忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
突然ですが藤沢数希さんという金融関係では
割りと有名と思われる方がいらっしゃるんですが
この前ひょんな事から藤沢氏の著書
「僕は愛を証明しようと思う」を読む機会が
ありました、結構前の本ですよねこれ。

感想としては、ちょっと言いにくいですが
何かモテない人がモテないなりに必死に
考えて構築した恋愛本って感じで、
嫌味に聞こえるかもしれないですが
それなりにモテた(?)私としては
「ちょっと拗らせているのでは・・・」
でした。

やっぱり優秀な金融マンでも苦手なものは
苦手なんだなと思うと同時に、それでも
苦手ものと向き合って一冊の本まで
著してしまう藤沢氏はやはりすごいと思います。

まあ言ってる事は「多くの女性と知り合う」
「一度二度断られたぐらいで気にすんな」
なんですが、これはもう基本ですよね。
はっきり言って恋愛など上手くいかなくても
大した問題ではありません。
若い男性諸君は断られたら断られたで
こいつとは縁が無かったと思って
さっさと他の女性に声をかけましょう。

自慢にもなりませんが私は大学時代に
一週間で二十人ぐらいの女性に声をかけた事が
あります、あの頃は若かった。

誠実では無い、と思われるかもしれませんが
若い頃の恋愛に誠実など不要です。
そういうジジイのような事を言い出すのは
三十過ぎてからでよろしい。
PR
前回の記事の補足みたいになりますが、
基本的に何でもかんでも感謝するというのは
要は対立を無くすというのが真の狙いで
あります。

そもそも何故何かを願ったり祈ったりする
のかっつーと、特定の事柄なり相手なりを
排除したい
というのがあるわけです。

例えば貯金が無いので100万円ください、は
貯金が無いという事実を排除したいと
思っているわけですね。
つまり貯金が無いという事は敵であると
見なしているわけです。

しかしここでも貯金が無い事に感謝すると、
とりあえず貯金が無いという事実は敵では
無くなります。普通は敵に感謝はしないので、
もはや感謝するだけで無敵状態となりました。

つまりこの無敵状態がデフォになるように
感謝しろだ何だという方便があるわけで、
無敵状態になっていれば特に感謝するという事も
不要にはなっていきます、こうして対立は
無くなったのであります。

敵と見なした事象に対して、それが消えるように
願ったり祈ったりする行為は、
もはや願いや祈りでは無く、呪いです。
人を呪わば穴二つと言うではありませんか。
「何かしら悪い事が起きたらそれは気付きを
得る為の試練みたいなもの」
という考えも
あるみたいですが、個人的にはあまり思いません

まあ悪い事に対してはそう思わないと
やってられない、という考えになるのも
理解出来ますが、何かを我慢したから
何かを得る、というのは結局は何かしら
得る物が存在するという事になります。

そうなると得ていない私と得ている私に
分離されますし、もっと言えば何かしら得る物
自体が最初から存在しません。

どういう事かと言うと、ルビンの壺で
向かい合っている顔が壺をいくら探しても
自身が壺の一部になっている為に、
決して壺は見つけられないのと同じです。

なので「試練に耐えれば気付きが得られる」
「試練に耐えれば壺を見つけられる」と言っているのと同じで、既に壺の一部になっているのに
何を言ってるんやという事になります。

つまり試練とか何だとかの立ち向かうべきもの、
耐えるべきものは最初から無かったと
いう事であります。

「そんな事言っても辛いモンは辛いやんけ」
思うかも知れませんが、その場合は
小手先のテクニックぽいですが何でもかんでも
感謝する事が肝要です。

感謝するという事は受け入れるという事
ですので、ルビンの壺で言えば今まで
向かい合う顔の立場から反発していたものを
己の一部として取り込む事になります。

例えが微妙ですが、日本は古来から敵として
戦ってきた妖怪とかを神様として祀って、
いつの間にかそいつが地元の守り神ポジション
なってたりするので、何事にも試練だとか
何だとか反発せずに感謝を持って
受け入れましょうという話でした。
遅ればせながら明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願い致します。

今年の正月は孫の顔が見たいとオヤジが
はるばる来てましたが、普段から気難しいオーラを
出している頑固ジジイが孫娘の前では
ニッコニコのおじいちゃんになってしまうのが
大変に衝撃でした、恐るべき孫パワー!

娘も(・ω・)「ジィジ、ジィジ」と呼ぶように
なったので、ますます孫パワーが炸裂して
オヤジがアンパンマンのオモチャやら
お菓子やらを買ってきて娘も大喜びでした。
ていうかあのオヤジがホラーマンの人形
持ってる姿は息子の私から見てもシュール過ぎて
衝撃を受けました、どうしちまったんだオヤジ。

しかしながら嫁さんから「お義父様、
まだ二歳なんであまりお菓子を食べさせるのは
やめてください」とピシャリと言われて
(´・ω・`)ショボーンとしてました。

ジジイ怒られてやんの m9(^Д^)プギャー 
「私はずっと独身で子孫も残せそうにないですが
どうすれば良いのか」
みたいな質問を
たまに頂きますが、まずこれに限らず殆どの
悩みって別に悩むような事でも無いのが
殆どと言って良いです。

私は別に生涯独身だろうが子孫を残さずに
死のうが、それが悪い事だとは思いませんし、
逆に子孫をたくさん残したから偉いとも
思いません。

「生き物は子孫を残すのが目的だから
生き物として出来損ないのような気がします」

という方もいましたが、後世に遺伝子を残すと
いうのは要はアカウントの一部引き継ぎみたいな
もんですからアカウントと自己を同一視
している事から起こる錯覚です。

アカウントにあるブックマークやお勧め動画は
あくまで自我の積み重ねの結果として
出てきたもので、それそのものが本質では
無いです。
私も昔、スマホのブックマークに
無修正エロ動画パラダイスみたいのが
入ってましたが当然これは私ではありません。

そもそも出来損ないではないのか?という
思考自体が根拠も無く勝手に思っている事ですし
仮に他人の思考が読めたとして目の前の人が
「こいつ出来損ないやんけm9(^Д^)プギャー」
思っている事がわかったとしても、
「ああ、やはり俺は出来損ないなんだ!」と
思う事自体が、やはり勝手に思っている事です。

これは何故か思考が絶対的に正しいと
信じて勝手に振り回されてしまっている状態です

つまり悩みとは心霊写真みたいなもので
「うおーここに顔が写ってる怖えー」
思う人は、その人にとってはずっと
"見えている"ので怖い怖いと言って、
他の人にも同意を求めて「やっぱり顔が
写ってるやんけ!」と騒ぎ続けますが、
全く顔に見えない人には別に怖くも何とも
無いのと同じです。

結局の所、何が正しくて何がダメ。ダメな方に
入った自分はもっとダメだ、とか言い出すのは
それを無意識にジャッジしている事が
問題なのであって、本来はジャッジすべき世界が
無いのであります。

つまりジャッジしなければ、常に悩みの無い
肯定的な世界にいる事が今すぐにでも
出来るという事です、おめでとうございます。









というわけで本年もお世話になりました、
皆様良いお年をお迎えください。

カレンダー

12 2020/01 02
S M T W T F S
1 2 4
5 6 7 8 9 10
12 13 15 16 17
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]