忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
昨日、FF15を取り合えずエンディングまで進めたんですけど
これはとにかく話の先が見たいって感じでメインストーリーだけを追っていくタイプの人には
かなり不評なんじゃないでしょうか(多少ネタバレがあるので注意)

メインだけ追っていくとかなり話の展開が早いんですよ。
私もやりながら「リヴァイアサン倒したし、この辺で中盤かしら」とか思ってたら
あれよあれよと話が進んで、気が付いたら何故かバイオハザードみたいな雰囲気の
敵の要塞に突撃していて、そこを突破したらもう終盤もいいとこでした。

これはあくまでサブクエストを色々やる事が前提の作りになっていますね。
殆ど最後まで私のような(?)イケメン四人のパーティーで進んでいくわけですが、
野郎四人で色々旅をしていればいるほど、最終決戦からエンディングまでの流れは
結構感動します。

これがメインだけ追っかけてホイホイ進んでると、何の感慨も無く
相当にあっさり終わってしまいます。
恐らくこれ難易度下げてやったら20時間前後ぐらいで終わっちゃうんじゃ
ないでしょうか。これはクソ長いRPGが多い昨今としては、かなり短い部類に入ります。

サブクエストも面白くないのと面白いものの差が激しいですし、メインシナリオも
敵側の帝国軍に結構面白そうなキャラが居る割には、ワンカットだけ台詞喋って
それっきりとか、いつの間にか軍を退職してましたとか、いつの間にか死んでたとか、
何か仮面ライダーとかで敵組織に幹部怪人が5人ぐらい居るのに最終回近くで
アジトの爆発に巻き込まれて全員死亡、みたいな打ち切りくさい展開を感じます。

色々大人の事情はあったんでしょうが、全体的にもう2年ぐらい開発期間があれば
相当な完成度のゲームになったと思います。色んな意味であと一歩か二歩踏み込みが
足りなかった惜しい作品という印象ですね。
PR
基本的に、我々は起きている状態を基準にして色々ああだこうだ考えたりしていますが、
スピリチュアルで認識が変わりましただの何だというのは、簡単に言えば
これを引っくり返せば良いだけであります。

つまり起きている状態が通常で、寝ている時は休憩タイムではなく、
寝ている時が通常で、起きている時が休憩タイムというわけです。

よくわからねーよという人は、寝ている状態・熟睡している時を
思い出してみて下さい。
多分、思い出せないと思います。これは熟睡している状態は純粋な意識であるからです。
つまり一切の分離が無い状態ですね。

この状態で”観ている”夢が、通常我々が”起きている”と表現している状態です。
引っくり返すとはこういう事であります。

だから本来は分離など無い、のですよ。というか分離しようが無いのです。
あくまで分離していると感じている夢を見ているだけで、分離を統合したと
感じた所で、それもまた”そういう夢”を見ているだけなのです。

どんな素晴らしい気付きだの何だのを得たと感じた所で、全て夢の中の出来事です。
最初から究極の状態であるものが、気付くわけが無いんですよ。

少々ややこしい話になりましたが、要は起きている状態を寝ているとして、
寝ている状態を起きているということにしてみようぜ、という話でした。

だから何。と言われると何でも無いです、としか言えないんですけど。
ニュースサイトを色々見ていたら偶然目に付いたんですが、
http://news.livedoor.com/article/detail/12337891/ この記事にあるように、
「自分は本当は実力が無い」とか「運が良かっただけ」で悩んでいる人も居るんですね。

私のように運だけで人生渡って来たアホに言わせると、そもそも「実力」なるものが
存在すると思うのが問題ではないかと感じます。

例えば私は現在、オヤジが興した会社の取締役になっていますが、
これはただ単に身内だからってだけで、私自身には何の実力も能力もありません。

そんなアホを取締役にしているのはどうなのか、という尤もな御意見は置いといて、
世間一般の実力基準なら前回の記事にも登場した、
高卒で起業してそれなりにやっている私の悪友の仮面ライダーBLACKの方が
はるかに実力があります。

実力が上だの下だの、本当は運が良かっただけだの、そんなのは全て実力というものが
あるという仮定・枠組みの中での幻です。全ては「運ばれて」来たものなのですよ。

運とは、一般的に言われているようなツイてるツイてないというものではなく、
文字通り「運ぶ」もの
ですから、「運ばれる」ようにするのが肝心なのです。
そのためには「何かをしよう」つまり実力を発揮しようとしなくても良いのです。

発揮しようがしまいが実力自体が幻なら、しない方が楽です。

しかし多くの人は何かをしようとしてしまいます。
スピリチュアルならば思考を観よう、感情を感じよう、とかしますが
何かをしよう、とは必ず妨害が入ります。

何故なら妨害を乗り越えて行うのが「する」ことだからです。
何かをするとは、まだ成し遂げていない何か、とそれに向かう私、という分離の元で
成立するものであります。ですから必ず妨害は生じるのです。

であるならば、逆転の発想で何もしないのが良いのであります。
何もしなくても、目は何かを映すし、鼻や口は勝手に呼吸し、そして横になれば勝手に
身体は寝ます。

生きようとしなくても、勝手に生きてしまう。あえて「生きない」からこそ、
「生きる」
のです。つまり勝手に「運ばれる」それが「運」そのものの体現であります。










というわけで私も「家庭を顧みない」で昨日発売したファイナルファンタジーXV
延々とやっていたら嫁さんがブチキレて大変に怒られてしまいました、
どうすれば良いんでしょうか。
私の厨房の頃からの悪友で、現在ブラック企業の経営者が居る、と
何度か当ブログの中で奴を仮面ライダーBLACKと呼んで晒し者
していますが、この前も奴と飲んでて「いくら人を募集しても良い奴が来ない!何故だ!」
とか高卒の馬鹿経営者が喚いていたので、Fラン卒の高学歴様として諭してやりました。
というか以前も全く同じような事を言ってやった気がするのですが。

高卒馬鹿が言うには、人件費が高いだのヘチマだの「最近の奴はすぐに労基法が
どうのこうの言ってきやがる、ムカつくぜ!」
とか言ってましたが、
それって要は他人の労働力をぼったくろうとしているわけですよね。

「だってオメエ、おまえがその辺の飲み屋入って、そこがぼったくりバーだって
わかったら、おまえまともにカネ払うか?何とかして店を出し抜こうとするか、
少しでも安く済まそうとするだろ?働きに来る奴らだって同じだよ。
この会社は自分の労働力をぼったくろうとしているんだって感じれば、
とりあえずクビにならない範囲で手を抜くか、労基に駆け込んで会社を出し抜こうと
考えるのは同じだろ。まともに労働力を提供しようなんて思うかよ」

と言ってやっても、あの野郎全然理解しないでやんの。

経費がどうたらこうたら言うんですけど、「だったらおまえの所なんて殆ど零細に
毛が生えた程度なんだから、従業員に毎月安い焼肉でも奢って皆さん頑張ってくださいとか
嘘でも良いから言ってやれば良いじゃんかよ。ぼったくりバーでも綺麗なお姉ちゃんが
常に付いてくるんだったらカネも払う気になるだろ」と言ったら

そんなの勿体無いだの、実家が金持ちのおまえが奢れとか言い出したので結局、
焼肉も奢れねえのかこの貧乏人がとか、うるせえぞ脛かじりとか
いつのもパターンでいい年こいてギャーギャー喧嘩してしまいました。

よくつるんでた厨房から高校時代には私の方が喧嘩強かったんで、
喧嘩弱い奴に口答えされると何かムカつくんですよね。
私も修行が足りません。

しかしまあ、強引にスピリチュアルっぽく言うと
どんなものにも表と裏があるから事象として現れるわけで、
労働者は裏を返せば消費者ですよね。

ですから消費者の購買力、つまり給料を渋チンにして利益をあげようとする
やり方では、肝心の商品やサービスを購入する消費者の購買力自体が
下がった状態になってしまうのですから、長期的に見れば必ずジリ貧になると
思うのですが。

私は金儲け自体はとても良い事だと思いますが、どうもやり方が変な人が多いように
思います。別の友人の話ですけど、そいつはかなり法的にグレーな部分が多い商売を
始めて、「商売にリスクは付き物だから」とか言ってました。

確かにそれはそうなんですが、だったら法的にクリアな商売をすれば良いと思ったものです。

わざわざリスクを増大させてどうするんだって話ですよ。これってギャンブルするのに
サラ金からお金借りてやるようなもんですよ、勝てるわけないじゃないですか。
案の定、そいつはグレーな部分から商売が破綻して現在消息不明になってしまいました。

一攫千金を狙う人ほど何故か法的にグレーな部分に突っ込むんですよね。
それって極端に言えば国家を敵に回して商売するわけで、上手く行くわけ無いと思うんですが
何故か突撃して吹っ飛ぶ人が多い印象です。
前回の記事で「世界の波のようなものに乗ろうぜ!」的な事を書きましたが、
補足するとこれは、矛盾するようですが「何かをしよう」としない事です。

何かをしようという事は、それに対する対立を生み出すのであります。
ですから見ようとしない、聞こうとしない、何もかもしようとしない、のが
良いのです。

見ようとしなくても、目を開けていれば何かしらは視界にあるでしょうし、
聞こうとしなくても、何かしらの音は聞こえてきます。
それが自己のフィルターを通さないで、ダイレクトに創造されたものです。

雨や風は、自然の力、宗教的に言えば神のパワー、このブログで言えばすき家の意志
創造したものであります。雨を起こそうとか風を起こそうとすると、
「何故、上手く行かないのか?」「どうすれば良いのか?」という概念がぶつかり合います。

これは、神のパワーをわざわざ塞き止めている状態であります。
ですから自己を神の操り人形として預けてしまえば良いのです。

映画「マトリックス」「速く動こうとするな、速いと知れ」みたいな台詞がありますが、
まさに何かをしようとするのではなく、既にしていると知るのであります。

カレンダー

11 2016/12 01
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]