忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
昨日、任天堂の新ゲーム機「Nintendo Switch」が発表されましたね。
ファミコン直撃世代のオッサンゲーマーとしては、今回の発表は当然見逃せません。

お値段が29980円と、結構強気な価格で来ましたね、
これはPS4の500GBモデルと同じ値段です。
個人的にはPS4より下げてくると予想していましたが、
まさか同じ価格で来るとは思いませんでした。

これ、コントローラーにギミックもあるらしくて
「1・2Switch」なるタイトルも発売日に出るみたいです。

https://www.youtube.com/watch?v=bnuAKZXo1s4
https://www.youtube.com/watch?v=EVL4sKIyZjc

これって要は「持ち運べるwii」を目指したのかなと感じました。
大コケしたwiiUの売りだった2画面をバッサリ切って
wiiの成功よもう一度、って所でしょうか。

でもこういうギミック系をアピるソフトは本体内蔵にしておくべきでしょう、
正直言って任天堂はwiiの成功体験に縛られ過ぎだと思います。

強引にスピ系の話にスイッチしますと、多くの人は成功体験は自分の物で
失敗体験はホイホイ忘れるのが殆どですよね。
それは別に悪い事ではないのですが、その成功は誰からもたらされた物なのか
いうことです。

成功も失敗も様々な要因が絡み合ったうえでの単なる結果なのですから、
成功は俺の実力で失敗は運が無かった、というのはおかしな話です。

運とは文字通り運ばれるものなのですから、都合の良いものだけが俺の実力で
都合悪いのは俺は悪くない、では運が停滞してしまいます。
これは滝の流れを無理矢理押さえ込もうとしているようなものです。

何でもウェルカムで運が運ばれるのを阻害しない事が、結局はスムーズに
運ばれることに繋がります。「あの時あれは成功したのに」に拘りたくなるのも
わかりますが、それは本当に「あの時」だけで、別に実力でも
才能でもありません。逆に「あの時は偶然」と確信を持てるのが、
才能と言えるかもしれません。







余談ですが、偶然に結婚した嫁さんが上記の動画を何となく観て
「私はゲーム興味無いけど、これはVRに対抗しているつもりなのかもしれない」
という意味不明な意見を言い出しました。

「VRは主に視覚からゲーム体験を広げるものだけど、
これは視覚をあえて切り捨てて、触覚とゲームやってる人の脳内イメージだけで
ゲーム体験を広げようというものなのかもしれない」
とか言ってましたが、
そう言われると確かにミルク絞る奴はエロ妄想に使えそうな気がしないでもない。
これはもしかしたら無限の可能性が・・・とか思いましたが、
ピンポンの方は腰を痛めそうなのでオッサンには無理です。
PR
ニュースサイト見てたら「平成」が来年で終わって、再来年の2019年から
新しい元号になる事が決まりそう、とか書いてあるじゃないですか。
これは早い話が今の天皇陛下が「ワシは疲れたから天皇降りるわ」という事ですよね。

しかしながら日本は21世紀になっても、天皇は天照大御神の子孫という
ファイナルファンタジーのような設定を国体としている神の国なのですから、
神の子孫である天皇陛下が、疲れたから辞めますなんて神の怒りが炸裂しそうな
気がするのですが。

これでは最近「俺も歳だからそろそろ会社畳みたいわ」とかぼやいてる私のオヤジと
同じではないですか。天皇陛下がその辺のオヤジと同じ事言っててどうするのか、
これが平成の人間宣言なのか。

これで皇太子が「僕も天皇なんてめんどくさい事は嫌です。僕には無理です、
デキッコナイス」
とか言い出したらどうするんでしょうか。
オヤジが天皇辞めるわと言うなら、当然息子にも天皇やりたくないですと言う権利は
あるわけで、この調子でいくと天皇制そのものが問われる事になりそうですね。




まあ私としては皇室制度自体どうでも良いんですが、
生前退位は後々ああだこうだと騒ぐ要因になりそうな気もします。

ちなみに私は佳子様より眞子様派です。って、これは本当にどうでも良いですね。
昨晩、学生時代にお世話になった先輩が40代の若さでポックリ亡くなってしまいました。

大学卒業後に何故かクリーニング屋を開業し、商才に恵まれていたので
店は順調に成長、それなりの社会的地位と収入を得ていた人も、
死ぬときは死ぬもんですね。

先輩は基本的にとてもポジティブな人でした。
「目標を達成すれば幸せだとか思ってはアカン、幸せ自体はタダなんや。
幸せのついでにヒマだから目標を立てるんや。人生は死ぬまでの暇つぶしとは上手いこと
言うもんやな」
とか言ってましたが、これなんか結構良いこと言ってると思います。

まあスピリチュアルとかに縋る人はどうしても「自分が不幸」というスタート地点から
全てを見てしまうのはしょうがないと言えばしょうがないのですが、
自分が不幸というのは誰が決めたわけでも無いので、「自分は幸せ」というスタートに
立ってみるのは良いと思います。

物を買うのにはお金がかかりますが、幸せになるのはタダですからね。
これは慰めでも何でもなく、マジな話です。

幸せになるのは全くのタダで努力も要らないのに、多くの人が不幸であることを選んで
そこからスタートしようとするのは、不思議な話であります。
別に幸せであることを選んでからスタートしても良いんじゃないでしょうか。

先輩は酒飲んで気持ち良く寝たらそのまま逝ってしまったようで、
最後まで幸せな”暇つぶし”だったんじゃないかと思います。
本当に色々ありがとうございました。
「私の友達が瞑想にハマってから気付きを得ただのヘチマだの言い出して
おかしくなってしまった。調べてみると魔境と呼ばれるものに陥ったのではないか、
どうすれば良いのか」
というメールを頂きました。

私は瞑想は専門家でも無いので下手な事は言えませんが、瞑想やっておかしくなるのを
魔境というのは初めて知りました。
これはスターウォーズ的に言うならフォースの暗黒面に堕ちたという感じでしょうか。

まあ瞑想云々は置いといて、気付きを得ただ何だ言い出すのは確かにおかしくなって
いるのかもしれないですね。

何でかっつーと、例えばだいぶ前の記事ですが、
この記事に登場したグインサーガみたいなオッサンを私は今だにムカついてるんですが、
これは夢の中で登場したオッサンに夢の中の私がキレているという、
実在しないものが原因で実在しない私がキレるという全くわけのわからない状態であります。

つまり夢の中のコンテンツにキレるっつー事は、映画見て登場人にキレて、
その怒りをずーっと引きずってるのと同じなんですよ。これと同じで気付きを得た云々も
夢の中で何かを得た私というコンテンツに感動して、映画が終わった後もずーっと
「あれは素晴らしいよ!現に俺は変われた!変われたんだ!」って周りに言ってるような
もので、これでは完全にウザい奴になってしまいます。

ですから夢の中のコンテンツがあまりに素晴らしく、それと同一化してしまうのが
酷くなると魔境と呼ばれる状態になってしまうのかなと思います。
あんまり酷いようなら精神科医に診せるか、瞑想中にブン殴るとかした方が
良いんじゃないでしょうか、全然スピリチュアルな回答じゃなくてスイマセン。

まあ気付いただのヘチマだのってのは、私のオヤジぐらいの世代が若い頃、
「仁義なき戦い」を観た後に肩いからせて映画館から出てくるのと似たようなもんですね。
少し遅れましたが明けましておめでとうございます、
本年もよろしくお願い致します。

私は新年早々、元旦に観てたニューイヤー駅伝にインスパイアされて
近所の土手を走っていたら、足がつって家で悶絶していました。
嫁さんからは「おまえのようなアホは知らん」と愛想を尽かされるし、
これは正月から夫婦の危機ですよ。

まあそんな事はどうでも良いのですが、新年一発目に「自由意志が無いのにどうすれば
望む事が起こせるのですか?」
的なメールを頂きました。

これは自分のキャラ設定的なものから一番しっくり来る行動を行う方法と、
以前も書いたと思いますが、自己のモノサシを吹っ飛ばすほどの
超強欲な望みを持つやり方があります。

例えば私の10年来の知り合いで、名も無き麻雀キチガイが居るのですが、
彼は「麻雀で億単位のお金を稼ぎたい」という、どう考えてもアホとしか思えない
望みを持って、違法な高レート麻雀で凌いでいるらしいのですよ。

一度だけ彼の預金通帳を見せてもらいましたが、一千万近く入っていたので、
道のりは遠いもののどうも目指せ1億円はマジらしい。
しかも税金までちゃんと払っているというバクチ打ちの鑑のような男であります。

何を言いたいかと言うと、自己の範囲内で想定出来る望みって何だかんだで
葛藤しやすいんですよ。
こうでもないああでもない、こうなったら良いなとか、きりがありません。

それに対して、ブッ飛んだ望みは文字通り自己が吹き飛ぶので、
ある種の統一された状態というか、自己だの意志だのもどっか飛んでいってしまって
気が付くと上手く行っている事が多いのであります。

なのでバクチで勝ちたい方は「バクチで兆単位のお金を稼ぐ」とか「バクチで都内の
高層ビルを全部買い占める」とかが良いんじゃないでしょうか。
願望がブッ飛んでいくと矮小な自己は縮んでいくのが面白い所ですね。





私も以前、彼に「俺も麻雀勝ちたいから教えて」と頼んで彼の麻雀理論を
教えてもらったことがあるのですが、正直何を言っているのかサッパリわからない、
スピリチュアルブログとかの方がまだ理解できる内容でした。

やはり天才とキチガイは紙一重なのか、と彼を見てつくづく思います。

カレンダー

12 2017/01 02
S M T W T F S
1 2 3 6 7
8 9 12 13
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]