忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
「身内が宗教にハマって困る」というメールを
頂きました、ありがとうございます。

一度返信したんですけど何故かエラーが
出たのでブログの方に書きますが、
基本的に宗教とかスピリチュアルとか
信仰している人を真正面から改心(?)
させるのって殆ど不可能です。

何でかっつーと人間の行動って良かれと思って
やっているのが殆どです。事故ると思って
ドライブ行く人は居ませんし、
落ちると思って受験勉強する学生も居ません。

ですからまずは相手と利害の一致を見る
ポイントを見つけて、そこから現在信仰している
宗教なり何なりに依存しても大してメリット
無いやんけ、と思わせるようにもっていくのが
良いと思います。これが「妙ちくりんな
宗教にハマりやがって、ええ加減にせえボケー」

みたいに突撃すると必ず泥沼化します。






ここまで読んで「あれ?じゃあこのブログ読んでも
意味無くね?」
とか気付いてしまったあなたは
正しいです。
人間の苦しみみたいなのは、期待して行動して
裏切られての繰り返しから生じるからです。

ですから行動自体に期待という余計なものを
付けなければ良いのであります。
そうすれば余計な期待や後悔に邪魔されること無く
行動だけが行われ、結果として質の高い
行動となるのであります。
PR
「新しい事を始めようとしても何だかんだ
怖気づいて始められない」
というメールを
頂きました、ありがとうございます。

これはスピリチュアルどうこうより自己啓発的な
テクニックになっちゃいますが、
世の中をあんまり深刻に捉えずに全部ゲームだと
思ってやれば良い
んじゃないでしょうか。

まあ実際ゲームみたいなもんなんで、
楽しんだもん勝ちですよ。
ゲーム感覚で見れば世の中に重要な事とか
何一つ無い
です、ガチャでも回す気分で
過ごせば良いんじゃないでしょうか。






スピリチュアル的な観点からも、
やはりこの世界みたいなのはいわゆる意識、
宗教的に言うと神様の自作自演ゲームだと
思います。

制限が無いとゲームにならないので、様々な
制限を課して楽しんでるというか、
MMOでいうゲームマスターとプレイヤーを
同時にやってるっつーか。

で、ゲームの制限を全て取っ払うチート技が
いわゆる無償の愛とか言われてるものだと
思うんですね。

宗教家とかに愛を説く人は多いですが、
確かに全人類が周りの人々に無償の愛で
接したら確実に世の中から争いは無くなります。

でもそれは同時にゲームが成り立たなく
なってしまうのも事実であります、
ドラクエで魔王と和解してもしょうがないのと
同じです。

だから本当に全人類が無償の愛に目覚めた時って
意識がゲームに飽きた時、ある意味世界の
終わりの時だと思います。

私もすっかり親バカになり、今では娘に
無償の愛を注ぎまくる娘大好きパパに
なりましたが、これと同レベルの無償の
愛を近所のオッサンに注ぐのは
ちょっとキッツいものがあります。

というわけでまだまだ"意識"はゲームを
やめるつもりは無いようであります。
久々に某MMOに復帰してるんですけど、
ゲームのキャラって立ち止まってるキャラでも
実際はデータの処理が常に行われてるわけで、
これは我々の状態に似ています。

あるキャラが瞑想してても、それは
"瞑想している状態"のデータ処理が成されている
だけ
で、それで何かが落ち着いたりとかは
ありません。
"落ち着いたように感じる"処理が成される事は
あるかもしれないですが。

要は我々は単なるデータであって、データで
ある以上は"常に動いている"のがデフォルトな
わけであります。

しかし常に動くという事は、その背景が静止して
いるから動いているという事を認識出来るわけで
早い話が動いているものを認識しているか
静止しているものを認識しているかの違いです。

なので思考が止まらないとか止めようとか
明鏡止水になろうとか思わないで、
実は最初から静止しているのであります。

ですから何かからまた別の何かになる、
というのはそういったイベント処理が
成されただけで本質的には特に変わっていません。
ドラクエやっててレベルが上がった!的な
処理に近いです。

なので神秘体験的なものはあまり追わない方が
良いんじゃないかと思いますし、
そういったものを放棄すると「何々を
やったからこうなる」
みたいなものも
実は殆ど関係無いのがわかります。

関係無いのがわかると、特に希望も絶望も
無くなるので、大半の問題はそのまま
消滅します。こうしてただ単に処理を繰り返す
データとしての存在から脱却するのであります。
「エゴと、それを見ている自分と、願い的な物や
色んな事の関係性が突然ブツッと切れた
みたいになってエゴがあたふたしている」


というメールを頂きました、
ありがとうございます。

基本的に関係性って無いと言って差し支えないと
思います。例えば自分の子供と遊んでる時に
楽しいなあとか可愛いなあとか幸せだなあとか
色々思考が出てくると思いますが、
結局これってその時に最適と思われる思考を
採用してるだけなんですよね。
そして採用した思考に伴ってストーリーを
見ているわけで、それを多くの人は人生と
呼んでいます。

「では何でも肯定的にプラスな思考を採用しろと
いう事か?」
と思うかもしれませんが、
それもどうでも良い事です。

何故ならそういったプラスに云々というのも、
この文章を読んだ後に最適と思われる思考を
選択しているからです。
つまり自由意志は存在せず、自由意志によって
何かしているというのは全て錯覚であります。

ですから私という感覚も、その辺の電柱より
肉体と思っている感覚を私であると採用した方が
最適であると勝手に判断したので、
そうなっているだけであります。

つまり最初から私というものはいないし、
関係性がブツ切りになるように感じると 
いうのは、完全な解放に近いという事です。

夢を見ている時にその夢の世界を見ている私、
という感覚はあると思うんですよ。
しかしその感覚も夢から醒めれば消滅します。

夢から醒めるとは、つまり夢の世界からの
解放、宗教ぽく言えば輪廻転生からの
解脱であります。
「地震とかを予感出来る勘を養うには
どうすれば良いのか」
というメールを
頂きました、ありがとうございます。

そもそも勘とは何かっつーと、未来をある程度
予測するというか、何となく雨が降りそうとか
今日はずっと晴れてそうとかも、的中すれば
勘が良いとか冴えてるとかになりますよね。

という事は過去の天気図とか集めてデータ予測を
やれば良いのか?と思うかもしれませんが
これは過去と未来が存在するという前提で
成り立つものであります。

そうでは無くて、過去も未来も存在しないという
前提に立たねばなりません。従って勘を養うと
いう言い方は少し違います。

少し話が飛びますが、例えばある映画で 
登場人物が十分後に撃ち殺されるとしましょう。
これを最初から分単位で見れば確かに十分前には
その人物は生きているように見えます。

しかしフィルムを十分間ひとまとめにして見ると
生きている状態と撃ち殺されてる状態が
同時に在るように見えます。
そうなるとこの人物は生きているわけでも
死んでいるわけでも無い状態になるとも
言えます。

これは人間の一生も同じで、生まれた瞬間から
死ぬのはわかっているわけですから
それを映画のように分単位で眺めていれば
一つの物語に見えます、しかし一生分
引き伸ばして見れば、生と死が同時に存在する
状態となります。

こうなると産まれたばかりの私と、
晩年の私、という区別も無くなります。
生と死、若い頃と晩年が同時に存在するからです。つまり私個人、という認識は
幻想であるという事であります。

個人という幻想の中にいると、例えば

2001年 ☓☓が起きる

2002年 〇〇が起きる

2003年 △△が現れる

という様に事柄を一つ一つしか認識出来ませんが
前述のように"同時に存在する"認識になれば
(☓☓〇〇△△)というように、ひとまとめに
なりますから2001年の時点で△△が
何となく観える、という感じになります。
ですから話を戻すと勘を養うとか予測を
立てるとは少し違います。

なのである程度決まっているものを感じると
いうのが近いかもしれません。









と、ここまで偉そうに述べてきましたが、
私もまさか娘にメロメロの溺愛パパに
なるとは全く思いませんでした。
なのであまりアテにしないでください。

カレンダー

03 2019/04 05
S M T W T F S
2 3 4 5 6
7 9 10 12 13
14 17 18 19
21 23 24 25 26 27
28 29 30

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]