忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
「罵声を浴びせ続けた植物と褒めた植物では
褒めた植物の方がよく育つ」
みたいな記事を
ネットで見たんですけど、これって
本当なんでしょうか。

人間でも罵声を浴びせられると喜ぶ人も居るので
植物でもそういった性癖のある植物が
いるかどうかまで調べてほしい所であります。

個人的にはこういうのって結局、
褒めるなり貶すなりしている側
左右されるんじゃないかと思うんですよね。

ネガティブな気持ちだと何やっても
上手く行かないように感じるとかと
同じだと思います。
なので常にポジティブ・・・だと疲れるので、
一番簡単なのは普通にご飯食べれるとか
息が出来るとか、超当たり前に感じてる事に
感謝する事です。

感謝するっていうのは要は起こる事全てを
受け入れるのと同じ
ですから、善悪を裁く
自我が消えていくのであります。

更に言えば"起こる事"は全てそれに気付いて
いないと起こらない、つまり自己という気付きも
含めて全てが起こっているだけだったという、
ウンコの臭いが臭っているだけと思ってたら
自分がウンコだった
みたいな、180度の転換が
起こるのであります。

こうして幸せや不幸を超越したウンコに
なりました、おめでとうございます。
PR
「スピリチュアルでよく言われる在るとか
存在するというのがわからない」
という
メールを頂きました、ありがとうございます。

そもそも在るとはどのような状態なのか、
これは例えばスイカの皮があって実があって
種があって、そしてスイカの味がありますが、
スイカの味は目に見えないしこれが味ですと
示す事も難しいですよね。

しかしスイカの味は存在する、存在しないように
見えるけど存在する
という感じであります。

つまり世界とは誰かの口の中で、味とは
本来一つの感覚なのですが、口の中でこれは
スイカとかこれはリンゴとか判別している状態であります。

その中で最も強く感じる味を自己とみなしている
わけであります。種類の違うアメをいっぺんに
口に入れても甘い方に強く意識が行くのと
同じようなものです。

しかしまず意識が「ここは口の中である」
意識が意識しないと(?)スイカがどうのこうの
という概念も出て来ません。

つまり意識以前に口の中は最初からあるので
あります。
ですから「在る」という感覚すらも口の中に
依存している感覚です。


なので全ては後付けで生まれているものに
過ぎないと、知っている知識すら一つずつ
否定していくべきであります。

そして最後に描写も説明も出来ない物が
残ります。
前回の記事で「○○政治を許さない!」とか
書いてたら、引き寄せの法則が発動したのか
近所の共産党大好きのジイ様から
自民党への抗議デモに参加した話を延々と
聞かされる羽目になってしまいました、
何ということでしょう。

ジイ様の話を聞いて思ったのは、野党が本気で
自民党を倒して政権交代を狙うなら、いっその事
憲法九条だけでも改正させてしまえば
良い
のではと思った次第です。

前も書いたと思いますが自民党はキン肉マン
例えれば、正義超人・悪魔超人・残虐超人・
完璧超人といった主義思想がまるで違う超人達が
友情パワーならぬ利権パワーで結び付いている
日本で最もイデオロギーから遠い政党であり、
時と場合に応じて様々な顔が出せる事が
自民党を日本最強の政党にしています。

これに対して野党は自民党への対立軸が
護憲しか無い状態になってしまっています。
たまに経済政策を言っても、気がつくと九条ガー
軍靴の音ガー
で、終わってみれば護憲だけ
というのがお決まりになっています。

しかし私のような一般ピーポーは憲法より
経済政策をどうにかしてほしいので、
結局穴だらけの経済政策でもとりあえず
自民党しか入れる所が無いやんけという事になり、それが安倍政権になってから
衆参合わせて五回全てダブルスコアで
圧勝という結果になっていると感じます。

であるならば、さっさと憲法改正して
対立軸から護憲を消し、
経済政策だけで勝負する野党の登場を期待し、
さらに真の二大政党制までを目指す事も
出来るのではと思います。

国民からすれば経済政策だけをシビアに
判定すれば良いので、これだけで
自民党の存在意義自体がかなり後退します。

というわけで日本の政治が新たなステージに
向かえるかもしれないという期待を込め、
私は改憲派です。
「"○○政治を許す"という記事がありましたが、
私はどうしても○○政治を許すことは出来ません
どうすれば良いでしょうか」
というメールを
頂きました、ありがとうございます。

簡単に言うと関心を持たない事ですね、 
好きと嫌いは表裏一体ですから
どちらも「あの人が忘れられない」
言っているのと同じです。

好きも嫌いも早かれ遅かれ執着へと変わりますし
執着すると今度はそれ中心で物事を
考えるようになります。
そうすると、どんどん見えている世界が狭くなり、
様々なチャンスを逃してしまう場合もあると
思います。

例えば私も嫁さんと娘を放ったらかして
異国の地を放浪したら、もしかしたら
金鉱とか掘り当てて大富豪になれるかも
しれません。

しかしながら娘はチョーかわいいので、
娘を放ったらかすなんて有り得ませんが、
同時に放ったらかす可能性もあると受け入れて
しまえば良いのであります。
ちなみに嫁さんはいつでも放ったらかします。
というか私がいつ捨てられるかわかりません。

つまりどんなに大事に感じているものでも
それを手放す事も認めれば、思いもつかない形で
様々な可能性が開けてくるのであります。

それと同じで嫌いな物に対しても、
それが増大していく事を抵抗せず受け入れる、
つまり無関心を貫く事でまた違う世界が
見えると思います。

何れにせよ、世界を好き嫌いや善悪で狭くし、
縛っているのは己自身であります。
縛りを解いてあげればいくらでも
広がる
のであります。

スピリチュアルは無限と知りました!とか
言っといて結局小さな自我の好き嫌いの
範囲に押し込むのは矛盾しています。
無限は無限らしく容量を決めない方が
良いのであります。
皆様、連休は如何お過ごしでしょうか。

私はと言いますと、カネとヒマを持て余した
老害のオヤジが孫の顔が見たい見たいと
うるせーので実家に帰省しております。

アカギに出てくる鷲巣のようなキャラの
オヤジも孫娘を見るとキャラが変貌し
好々爺になってしまいます、
孫パワー恐るべしですね。

しかも「おまえはミサイルで吹っ飛んでも
全然構わないが孫は困るのでやっぱシェルター
作るわ、地震や津波が来ても安心や」
とか
前々から騒いでいた庭にシェルターを作る事を
とうとう決意してしまいました。

ていうかおまえは吹っ飛んでも構わないって
そりゃ無いぜ父ちゃん。

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 5
6 7 8 9 10 11
14 15 16 17 18 19
20 21 23 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]