開けてくるのであります。

それと同じで嫌いな物に対しても、
それが増大していく事を抵抗せず受け入れる、
つまり無関心を貫く事でまた違う世界が
見えると思います。

何れにせよ、世界を好き嫌いや善悪で狭くし、
縛っているのは己自身であります。
縛りを解いてあげればいくらでも
広がる
のであります。

スピリチュアルは無限と知りました!とか
言っといて結局小さな自我の好き嫌いの
範囲に押し込むのは矛盾しています。
無限は無限らしく容量を決めない方が
良いのであります。
「家賃の安さに釣られていわゆる事故物件に
住む事になりました、しかし初日からバシバシ
心霊現象が起きます。どうすれば良いのか」

という非常に珍しいメールを頂きました、
ありがとうございます。

初日からバシバシ心霊現象が起きる、とは
只事ではありません。何でも安く済ませようと
してしまうデフレ脳が原因ではないか、とか
言い出すと話が逸れるので元に戻しますが、
例えば毎晩血まみれの女性が枕元に
立っているとかだったらこれは怖いですが、
毎晩オッサンが枕元に現金を置いていくだったら
これはウェルカムですよね。

つまり幽霊が怖いのではなくどのような感情で
接しているか
がポイントで、心霊現象に対して
ウェルカムでもありがとうでも
よく来なすったでも何でも良いので
あまり悲観的にならない感情を呼び起こす言葉で
対応すると良いと思います。

結局、幽霊を供養するのではなく、
心霊現象に騒いでいる自我を供養する、
セルフ墓参り的なメソッドが有効だと
思います。

これは幽霊に対してだけでなく、病気や
その他にも応用出来ます。
結局は何も起きていないし、体験者もいないと
いう事を知るでしょう。










余談ですが我が家の顔も性格も悪い嫁さんは
女性にしては珍しく幽霊とか一切信じない
ガチの否定論者です(でも占い大好き)

付き合ってた頃に某県某市の地元では有名らしい
心霊スポット(すっごい不気味な
暗いトンネルだった)に行った事が
あるのですが、私が「あ、危ないよ。
写真だけ撮って、か、帰ろうよ」とか
ビビりまくりに対して一人でズカズカ
入って行って平然としてたのは
こっちがビビりました。

「やっぱりブスには霊も近寄らないのかな、
こいつ歩く魔除けやんけ」

とか思いましたが、そんな事を言ったら私が
霊界送りにされるので黙っていましたが、
あのクソ度胸というか無神経はすごいと
思います。
「意識しか無い的な事はわかりましたが
相変わらず私の意識にはムカつくニュースしか
入ってこないし、どうすれば良いでしょうか」

というメールを頂きました、
ありがとうございます。

これは重要なポイントがあります、
それはこの方が「私の意識」と言っている事で
あります。

意識とは何ぞやと言うとなかなか説明は
難しいですが、意識とは気付かれるもので
あります。
オンラインゲームとかにログインすると
「ログインしました」と出る瞬間がサーバーが
"気付いた"瞬間ですが、あれと同じです。

なので「私とは意識である」は微妙に違って、
正確には意識に気付いているもの、であります。

だから何、と言われそうですが
これは意識に気付いて、その意識上の
物語から解放されるという事です。

前も書きましたが男性は女性である事から
解放されていますし、女性は男性である事から
解放されています。


それと同じで、意識から解放されるという事は
意識上で展開されている物語は消滅すると
いう事であります。

それは悩みの解消かもしれないし願望の実現かも
しれないし、あるいは気付いたら何事も
解決していたみたいになるかもしれませんが、
いずれにせよ全ての問題は意識上に
展開されるのですから、意識から解放される事が
肝要であります。

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 12 13 15
16 17 18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]