忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
現在公開中のスターウォーズ最新作「最後の
ジェダイ」
を観たんですが、正直去年の
スピンオフ作品「ローグワン」の方が
全然面白かったですね、ローグワンの最後は
まさかの敵味方全員吹っ飛ぶ「伝説巨神イデオン
・発動編」
みたいでしたけど。

私は大してスターウォーズに思い入れが無い
かなりライトな客ですが、ヘビーな
スターウォーズファンである知人も今回の
「最後のジェダイ」はダメだと酷評して
おりました。

「最後のジェダイ」は何がダメだったのか?
個人的には見せ場を作ろう作ろうとして
かえって話が間延びしちゃってる所ですね。
途中から「いつまでやってんだよこれ」
感じましたし、いつまでもやってる割には
意外とドンパチシーンが無く、
一方的に撃墜されてるとか、ただひたすら
逃げてるとかで、スターウォーズじゃなくて
スペースランナウェイになっちまってる
所ですね。

あと前作「フォースの覚醒」で登場した
カイロ・レンつー敵役が色々と拗らせてる奴で、
父親に対するコンプレックスとか何となく
若かりし頃の私を見ているようで
妙な親近感を持ちつつ次回では成長して
欲しいとか勝手に思ってたら、今作でも
成長どころかちょっと上司に
注意されただけで、情緒不安定になって被ってた
マスクをボコボコにぶっ壊したりで余計に
拗らせやがってて、コイツダメだ
思ってしまったのもマイナスですね。
まあそれだけ演じた役者が上手いとも
言えますけど。

話自体は完全に「次回に続く」で
終わっているので、次も観に行くとは
思いますが、シリーズ物の映画は大して
面白くなくても腐れ縁のように観続けて
しまいますね。

「トランスフォーマー」も、もはや話が
あって無いような状態ですが、
何だかんだ一作目から全部観てるしなあ。
PR
「自由意志は無いと書いてありましたが
自由意志が無いのならどうやって願望を
実現すれば良いのか」
というメールを
頂きました、ありがとうございます。

これはつべこべ言わずに行動せざるを
得ない状況に入れば良いと思います。

この方の場合、「起業してそれなりの会社に
したいが、自由意志が無いなら自分の思考や
行動に自信がイマイチ持てない」
みたいな
感じなんですが、だったらなおさら
こんなブログなんて見てないでさっさと
起業すべきであります。

起業すれば嫌でも色々しなくては
ならなくなります、もうそこに自由意志も
クソもありません。仮に今、家の中にクマが
突撃して来たら自由意志ガー行動ガーとか
言う暇もなく何かしらの行動は起きます。 

マリオがクッパの炎をかわすのに一番良いのは
ジャンプする事です、これをBダッシュガー、
もしかしたら裏技ガー、とか言ってたら
やられてしまいます。
反射的にAボタンを押してジャンプが
最も良いのであります。

つまりそれがプログラミングによる
最良の行動です。

なので何かをやらざるを得ない状況になれば、
自ずと行動は起きる、というかそれは本当に
自分が起こした"行動"なのでしょうか。

突き詰めていけば、そもそも行為者は
存在するのか?
という事になります。








スピリチュアル好きな人は基本ヒマな感じの人が
多いので、スピリチュアルを色々知っている
ヒマ人ほど行動せざるを得ない状況になり難く、
結果的にボケッとして過ごしてしまうのは
何とも皮肉な話であります。

若い頃にバリバリ働きまくった経営者とかが、
歳食ってから突然スピリチュアル的な能書きを
垂れだすのもこの辺にあるのかなあとか、
感じる次第です。

私のオヤジも「俺は・・・もしかしたら
自分以外の何かに突き動かされて進んできたの
かなあ」とかこの前言い出して、
とうとうコイツボケやがったと思いましたけど。
以前の記事で肩こり・腰痛を解消するという
記事を書いたんですが、今回は寒くなって来て
縮こまっている人も多いと思うので、
私が独自に開発したスーパーな猫背の
解消法をご紹介します。
スピリチュアル全然関係無くてすいません。

まず猫背とは何故猫背になってしまうのか?
これは頭や首や上半身を前方に委ねることが
出来る状態だと猫背になりやすいのですよ。

で、膝だけ曲げて背筋伸ばして
膝頭で立つ(正座の姿勢からそのまま
上に伸び上がった形)
ようにしてから猫背に
なろうとすると、バランスが非常に取りにくい
ので、必然的に背筋が伸びるのであります。

やってみるとわかりますが、この状態で猫背に
なるのって難しいんですよ。

繰り返しになりますが、猫背とは頭や首を
足の甲・爪先側に委ねるとなりやすいので、
前述した膝立ち姿勢は
足の甲と爪先が無い状態を作る事で、
頭が前に出ずに背筋を伸ばさざるを得ない
ようになる
わけであります。

で、これを踏まえて、
普通に立ってから両足の爪先を横に開いて
みてください。前から見ると逆Tの字みたいな
感じです。
こうすると同じように足の甲と爪先が
無い状態になるので、バランスを取る為に
嫌でも背筋が伸びるのです。
足裏の重心位置は大体内くるぶしの
真下ぐらいに来ます。
この体勢で猫背になろうとするとやはり
バランスがすげえ取りにくいはずです。

しかしこれだと前に歩けないので、
足裏の重心位置を意識したまま普通に足を
戻すと背筋が伸びたまま歩けます。
感覚を消さない為に爪先をやや開き気味の
ままに
して歩いても良いと思います。

というわけでこれで猫背が解消されました、
おめでとうございます。
以前「ザ・マネーゲームから脱出する法」という
本をチラッと紹介した記憶があるんですが、
最近同書の要点だけまとめられた
「図解・ザ・マネーゲームから脱出する法」
というのが出てたんですね。

この本は早い話が多くの人が命の次に
大事にしているであろうお金を方便として、
世界が一種の幻想である事を見抜こうぜ的な
内容で、昔流行ったロバキヨさんの
金持ち父さんになって経済的自由を
手に入れよう!
的な奴とはちょっと
違うんですよね。

マネーゲームから脱出しちゃうと、流れ的には
人生ゲームからも脱出してしまう感じになると
思います。ゲームの中に居るんだけど、
ゲームに参加していない感じですね。

これはどういう感じかというと、例えば
仮に肘や膝が痛い状態で、自分の姿を
鏡に映しても、鏡の中の自分は別に
痛そうにしてないですよね。

あくまで痛みとはゲームをリアルに感じるための
演出に過ぎないんですよ。
演出と画像が一致するからゲーム画面は
成立するわけで、であるならば演出と画像を
切り離して捉えれば良い
のであります。

感覚的な話になってしまいますが、
何となくわかる人はわかるかもしれないです。






余談ですが、別にこの手の本が出なくても
人類は早ければあと10年以内に嫌でも
人生ゲームはともかくマネーゲームからは
脱出させられると思います。

何でかっつーと、AIやロボットの驚異的な
発達で供給能力がほぼ無限になるからです。

しかしながら今だに労働価値の測定は
貨幣であると思い込んで、実態が無いお金を
追い求める人々にとっては、
マネーゲームからの脱出は大変な苦痛を
伴うものになってしまうかもしれないですね。
「あまりスピリチュアルとは関係無いですが、
投資でこれだけ儲けたとかの儲け話セミナーの
主催者が本当に儲けてるかどうか見抜く方法
みたいのはありませんか?」

というメールを頂きました、
ありがとうございます。

何で私に聞くのかわかりませんが、個人的には
儲け話をアピっている人に対しては、
税金対策を聞いてみれば良いと思います。

ドカンと儲かれば儲かるほど国税の目が
光ってくるので、大金を稼いだ人や
それなりに仕事がうまく行って儲かっている人は
必ず節税や脱税(?)の税金対策について
ある程度勉強しているはずなのであります。

というわけで本当に儲けてるかどうか
知りたいなら税金について聞いてみろ、という
夢も希望も無いリアルな結論になって
しまいましたが、スピリチュアルも
高次元存在も国税には勝てません、
大人しく払いましょう。

カレンダー

12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 4 5 6
7 9 10 11 12 13
14 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]