忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
「お金の心配が消えない、なるべく心を今に集中しようとしているけど、
やっぱり心配なんだけど」
というメールを頂きました、ありがとうございます。

まあ生活するだけなら大してお金って必要無いんですよね。
必要無いと言うと語弊がありますが、別に一ヶ月に10億も20億も必要というわけでは
ありません。

しかしながら何故心配が付きまとうのか、どうもこのメールを送って頂いた方は
彼女との結婚資金を心配しているようであります。

という事は何をやっても結婚資金について思いを巡らせてしまうわけで、
この状態では祈ろうが何をしようが逆効果でしょう。

なんでかっつーと、祈るだの今に在るだのヘチマだのを”行えば”カネの心配が消える、と
なってしまうからですね。
でもこれは今に在ってないのですよ、何故なら”今に在ればカネの心配が消える”という
未来を見据えてしまっている
からです。

なので「何かを行えば何かが達成できる」という考えは捨てましょう。
何かしようとすれば心配は余計に増大します、という事は逆説的に見れば
何かをしようという思考によって心配を支えているのであります。

「じゃあ結婚資金貯める為にやってた仕事辞めます」とかではなく、
「結婚資金をどうにかしなきゃ」という思考というか想いを捨ててしまうのであります。

多分、お金がどうこうってのはお金そのものじゃなくて、お金が無いと
どうにかなってしまうという思考が支えになっているのが殆どなんですよ。
それが結婚資金なのか、日常生活なのか、はたまた趣味なのかは人それぞれですが、
お金が無いとそれを失ってしまう、という思考が心配事の根幹になっているケースが
多いと思われます。

ですからその根幹を捨てないと、何をやっても今に在るどころか、
常に未来に生き続ける未来人
になってしまいます。

前も書きましたが「悪魔に魂を売れば何でも叶う」みたいな昔話がありますけど、
魂を売った人間が「魂を売れば何かを得られるんだな」とかは思わないでしょう、
魂が無いんだから。大切にしているものを捨てる事で、逆に上手く行ってしまうという、
何とも面白いパラドックスです。

お金が無いとどうのこうの、という段階を過ぎたら今度は「生きていないと
楽しい事が出来ないから、死にたくない」
という死の心配も消えていきます。
死という概念が在るかのように支えていたのも、やはり何かをしようとする私だったので
あります。
PR
「引きこもりの弟をどうにかしたい」というメールを頂きました、ありがとうございます。

まず弟さんの状況は別に「悪いもの」では無いのであります、
かと言って「良い」わけでもありません。

しかしながら、「弟は悪い状況である」として、そこから逃げる、または戦おうと
してしまっているのが問題であります。

逃げ出せば犬でも追いかけて来て、戦おうとすれば喧嘩になるのは世の常であって、
ここは逃げずに「さらに引きこもる事」を受け入れられるかどうかです。

これは、雨が降っている状態でさらに大雨になるのを受け入れられるか、という
話です。雨を受け入れられれば、それと対になっている晴天も受け入れる事になります。
雨が大雨になるのは別に悪い事では無いし、晴天が猛暑になるのも悪い事ではありません。

肝心なのは運ばれてくるものを受け入れられるかどうか、であります。
土砂降りがあるから晴れの日もあるわけで、晴れしか認めない、というのは
晴れを成立させる要素が無くなってしまうので、結局晴れの日も失ってしまいます。

前回も書きましたが、上手く行って「俺の実力や!」「俺は天才や!」
言えるのは、”下手こいた”があるからであって、つまり「俺の実力」は
「俺はダメダメ」とセット
になっているはずなんですよ。

ですから「俺はダメダメ」を否定するのは「俺の実力」を放棄するのと同じなんですね。
「俺の実力」を確固たるものにしたいならば、「俺はダメダメ」も確固たるものに
しなければならないのであります。
昨日、任天堂の新ゲーム機「Nintendo Switch」が発表されましたね。
ファミコン直撃世代のオッサンゲーマーとしては、今回の発表は当然見逃せません。

お値段が29980円と、結構強気な価格で来ましたね、
これはPS4の500GBモデルと同じ値段です。
個人的にはPS4より下げてくると予想していましたが、
まさか同じ価格で来るとは思いませんでした。

これ、コントローラーにギミックもあるらしくて
「1・2Switch」なるタイトルも発売日に出るみたいです。

https://www.youtube.com/watch?v=bnuAKZXo1s4
https://www.youtube.com/watch?v=EVL4sKIyZjc

これって要は「持ち運べるwii」を目指したのかなと感じました。
大コケしたwiiUの売りだった2画面をバッサリ切って
wiiの成功よもう一度、って所でしょうか。

でもこういうギミック系をアピるソフトは本体内蔵にしておくべきでしょう、
正直言って任天堂はwiiの成功体験に縛られ過ぎだと思います。

強引にスピ系の話にスイッチしますと、多くの人は成功体験は自分の物で
失敗体験はホイホイ忘れるのが殆どですよね。
それは別に悪い事ではないのですが、その成功は誰からもたらされた物なのか
いうことです。

成功も失敗も様々な要因が絡み合ったうえでの単なる結果なのですから、
成功は俺の実力で失敗は運が無かった、というのはおかしな話です。

運とは文字通り運ばれるものなのですから、都合の良いものだけが俺の実力で
都合悪いのは俺は悪くない、では運が停滞してしまいます。
これは滝の流れを無理矢理押さえ込もうとしているようなものです。

何でもウェルカムで運が運ばれるのを阻害しない事が、結局はスムーズに
運ばれることに繋がります。「あの時あれは成功したのに」に拘りたくなるのも
わかりますが、それは本当に「あの時」だけで、別に実力でも
才能でもありません。逆に「あの時は偶然」と確信を持てるのが、
才能と言えるかもしれません。







余談ですが、偶然に結婚した嫁さんが上記の動画を何となく観て
「私はゲーム興味無いけど、これはVRに対抗しているつもりなのかもしれない」
という意味不明な意見を言い出しました。

「VRは主に視覚からゲーム体験を広げるものだけど、
これは視覚をあえて切り捨てて、触覚とゲームやってる人の脳内イメージだけで
ゲーム体験を広げようというものなのかもしれない」
とか言ってましたが、
そう言われると確かにミルク絞る奴はエロ妄想に使えそうな気がしないでもない。
これはもしかしたら無限の可能性が・・・とか思いましたが、
ピンポンの方は腰を痛めそうなのでオッサンには無理です。
少し遅れましたが明けましておめでとうございます、
本年もよろしくお願い致します。

私は新年早々、元旦に観てたニューイヤー駅伝にインスパイアされて
近所の土手を走っていたら、足がつって家で悶絶していました。
嫁さんからは「おまえのようなアホは知らん」と愛想を尽かされるし、
これは正月から夫婦の危機ですよ。

まあそんな事はどうでも良いのですが、新年一発目に「自由意志が無いのにどうすれば
望む事が起こせるのですか?」
的なメールを頂きました。

これは自分のキャラ設定的なものから一番しっくり来る行動を行う方法と、
以前も書いたと思いますが、自己のモノサシを吹っ飛ばすほどの
超強欲な望みを持つやり方があります。

例えば私の10年来の知り合いで、名も無き麻雀キチガイが居るのですが、
彼は「麻雀で億単位のお金を稼ぎたい」という、どう考えてもアホとしか思えない
望みを持って、違法な高レート麻雀で凌いでいるらしいのですよ。

一度だけ彼の預金通帳を見せてもらいましたが、一千万近く入っていたので、
道のりは遠いもののどうも目指せ1億円はマジらしい。
しかも税金までちゃんと払っているというバクチ打ちの鑑のような男であります。

何を言いたいかと言うと、自己の範囲内で想定出来る望みって何だかんだで
葛藤しやすいんですよ。
こうでもないああでもない、こうなったら良いなとか、きりがありません。

それに対して、ブッ飛んだ望みは文字通り自己が吹き飛ぶので、
ある種の統一された状態というか、自己だの意志だのもどっか飛んでいってしまって
気が付くと上手く行っている事が多いのであります。

なのでバクチで勝ちたい方は「バクチで兆単位のお金を稼ぐ」とか「バクチで都内の
高層ビルを全部買い占める」とかが良いんじゃないでしょうか。
願望がブッ飛んでいくと矮小な自己は縮んでいくのが面白い所ですね。





私も以前、彼に「俺も麻雀勝ちたいから教えて」と頼んで彼の麻雀理論を
教えてもらったことがあるのですが、正直何を言っているのかサッパリわからない、
スピリチュアルブログとかの方がまだ理解できる内容でした。

やはり天才とキチガイは紙一重なのか、と彼を見てつくづく思います。
「自由意志が無い」という話をすると「それは非常に不安になる」という方が
多いのですが、そういった方は何かに全てを委ねてしまうのが良いかもしれません。

私の知人で某新興宗教の熱心な信者が居るのですが、そいつは見事なまでに
自らの信じる神に全てを委ねてしまっています。

以前、彼が原因不明の高熱でぶっ倒れたんですが、快復してから言ってたのが
「神様が休みを与えるべきだと判断なさったんだと思う。だから俺は感謝しながら
ずっと寝てたんだ」
と真面目な顔で言っててこいつヤベえと思ったこれはまさに自由意志の
放棄に成功している、と思ったものです。

委ねる対象は、潜在意識でも神でもすき家でもどうでも良いのですよ。
ただそれらを自分の意志で何とかするのだ、と思うと
彼のように病気でぶっ倒れた時に「何故、神は俺を救ってくれなかったのだ」とか
「潜在意識の扱いに失敗した」とか思いがちですから、そうではなくて
「これは神様が最善の選択をしてくださった」とか「潜在意識が最善を起こしてくれた」とか
思っていれば良いのであります。

そのうち、”それらに委ねていたつもりだった自分”も消えて無くなります。
そうするともう、何が最善だの何だのという判断も無くなります。
全ては最初から静かな水面と、それに映る夜空の月の如く、一体となっていたのであります。










まあ私としては顔も性格も悪い女性と一緒になったのは神様でもミスするんだなあ、
思いたいです。

カレンダー

01 2017/02 03
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 10 11
12 13 14 15 16 18
19 22 23 24 25
26 27 28

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]