忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
人の心はいつも様々な声で満ちています。
それらの声を聞いているのは自我でも想像上の自己でも何でも良いですが、一人だけです。

で、声を聞いているのは良いのですが、何故か声に従ってしまっているのが殆どです。
更に悪いのは従うだけでなく、怯えてしまっている事です。

例えば「これこれこういう事があって悩んでいる。どうすれば良いのか」的なものは
「これをどうにかしないと大変な事になっちまうよ!」という心の声に対して、
「それは勘弁して下さい!」と怯えているわけですよね。

そうじゃなくて「これこれこういう事があったけど、それを征服してやりたい!」的な
欲望に変えるべきであり、欲望を追求すべきです。

「明日までに50万円用意しないと死ぬ(と心の声が言っている)どうしよう」では無く、
「明日までに50万円を何でも良いから分捕ってやりたい!」という欲望丸出しの
ハードボイルド路線で行くべきであります。

そもそも心の声は自分が作ったものですから、作ったものに何故怯える必要があるのか。
怯えを原動力にして世界を展開するぐらいなら、欲望剥き出しで世界を展開した方が良いです。
怯えは不幸に繋がりやすいですけど、それに対し欲望なら達成感やチャレンジといったものに
繋がりやすいですし。

何にせよ、いつも悩んでいる人は自らが作った心の声にビビり過ぎる傾向があります。
ビビるぐらいなら、欲望に変えましょう。
PR
前回の記事でハードボイルド作家の北方謙三先生が、某雑誌のお悩みコーナーで
若者の悩みを破壊するのに「ソープへ行け!」を連発していた、という話をしましたが
別にソープへ行かなくても緊張したり、嫌な感情を受け入れる事は
とても肝要であります。

緊張したりすると人間はお腹が痛くなったり、呼吸が乱れたり、
頭が痛くなったりと様々な症状(?)が出てきて、さらに言葉使いや顔つきまで
変わってしまったりします。

つまり緊張した人間てのはその時点で「別人」なんですよ。
そして腹に刃物が突きつけられてるようだとか、胸が締め付けられるとかは
全て「意識の上で」起こっている事であります。

という事は逆説的に言えばそのような意識の動きが「緊張した人」を創り出しているわけで
ある程度意識の動きを微調整(?)すれば「緊張していない人」に成る事も出来る
のです。

具体的に言うと緊張した時に、仮に「頭の上から地面に押し付けられている」ように
感じるならばその反対の動き、つまり「両足が頭ごと下から地面に引っ張られている」
感じるようにすれば良いのであります。

これはどちらも身体に対して”意識の上で”力が上から下へ掛かっているわけですが、
それを緊張状態では頭の上から来ているものと感じているから
やはり緊張状態になるわけです。でも普通は「意識上の力が上から降って来ると
緊張状態になる」なんて、それこそ意識してないと思います。

だからこそ潜在意識とも言えるのですが、上から下に降って来て緊張するなら
力の方向はそのままで下から引っ張られる方にシフトすれば緊張しなくなるかも
しれないやんけ、というのが今回の記事の肝であります。

緊張するしない以前に、喜んだり悲しんだりする時も
その人特有の「意識上の癖」があるはずであります。
これがその人がどういう人なのかを決めているのです、そしてそれは意識上の癖を
知る事でいくらでも変える事が出来ます。

で、話が冒頭の「ソープへ行け!」に戻りますが、
これは女性に不慣れな若者を、女性と性交する場に突撃させる事で、
意識上の癖を強引にぶっ壊して新たな癖を身に付けさせる事で「別人」になり、
とりあえず目先の悩みは解消したように感じさせるのが狙いだったのかなあと
思います(?)

まあ新たな癖のおかげで新たな悩みは必ず出てきますが、結局は潜在意識云々ていうのは
魂の設計図を弄り回すようなものなんですよ。
だからいくらでも別人になって、そしていくらでも死ぬが良いんです。
その繰り返しに気付いた時に、また何かを知るでしょう。













余談ですが、前回の記事の後に北方先生について色々検索してたら
なんと先生御自身は「俺はソープへ行った事が無い」と発言されてるらしいじゃ
ないですか(!)何たる無責任、これが真のハードボイルドなのか!
前回の記事の続きみたいになりますが、要はお金でも何でも
あらゆるものに深刻な悩みとか、何でこんな不幸なんだというのは、
全て自分で自分を殴っているようなものであるという事であります。

あらゆる恐怖や不安から解放された感覚とはどんな物なのか、
微妙に違うかもしれませんが、早い話が物事に対する慣れた感覚
あれに近いのかもしれません。

今となっては恥ずかしい思い出ですが、私が厨房の頃って
ろくでなしブルースとか流行った世代なんで、喧嘩が強い事が
カッコイイ・女の子にモテる
みたいな風潮がまだあったんですよ。
恐らく喧嘩強いのがステータスだった最後の世代ですね。

で、自分で言うのも何ですが私は結構喧嘩強かったんですよ、モテませんでしたけど。

何で強かったのかというと、当時柔道やっててガタイも良かったとか以上に、
妙に喧嘩度胸があったんですね。

それは何でかっつーと、私のオヤジは親としては非常に不器用な人で、
子供を叱ると言ったら怒鳴るか殴るかしか出来ないタイプでした。
悪ガキだった私は小学生の頃から散々ブン殴られていたのであります。

しかもあの野郎、一発だけじゃなくて三~四発マジ殴りしてきやがって、
まあ私の口答えが達者だったっていうのもあるんですが。

そういうのもあって、早い話が殴られる事に対しての恐怖心が無かったんですよ。
痛いとか怖いっていうのに慣れてたんですね。

さすがにしょっちゅうオヤジのパンチやキックを喰らっていれば、厨房レベルの喧嘩で
相手が凄もうが殴り掛かってこようが怖くも何とも無いですからね。

なので慣れるっていうのは、結構大事だと思います。
慣れた状態で物事を進められる・特に何も気にならないっていうのは結局の所、
無意識に行っているわけで、それはまさに潜在意識的な話にも繋がりますからね。

ですから感情を感じ切りましょうとかも、"慣れる"という観点から見れば
意味はあるんですよ。
前回はお金で例えましたが、すごい喧嘩だの痛いパンチなんて個人の中にしか無いんですよ。














まあいくら慣れたと言っても、私みたいに厨房の頃の喧嘩で
相手がちっこいナイフ振り回してきて、でもまあ大して痛くねーだろと思って
腕でブロックしたらきれいに肘のあたりがスパッと切れてビビるのは単なるアホです。

しかも切った相手も血流れてんの見てビックリしてたし、
今思うと殆どコントじゃねーかって。
仮に競馬で100万ぐらい負けて今月の生活費が無い、または所持している株が暴落したら
どうするでしょうか?

恐らくほぼ100%の人がそれに対し色々考えると思います。
競馬なら完全に足を洗うか、借金してもう一発勝負とか、あるいはJRAに放火するとか、
株なら株の勉強をするか、著名な投資家のサイトを見るとか、要は”それ以上負けない”ために
色々やると思うんですよ。

それで次回が上手く行けば、それはそれで良い事ですよね。
しかしそれは色々やったからそうなったわけではなく、
なるべくしてなっただけであります。

そもそもお金が絡んだ時の人の行動は自由意志もヘッタクレも無く、
株でもギャンブルでもほぼ完璧に決まっています。

それは損した場合は損を取り返そうとし、得した場合は利益を早急に確定させようと
する事です。

これは損得が生じただけの事であって、明らかに自分で選んだ行動では無いのに、
多くの人は損を取り返す事と利益を確保する事を殆ど反射的に行い、
そして上手くいっただの下手こいただの騒いでいます。

仮に上手くいったとしても、そもそものスタート地点が自由意志によって選んだものでは
無い
ので、上手くいったように見えるのも、別に個人の才能でも何でもありません。
そしてその逆の場合も、別に個人の責任でも何でもありません。

つまり得したり損したりするように見えるのも、宗教的な表現をするなら
神の意志みたいなもので、それに対し反射的に損を取り返そうとか、
利益を確保しようとするのは既に神の意志から離れているという事であります。

という事は、それらの行動は全て単なる条件反射である、と知れば
余計な反射をしなくなったその時点で、既に神の意志と一体であるという事であります。

こうしてあなたは神になりました、おめでとうございます。

と、ここで終わるのも少しわかり難いので補足すると、
とりあえずお金限定で話を進めますが、そもそもお金は本当に存在するのでしょうか?

私も今は、おっかない嫁さんの目が光っているので、ホイホイ馬券を買う事は
出来なくなりましたが、10年以上前、花の独身の時はホイホイJRAにお金を落とす
優良客でした。

多分一度に負けた額は150~200万円ぐらいでしょうか、
そして一度に勝った額は500万円ぐらいの時もありました。


でも当時の私はいくら負けようが勝とうが特に意識していませんでした。
最初からどうでもよい遊び用のお金でしたし、
独り者だったのでかなり余裕ぶっこいてたのもあります。
まあ、いざとなったらオヤジにたかれば良いやとか思ってましたし。

「でもそんな何百万も遊びで使うなんてあなたの金銭感覚がどうかしてるだけじゃ
ないですか」
と思われるかもしれませんが、では上記の文書を以下のように変えると
どうでしょう。

多分一度に負けた額は150~200円ぐらいでしょうか、
そして一度に勝った額は500円ぐらいの時もありました。


こうなると多くの人が ( ´_ゝ`) フーン となるだけだと思います。

つまり大金だの、すごい儲けだの、すごい損だのって個人の中にしか存在しないんですよ。
それに力を持たせるから、大きな損は取り返さなきゃ、大きな得は早く確保しなくちゃって
なるわけです。

100万円入った口座から80万円が消えていたら大騒ぎしますが、
100万円入った口座から8円消えていても恐らく騒ぎもしないし気付きもしないでしょう。

その逆も然りで、100万円の口座が500万円に増えてたら大騒ぎですが、
100万円の口座が100万5円になってても特に何も無いでしょう。
つまり本当に力を持たせない限り”存在しない”んですよ

要はお金を実在のものとしているのは、他でもない自分です、
自由意志があると勘違いしている自分です、ですから神になるには
その勘違いを正す必要があるのであります。
潜在意識云々からシンクロが起きてどうしたこうした、という話は
よくありますが、別にシンクロに拘る必要は無いと思います。

確かに何かがシンクロしたように感じる事はありますし、
実際にシンクロはあると思いますけど、良いシンクロとか悪いシンクロは
ありません。

というかこれは吉兆だとか不吉だとか気にしてたら単純に疲れると思うんですよね。

潜在意識云々に凝りだすと、確かに様々な事に意味を持たせたくなるのは
わかりますし、実際に何やら世界が深いモノのように感じる事は多々あります。

といってもそういう物に拘り出すと、どんどん明後日の方向に行ってしまうので
シンクロとかが起きて「すごーい!」とかなったら一旦忘れた方が良いです。

要は何故シンクロガーとかになってしまうかというと、
早い話が「良い事が起きてもらいたい」という期待から来るのであります。
しかしながら、世の中に良い事なんて無いんですよ。でも良い事が無いって事は
悪い事も無いのであります。何故なら良い事の反対が悪い事だからです。

ですから特に期待も悲観もしない方が結局は潜在意識を生きる(?)事に
なるのであります。

これは感覚的には毎日練習してるプロのアスリートの練習が「日常」になっているのに
近いです。練習が日常になっているのなら練習に伴う疲労はともかく、
練習そのものが苦痛に、つまり悪い事にはならないわけで、同時に良い事でもないですよね。

しかし練習=日常が積み重なればアスリートはそれなりの結果を
まさに「結果的に」残せるわけで、いつの間にか金持ちになってたとか、
いつの間にか上手く行ってたというのはこれに近いものです。

最初から金持ちになりたいとかって、どうしても「ではどうすべきか」という
障害を乗り越えていくという思考に陥りがちになります。
その思考を納得させる為にシンクロが起きただのヘチマだのと言い出すわけで、
これではいつまで経っても乗り越える障害という概念と分離したままであります。

ではそのような分離を乗り越えて一体となるにはどうするのか、
これは簡単な話で、今までの潜在意識だのスピリチュアルだのといった知識を
ゴミ箱にでも捨てて、何も知らなかった状態に戻れば良いだけです。

今まで身に付けた知識が実は一番邪魔だったという、禅問答みたいな話ですが
それがわかれば結局の所、実は最初から成功していたし、これからも成功し続けて
いくでしょう。

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 5 6 7 8
9 12 13 15
16 17 18 19 21
23 24 25 26 27 28 29
30

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]