忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
最近、証人喚問を挟んで延々と森友学園祭りをどうたらこうたらやってますが、
いい加減ちょっと飽きて来ました。

最初は土地取得の値段がどうのこうの言ってたのが、寄付金がどうしたこうしたに
なったり、証人喚問に出てきた籠池のオッサンも何か要領を得ない答えで、
これでは国会中継をよく見ている意識高い私も、同じ事の繰り返しで眠たくなってきました。

個人的には籠池さんは偽証罪で告発されるとかにはならないと思いますね、
ちょっと話のスケールがショボいと感じます。

それよりも籠池さんは、証拠の無い事や証明が難しい事に関しては、
意図的に嘘を混ぜて延々と政局化する事を狙っているのではないかと
いう印象です。

「偽証罪の恐れがある証人喚問で嘘をつくはずがない」という
心理を利用しているのなら、あのオッサンなかなかの食わせモンですね。
もしかしたら国会を長期間空転させたいと思っている人達が送り込んだ刺客ではないかと
陰謀論のような事を考えてしまいました。
PR
前回の記事の続きみたいになりますが、要はお金でも何でも
あらゆるものに深刻な悩みとか、何でこんな不幸なんだというのは、
全て自分で自分を殴っているようなものであるという事であります。

あらゆる恐怖や不安から解放された感覚とはどんな物なのか、
微妙に違うかもしれませんが、早い話が物事に対する慣れた感覚
あれに近いのかもしれません。

今となっては恥ずかしい思い出ですが、私が厨房の頃って
ろくでなしブルースとか流行った世代なんで、喧嘩が強い事が
カッコイイ・女の子にモテる
みたいな風潮がまだあったんですよ。
恐らく喧嘩強いのがステータスだった最後の世代ですね。

で、自分で言うのも何ですが私は結構喧嘩強かったんですよ、モテませんでしたけど。

何で強かったのかというと、当時柔道やっててガタイも良かったとか以上に、
妙に喧嘩度胸があったんですね。

それは何でかっつーと、私のオヤジは親としては非常に不器用な人で、
子供を叱ると言ったら怒鳴るか殴るかしか出来ないタイプでした。
悪ガキだった私は小学生の頃から散々ブン殴られていたのであります。

しかもあの野郎、一発だけじゃなくて三~四発マジ殴りしてきやがって、
まあ私の口答えが達者だったっていうのもあるんですが。

そういうのもあって、早い話が殴られる事に対しての恐怖心が無かったんですよ。
痛いとか怖いっていうのに慣れてたんですね。

さすがにしょっちゅうオヤジのパンチやキックを喰らっていれば、厨房レベルの喧嘩で
相手が凄もうが殴り掛かってこようが怖くも何とも無いですからね。

なので慣れるっていうのは、結構大事だと思います。
慣れた状態で物事を進められる・特に何も気にならないっていうのは結局の所、
無意識に行っているわけで、それはまさに潜在意識的な話にも繋がりますからね。

ですから感情を感じ切りましょうとかも、"慣れる"という観点から見れば
意味はあるんですよ。
前回はお金で例えましたが、すごい喧嘩だの痛いパンチなんて個人の中にしか無いんですよ。














まあいくら慣れたと言っても、私みたいに厨房の頃の喧嘩で
相手がちっこいナイフ振り回してきて、でもまあ大して痛くねーだろと思って
腕でブロックしたらきれいに肘のあたりがスパッと切れてビビるのは単なるアホです。

しかも切った相手も血流れてんの見てビックリしてたし、
今思うと殆どコントじゃねーかって。
仮に競馬で100万ぐらい負けて今月の生活費が無い、または所持している株が暴落したら
どうするでしょうか?

恐らくほぼ100%の人がそれに対し色々考えると思います。
競馬なら完全に足を洗うか、借金してもう一発勝負とか、あるいはJRAに放火するとか、
株なら株の勉強をするか、著名な投資家のサイトを見るとか、要は”それ以上負けない”ために
色々やると思うんですよ。

それで次回が上手く行けば、それはそれで良い事ですよね。
しかしそれは色々やったからそうなったわけではなく、
なるべくしてなっただけであります。

そもそもお金が絡んだ時の人の行動は自由意志もヘッタクレも無く、
株でもギャンブルでもほぼ完璧に決まっています。

それは損した場合は損を取り返そうとし、得した場合は利益を早急に確定させようと
する事です。

これは損得が生じただけの事であって、明らかに自分で選んだ行動では無いのに、
多くの人は損を取り返す事と利益を確保する事を殆ど反射的に行い、
そして上手くいっただの下手こいただの騒いでいます。

仮に上手くいったとしても、そもそものスタート地点が自由意志によって選んだものでは
無い
ので、上手くいったように見えるのも、別に個人の才能でも何でもありません。
そしてその逆の場合も、別に個人の責任でも何でもありません。

つまり得したり損したりするように見えるのも、宗教的な表現をするなら
神の意志みたいなもので、それに対し反射的に損を取り返そうとか、
利益を確保しようとするのは既に神の意志から離れているという事であります。

という事は、それらの行動は全て単なる条件反射である、と知れば
余計な反射をしなくなったその時点で、既に神の意志と一体であるという事であります。

こうしてあなたは神になりました、おめでとうございます。

と、ここで終わるのも少しわかり難いので補足すると、
とりあえずお金限定で話を進めますが、そもそもお金は本当に存在するのでしょうか?

私も今は、おっかない嫁さんの目が光っているので、ホイホイ馬券を買う事は
出来なくなりましたが、10年以上前、花の独身の時はホイホイJRAにお金を落とす
優良客でした。

多分一度に負けた額は150~200万円ぐらいでしょうか、
そして一度に勝った額は500万円ぐらいの時もありました。


でも当時の私はいくら負けようが勝とうが特に意識していませんでした。
最初からどうでもよい遊び用のお金でしたし、
独り者だったのでかなり余裕ぶっこいてたのもあります。
まあ、いざとなったらオヤジにたかれば良いやとか思ってましたし。

「でもそんな何百万も遊びで使うなんてあなたの金銭感覚がどうかしてるだけじゃ
ないですか」
と思われるかもしれませんが、では上記の文書を以下のように変えると
どうでしょう。

多分一度に負けた額は150~200円ぐらいでしょうか、
そして一度に勝った額は500円ぐらいの時もありました。


こうなると多くの人が ( ´_ゝ`) フーン となるだけだと思います。

つまり大金だの、すごい儲けだの、すごい損だのって個人の中にしか存在しないんですよ。
それに力を持たせるから、大きな損は取り返さなきゃ、大きな得は早く確保しなくちゃって
なるわけです。

100万円入った口座から80万円が消えていたら大騒ぎしますが、
100万円入った口座から8円消えていても恐らく騒ぎもしないし気付きもしないでしょう。

その逆も然りで、100万円の口座が500万円に増えてたら大騒ぎですが、
100万円の口座が100万5円になってても特に何も無いでしょう。
つまり本当に力を持たせない限り”存在しない”んですよ

要はお金を実在のものとしているのは、他でもない自分です、
自由意志があると勘違いしている自分です、ですから神になるには
その勘違いを正す必要があるのであります。
以前の記事で「Nintendo Switchを買った」と書きましたが、
2週間経過した現在も、ソフトの方は世紀のバカゲー1・2スイッチだけしか買ってないです。

何故か「1・2スイッチは面白いですか?」というメールをちょこちょこ頂くのですが、
これは完全にパーティゲーです、一人で寂しく乳を搾るものではありません。
みんなで集まってやればそれなりには盛り上がりますね。

しかしながら2週間やってみて、どうもこのゲーム、そしてSwitchというハードは
根本的なコンセプトを煮詰めないまま出してしまったのではないかと
感じるようになりました。

で、その事で私の悪友にしてブラック企業経営者の仮面ライダーBLACK
大論争になってしまいました。

私の意見としては1・2スイッチは「目と目を合わせる」そしてNintendo Switchの
コンセプトは「屋内でも屋外でも出来る(据え置きにも携帯機にもなる)」わけですが、
この二つが噛み合ってないんですよ。

どういう事かと言いますと、「目と目を合わせて」画面から聞こえてくる声や音に
従ってプレイヤーがリアクションを起こすわけですが、
これだと人が大勢いる場所とか、基本的に静かにしないといけない場所では
ちょっと難しいんですよ。

ボタン押すとか画面タップならまだ良いですけど、ゲームから聞こえてくる音を
聞かなければならないので、公共の場ではやはり迷惑になってしまいますね。

例えば小さいお子さんが居る方で、ファミレスとかの待ち時間に愚図る子供を
1・2スイッチでどうにかあやす、というのは難しいと思います。
携帯ゲーム機にもなる、はずなのに外でやりづらいとはこれ如何に。

電車の中や飲食店でパズドラをBGMが周りに聞こえるぐらいの音量でやりますか?
1・2スイッチはそれなりに音が聞けないと出来ないんですよ。
基本的に携帯ゲームは外でやる場合は音量を絞るのが一般的なのに、
音を聞かないと出来ないミニゲーム集を「携帯も出来る新しいハードです」と
言っているハードでロンチで持ってくるのがおかしい
んですよ。

と、ここまでが私の意見です。

しかしBLACKは「だがちょっと待って欲しい。1・2スイッチは最初から屋内の
パーティゲーとして作られたものであり、外に持ち出してやるのは
想定していないのではないか?」

高卒の分際でFラン卒の私に対し反論をしてきたのですが、私としては繰り返しになりますが
やはり「据え置きも携帯もOK」というコンセプトのハードで、外でやりづらいタイトルを
ロンチに持ってくるのは、コンセプト自体がブレていると感じます。

というわけで二人のオッサンで乳搾りをしながらああでもないこうでもないと
論争してたのですが、これ読者の皆さんはどう思いますかね。

実にくだらない内容でスイマセン。
前回の記事とやや被りますが、人の感情や考えなんてコロコロ変わるわけで、
「ネガティブにはこうやって対処しよう!」とか考えなくて良いと思います。

スピリチュアルだ何だと言っても、その時の感情を納得させる方便
なってしまっているのが殆どです。
そうではなくて毎日の天気のように変わるものだと認めた方が、
却ってああだこうだ悩まないようになります。

大体、若い頃と年食ってからでは、考え方がまるで変わったりとかは
特に珍しくもないものです。

以前も書きましたが、私の嫁さんは付き合いだした頃は韓流大好きでしたが、
今は韓国ブッ飛ばす、中国かかってこいやとか言ってるネトウヨオバハン
なってしまいました。

私も今でこそとりあえず自民党支持者ですが、学生時代はFランだったくせに
意識高いリベラルの若者でした。
なのでSEALDsの皆さんとかにはこいつらFランだろと思うちょっと親しみを
覚えたりします。


まあ若い頃はどうしても反体制がカッコイイって感覚になりますからね、
私自身もオヤジに対する理由なき反抗を拗らせて「日本の国体は間違っている!」とか
本気で思ったものです。

話が逸れましたが、要は色々思い悩むならコロコロ目まぐるしく変わる”思い悩み”
委ねてしまった方が良いです。
コロコロ動く物があるということは、同時に静止している物があります。

スピ系の話とかで、死ぬほど悩んだ末に突然何かを得たとか言い出す人が多いのも、
何かが動けば動くほど、静止してる物もまた、際立つという事であります。

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 9 10 11
12 15 17 18
20 21 23 24 25
26 27 28 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]