忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
何度かメールを頂いている方で紆余曲折を
経ながらも「お金が増えた」「車買えた」とか
一応当ブログその他を参考にして物欲を
満たす事には成功(?)している方が
いるのですが、今度はそれらを維持する為に
すったもんだしている様子であります。

これは結構多くの人が陥る典型的な罠で、
仮にスピリチュアルでも成功哲学でも何でも
良いですが、何かを得る事ばかりが
クローズアップされて得た後が全く提示されて
いない
事が多いですよね。

結局お金でも何でもあらゆるものは概念なので、
それらを得るには概念を変える、つまり
スピリチュアルで言う所の自己はいないとか
成功哲学で言うアファメーションとかに
なるわけですが、それらを得た後も結局は
概念の中でグルグル回る事になるパターンが
多いですね。

何かを得るという事は失うという概念が
無ければ成立しない
ので、必ず所有するリスク
付きまといます。

年収が上がれば税金も上がりますし、
特に年収1000万前後だとすげー金持ちに
見えますが、年収が低い場合に受けられる特典も
受けられなかったりとかで、思ったより
全然お金が残らないもんです。

車に関しても人を轢いてしまうリスクは
常にありますし、結婚しても配偶者の
性格がキツいとかキレると顔芸怖すぎとか
ありますし、娘は可愛くても基本的に子供は
言う事聞かないとか色々あります。

というわけで何かを得る概念は必ず何かを
失う、所有のリスクというものがもれなく
付いて来ます。

と言っても別に全てを捨ててミニマリストに
なれとかではなく、それらの両立する概念を
成り立たせているモノこそが意識であり、
意識に投影されている世界であります。
ですから得る事ばかり見ずに失う事、
所有するリスクも同時に受け入れる事が
肝要です。









まあ当ブログも基本的には「何かを
得ましょう!」というスタンスなんですが、
あまりにも得る概念ばかりに行ってしまって
それらを得た後に前述したように
グルグル回ってしまっている方が
多いように感じたので今回の記事と
相成りました。
PR
潜在意識系のメソッドでアファメーション
いうものがあります。「私は○○である」とか
宣言する事で願望を実現させようという
ものですね。

これ思ったんですけど要はパソコンとか
スマホでいうOSの書き換えみたいなもんだと
感じます。

なので願望どうこうは置いといて、
OSの書き換えに一番効果があると思われるのが
異国語で喋る事です。もし暗い性格を
直したいとかなら陽気なアメリカ人のように
英語か、物事を気にしないブラジル人の使う
ポルトガル語が良いんじゃないかと
個人的には思います。

まあいきなり日常でポルトガル語とか
喋れないとは思うので、翻訳サイトでも
使ってポジティブなアファメーションだけでも
異国語にしてみると良いと思います。

以前の記事にも似たような事を書いたんですが、
自分が喋ってる言語って常に聞いてるわけで
思っている以上に人格(自我)形成に影響があります。

私が外人の友達とつるんでた時期は、
どいつもこいつも早口でブロークン英語も
混じってたので、私も気が付いたら昔の
エディ・マーフィーみたいな喋りになってました

そうなると何となく性格や仕草も
ビバリーヒルズコップみたいになるもんです。

というわけで異国語アファメーションは
良いと思います、皆さんも辛気臭い日本人の
魂を売り渡しましょう。
「去年辺りから株式投資を始めたとありましたが
その後どうなりましたか?」
とメールを頂きました、ありがとうございます。

まあ米中の貿易戦争がガチンコっぽくなって
きたので、配当利回りがそこそこ良い銘柄以外は
殆ど売っぱらってしまったのですが、
最近は将来的に伸びそうな面白いサービス、
商売をやろうとしている企業に投資しています。

前の記事でも書きましたが、モノとサービスが
溢れまくってる現代において、起業だ上場だと
いっても、やはり同じようなサービスを
提供している競合他社との競争があるわけで、
企業としてもかなり独自色を出せるか、
あるいは参入障壁が高く競合が少ない
業界で無いと、なかなか成長するのは
厳しいと思います。

あとこれは前からですが、いわゆる損切りを
殆ど考慮していないです。

MMTの話ではありませんが、貨幣とは
借金という概念から生まれる実体の無いもの
ですから、実体の無いものはあまり大事に
してもしょうがないです。

強引に話をスピリチュアルに持っていくと、
夢の中で何かしら大切な物を持ってたとしても、
夢だと気付いた以上は、あっても無くても
どうでも良い
ものになるので、その時点で
執着から解放されるわけであります。

更に貨幣が借金という負荷(?)から
生じるのと同じように、自己という概念も
例えば寝ている時の目覚まし時計の音とかの
負荷によって生じるものであります。

つまりこれはゲーム機に負荷をかけて
コンテンツが生まれるのと何ら変わりなく、
あらゆるものは全てコンテンツに過ぎません。

この前東京ゲームショーでFF7のリメイク版とか
が公開されて、個人的には うおーすげー
なりましたが、すげーコンテンツもゲーム機が
無ければ出てこれないので、コンテンツ自体に
力を持たせる必要はありません。
あるコンテンツに力を注ぎ始めると、
どんどん肥大していってしまいます。

はっきり言ってかなり色々やらかしている
安倍政権もアベ政治を許さない皆さんのおかげで
長期コンテンツと化しているのと
同じようなもんです。

なので矛盾しているように思えますが、
コンテンツ自体に特に無関心であれば
何となく上手く流れていくものであります。
何故なら全てのコンテンツはゲーム機本体である
意識の支配下にあるからです。

特定のコンテンツに力を注ぐとゲーム自体が
おかしくなってしまいます。
ファミコンのスーパーマリオでキノコだけが
やたらとリアルになったりしていたら、
何かおかしいとなるのと同じです。
結構前の記事ですが、これについて「私は
色々あって生活保護受給者ですが、
今までその事で引け目のようなものを
感じていたがそれが無くなった、やったぜ。」

というメールを頂きました、ありがとう
ございます。

私は生活保護を貰っている方はその事に
何の引け目も感じる事は無いと思いますし、
批判覚悟で言えば不正受給している人に対しても
特に何とも思わないです。

そもそもこれだけモノとサービスが
溢れ返っている世の中において、
それでも個人が労働して生産しろという
圧力というかクソ真面目さが今の日本の
閉塞感の一つでもあるのでは?と感じて
いますし、これからはロボットやAIの発達により
人間の生産性なんてたかが知れているものに
なるのは間違いないので、例えばベーシック
インカム等も真面目に検討されるように
なると思います。

スピリチュアル的に言えば「生産しなくては
ならない」
という枠組みにとらわれすぎて
頑張って頑張って生産しまくってたら、
度を越したレベルで生産してしまい、
それでも「生産しなくてはならない」
国全体がとらわれてしまっているのかなと
思います。

というわけでせめて個人レベルでは
もう少し楽というか手抜きで生きるべきで
あります。頑張るっつーのは何か一つしか
見えていない・知覚していない状態です。

これでは他の様々な可能性、潜在意識が
発動してくれません。
以前も書きましたが潜在意識というのは
未知の状況にぶち込まれると嫌でも発動するので
良い意味で拘りを捨て去る事が肝要です。

それには自分の中でタブーとして見ていると
いうか、やってはならないと思っている、
全くもって未知なる事を敢えて研究したり
やってみる事です。

未知のものに触れれば潜在意識が勝手に
発動してそこから様々な可能性が生まれます。
結果として別に不正な事をしなくても、
それなりの成果を得る事は出来ます。

なので何となく嫌だとか、気に入らないと
感じるものがあるなら、それは顕在意識の
判断であって、潜在意識的には逆に
発動のチャンスであると言えます。
「潜在意識とは文字通り潜在であって、
顕在意識で意識出来たらおかしいと思います。
潜在意識の活用という事自体が違うのでは
なかろうか」
というメールを頂きました、
ありがとうございます。

これは鋭い指摘であります、そして同時に
潜在意識の活用について大きなヒントを
示しているものであります。

潜在意識というのは確かに顕在意識でどうこう
出来るものでは無いと思います。
ではどうすれば潜在意識が発動してくれるのか?

それは顕在意識を使わない事であります。

何言ってんだオメー、当たり前やんけ!と
キレる前にもう少し話を聞いてください。

顕在意識とは早い話が既知の事柄に対して
常に働いている
ものです。
例えばこれから100メートル走やるぞと
なったら既知の事柄を集めてとりあえず
走り出すと思います。

しかしこれが真っ暗闇の中でとにかく走れやと
言われたら、既知の100メートル走の知識は
使えなくなるので、とにかくフォームだの
視線の位置だの考えずに闇雲に走るしか
ありません。

このよくわからないけど走っている状態が、
顕在意識を使えないので潜在意識が発動せざるを
得ない
状況になります。

つまり未知のものにとにかく挑戦してみれば
嫌でも潜在意識って発動するんですよ。

じゃあ競馬知らないけどこれから
全財産ブチ込みます!
とかじゃなくて、
最低限のリスク管理をしたうえでとにかく
やってみる事が、潜在意識を使うにおいて
必要であります。

よく「成功したのは運が良かっただけだ!」
と言う人も居ますが、そもそも既知の領域に
対してイレギュラーな事が起きたら
それをラッキーだと呼んでいるだけ
で、
最初から未知の領域だったらそこには
運だけ、つまり潜在意識が嫌でも発動
せざるを得ない世界しか無いのです。

なので潜在意識を発動するには、とりあえず
やってみる、わからない事に近づいてみる、
というある意味フリーダムな姿勢が
一番良いのであります。

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 10 11 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]