忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
昨日、参議院選挙が行われました。
選挙好きを公言する私としては、
今回の参議院選挙は当然見逃せません。

私は国政選挙に関しては政権運営能力を
有する政党が自民党しか無いので
自民党以外には入れないんですが、
今回は自民党がかなり議席を減らすんじゃ
ないかと思ってたんですよ。

何たって消費税の増税が確定している状況での
選挙戦ですから、与党大苦戦やろと思ってたら
結果は与党盤石だったじゃありませんか。
こんなにすんなりと増税が受け入れられるとは
思わなかったであります。
結果として私も増税の片棒を担いで
しまいました(爆)

どう考えても今の状況での増税は日本経済にとって致命傷になると思いますが、
まあ選挙でこれだけ勝ってんだから
しょうがないですね、日本オワタ。

消費税に関しては以前の記事にも書きましたが、
大幅に上げる代わりに何かしら税金を
払う事によるメリットを示さなければ
ならないでしょう。

年間100万以上消費税払った高齢者には
墓が無料・今すぐ死ねキャンペーンとか
年間100億払ったら無条件で国民栄誉賞授与とか
やらないと、どんどん財布の紐が固くなる
だけだと思いますね。

少なくともオリンピック終了後の2020年秋か
もしくは2021年初頭まで増税延期すべき
だったでしょう。

まあ自民党に入れたおまえが何言ってんだ
って話ですが。
PR
「世界との一体感を感じました。
確かにあまり色々な事に気を煩わせる事が
無くなったが、何かロボットやAIのように
感情が欠落した感じになってしまいました。
どないしてくれるねん」
という
メールを頂きました、ありがとうございます。

ロボットやAIに感情があるとこれは厄介ですが、
一応人間なので感情が欠落したりはしません。

そもそも感情は自己を支えとして初めて
確固たるものとして成立します。

要は起きている出来事と、その時の感情が
分かれている
というのが近いです。

例えば麻雀のルールを知らないで漠然と
牌を切ったりしてても何が何だか
わかりません。

しかしルールを知るとそこに感情が入り込みます
やっている事は牌を切っているという
同じ事なのに、ああでもないこうでもないと
思うようになり、その思いと自己を同一化
する事で更に「これは問題だ」という感情が
芽生えて話をややこしくしていきます。

つまり実際に起きている事と思っている事は
違うのですが、思っている事を事実として
認識してしまう
という事ですね。

なので世界との一体感云々というのも
"そう思っている"或いは"そう感じた"事なので、
微妙に違うのですね。

"感じた""思う"ものではありません。
言葉では説明できない、それそのものだけが
"在る"のであります。
幼児は大人には見えない何かが見える
いう話はよく聞きますが、そんな事あるわけ
無いじゃんと思ってたら、どうも娘ちゃんも
"見える"ようなのであります。

最初の目撃者は嫁さんで、オモチャで遊んでた
娘がふと部屋の隅っこをジッと見つめ始め、
しばらく見ていたと思ったら何も無いはずの
部屋の隅に向かって手を振ってたそうです。

えー、そんなわけ無いじゃんと思ってたら
とうとう私も最近娘が部屋の隅っこをジッと
見つめる現場に遭遇してしまいました。

その時の娘の眼の動きに注目してましたが、
明らかに何か動くものを眼で追ってる動き
なんですよ。でも娘の視線の先には何も
無いんですね。

その後は特に手を振ったりもせずに
何事も無かったかのように積み木遊びに
戻っていましたが、果たして娘には何が
見えていたのでしょうか。

「誰かいたの?」と聞いても「パパの」
謎の答えが返ってくるし、いやパパはここに
居るんですけど。
それともパパ野さんという方といつの間にか
同居してたんでしょうか。

我が家では現在謎の解明に向け、
鋭意捜査中であります。
「潜在意識とは文字通り潜在であって、
顕在意識で意識出来たらおかしいと思います。
潜在意識の活用という事自体が違うのでは
なかろうか」
というメールを頂きました、
ありがとうございます。

これは鋭い指摘であります、そして同時に
潜在意識の活用について大きなヒントを
示しているものであります。

潜在意識というのは確かに顕在意識でどうこう
出来るものでは無いと思います。
ではどうすれば潜在意識が発動してくれるのか?

それは顕在意識を使わない事であります。

何言ってんだオメー、当たり前やんけ!と
キレる前にもう少し話を聞いてください。

顕在意識とは早い話が既知の事柄に対して
常に働いている
ものです。
例えばこれから100メートル走やるぞと
なったら既知の事柄を集めてとりあえず
走り出すと思います。

しかしこれが真っ暗闇の中でとにかく走れやと
言われたら、既知の100メートル走の知識は
使えなくなるので、とにかくフォームだの
視線の位置だの考えずに闇雲に走るしか
ありません。

このよくわからないけど走っている状態が、
顕在意識を使えないので潜在意識が発動せざるを
得ない
状況になります。

つまり未知のものにとにかく挑戦してみれば
嫌でも潜在意識って発動するんですよ。

じゃあ競馬知らないけどこれから
全財産ブチ込みます!
とかじゃなくて、
最低限のリスク管理をしたうえでとにかく
やってみる事が、潜在意識を使うにおいて
必要であります。

よく「成功したのは運が良かっただけだ!」
と言う人も居ますが、そもそも既知の領域に
対してイレギュラーな事が起きたら
それをラッキーだと呼んでいるだけ
で、
最初から未知の領域だったらそこには
運だけ、つまり潜在意識が嫌でも発動
せざるを得ない世界しか無いのです。

なので潜在意識を発動するには、とりあえず
やってみる、わからない事に近づいてみる、
というある意味フリーダムな姿勢が
一番良いのであります。
だいぶ前にネタにさせて頂いた○福の○学で
有名なO川隆4先生の息子さんが、何と
名誉毀損でO川先生から訴えられたと
Youtubeに動画を投稿しているじゃありませんか

神から訴えられた人間て、多分人類初の快挙だと
思うんですが、O川先生も神様なのに
こういう時は神の力を使わずに人間界の
しきたりに従って裁判制度を利用されるのですね

これと似た感じ(?)で、たまにメールでも
病気に関してスピリチュアルの力で
どうこうとかの相談を頂く時がありますが、
そういう場合、私はスピリチュアル云々は
置いといてまず病院へ行く事をお勧めしています

病気だと何だか深刻な気になってしまうかも
しれませんが、これが例えば電車で東京方面に
行くつもりが間違って田舎方面に乗って
しまった場合、スピリチュアルガーとか言ってないで次の駅で降りて反対のホームから
乗れば良いだけの話で、恐らく99%の人が
そうすると思います。

病院へ行くのも、ホームを乗り間違えたから
次の駅で降りるのも同じです。

深刻度(?)を増しているのは病院へ行った後、
治療を初めた後、を勝手に想像しているからで、
それが無ければ何の問題もありません。

これは株式投資とかでもそうで、
例えば損を出して損切りが出来ないのは
損切りした後、を勝手にああだこうだ
想像するからであって、損切り自体は何一つ
良い事でも悪い事でもありません。

何を深刻に捉えて何を気にしないかは
人それぞれ今までの経験や知識で違いますので、
要はそういった積み重なったものに
反応させられているだけ
である、
という事を知りましょうという話でした。








余談ですが私も高校ぐらいの時にオヤジと
喧嘩して派手にぶん殴られて「てめー、治療費を
請求すっぞ、裁判だオラ!」
とかイキったら
「何が裁判だ100年早いんじゃボケー!」
さらにボコられた経験がありますので、
O川先生の息子さんも親父さんと泥沼化
しない事を祈っています。

何しろ相手は神だしね。

カレンダー

06 2019/07 08
S M T W T F S
2 3 4 5 6
7 8 10 12 13
14 15 16 17 19 20
21 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]