忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
娘が生まれてからゲームもパッタリやらなく
なりましたが、久々にゲームをやり始めました。

「メタルギア」シリーズで有名な小島秀夫監督の
最新作「デス・ストランディング」です。
個人的にHIDEO KOJIMA GAMEは好きなんですよ

これは主人公が運び屋で、やってる事は
過酷な世紀末ウーバーイーツというか、
ハードSF飛脚というか、マッドマックスピザ屋と
いうか、とにかくただ単に荷物を担いで
道なき道をえっちらおっちら進んでいくだけ
なんですが、何故かそれが面白く感じるという
不思議な作品であります。

何がどう面白いのかと言われると答えに
窮するんですが、そこがやはりヒデオ小島の
センスなんでしょーかね。

ただこれかなり人を選ぶ作品だと思います。
バリバリ戦闘してバリバリ撃ちまくる!
みたいなハードコアアクションを期待していると
あまりに地味な運送業務に耐えられないと
思われます。
PR
「スピリチュアルで意識だ何だと言うのは
要は無心になるという事だと思い、無心に
なる為に瞑想をするのはアリですか?」
という
メールを頂きました、ありがとうございます。

まあアリっちゃアリなんですが、
無心になろうというのがちょっとおかしいので
あります。
無心になろうという時点で既に無心じゃないので
これは無心ではありませんよね。

似たようなので自己の感情や思考を観続けると
いうのもありますが、これも観続けている
何者かが居る時点でやはり微妙に違うものと
なります。

結局の所、何か行動している主体という
概念をコロコロ変えているだけで、
実は何も変わって無かったりします。

なので行動している主体という概念を
引っくり返せば良いわけです。

例えば車の運転とか無意識にやってるわけで
いちいちアクセル踏んだり何だという
行動する主体は消えています。

この消えているのがデフォルトで、
ここで仮に急ブレーキしたとすると、
ブレーキを踏んだという行動を認識します。

そうするとブレーキを踏んだという行為を
行ったんだから、当然行為者がいると
思うわけですが、そうではなくて何も無い所に
ブレーキを踏むという行為が発生したと
いう事です。

少々ややこしいですが熟睡していていきなり
起こされたら熟睡から起きるのではなく、
熟睡の中で起きる
という行為が発生して
いるのであります。

つまり常に熟睡=常に無心が実はデフォルトの
状態であり、無心になろうとか何かを
観続けようというのは、わざわざ熟睡の中で
イベントを起こしているだけであります。

そのイベント名が無心とか瞑想とかだと
勝手に安心して、イベント名が急ブレーキだと
焦るというだけで、実は両者には何の違いも
ありません。

というわけで無心になろうとか考えずとも
最初から無心であったという話でした。
前の記事で所有するリスク云々の話をしましたが
所有するといえば普通は肉体を所有していると
感じているわけで、この勘違いにより自殺、
つまり肉体を破壊すれば何とかなるべという事に
なってしまいます。

しかし肉体を破壊すれば楽になる、という
事は肉体ではない何か、が楽になると
感じているわけですから、であるならば
本質的には自己とは肉体では無い、と
知っている
わけです。

つまり問題は肉体を所有しているという
錯覚であります。

そもそも肉体とは関係性の中にしかありません。
ざっくり言うと、電車でボーッと座っていても
ランニングしていても走っている事自体は
変わりませんが、ランニングの時だけ肉体という
感覚は生まれます。

なので肉体とは意識の中にしか存在しない
ものであって、所有している物ではありません。

更に言うと少々ややこしいですが肉体を
起点とした関係性も、存在しない肉体を
起点としているわけなので、
実在しているものは何一つ無い、という
事になります。

というわけで実在しないものを破壊しようと
する前に、それは実在しないと認識すれば、
自殺しようという気は無くなります。

オバケがいると思って戦う準備をしていたら、
オバケは単なる人形でしたとわかったら
戦う準備なんてやめるのと同じです。
何度かメールを頂いている方で紆余曲折を
経ながらも「お金が増えた」「車買えた」とか
一応当ブログその他を参考にして物欲を
満たす事には成功(?)している方が
いるのですが、今度はそれらを維持する為に
すったもんだしている様子であります。

これは結構多くの人が陥る典型的な罠で、
仮にスピリチュアルでも成功哲学でも何でも
良いですが、何かを得る事ばかりが
クローズアップされて得た後が全く提示されて
いない
事が多いですよね。

結局お金でも何でもあらゆるものは概念なので、
それらを得るには概念を変える、つまり
スピリチュアルで言う所の自己はいないとか
成功哲学で言うアファメーションとかに
なるわけですが、それらを得た後も結局は
概念の中でグルグル回る事になるパターンが
多いですね。

何かを得るという事は失うという概念が
無ければ成立しない
ので、必ず所有するリスク
付きまといます。

年収が上がれば税金も上がりますし、
特に年収1000万前後だとすげー金持ちに
見えますが、年収が低い場合に受けられる特典も
受けられなかったりとかで、思ったより
全然お金が残らないもんです。

車に関しても人を轢いてしまうリスクは
常にありますし、結婚しても配偶者の
性格がキツいとかキレると顔芸怖すぎとか
ありますし、娘は可愛くても基本的に子供は
言う事聞かないとか色々あります。

というわけで何かを得る概念は必ず何かを
失う、所有のリスクというものがもれなく
付いて来ます。

と言っても別に全てを捨ててミニマリストに
なれとかではなく、それらの両立する概念を
成り立たせているモノこそが意識であり、
意識に投影されている世界であります。
ですから得る事ばかり見ずに失う事、
所有するリスクも同時に受け入れる事が
肝要です。









まあ当ブログも基本的には「何かを
得ましょう!」というスタンスなんですが、
あまりにも得る概念ばかりに行ってしまって
それらを得た後に前述したように
グルグル回ってしまっている方が
多いように感じたので今回の記事と
相成りました。
昨日は猛烈な台風が首都圏を直撃しましたが
皆様ご無事だったでしょうか。

私は災害にはクソ強い埼玉の要塞都市大宮に
在住なんで、特に目立った被害も無く昨日は
娘ちゃんと一日中遊んでました。

この手の大きな自然災害が来ると何かに
こじつけたくなりますが、自然災害は
たまたまそこに人間の作った都市があると
いうだけであります。
皆が災害やと思うから災害になるという
わけですね。

これは株なんかでも、そんなにすごい業績も
あげていない会社が何かの偶然で皆が
「これは買いや」と思うといきなり上がるのと
似たようなものです。結局、理屈とかは
全てエゴの後付けみたいなもんです。

ただ今回の台風でネットでああだこうだ
言ってるのを見てて面白かったのが、
安倍の陰謀とか自民党の気象兵器とかよりも
「天皇がまだ正式に即位していないから
結界が張られていない」
というものですね。

言われてみれば現在神の国日本は天皇不在の
状態なわけで、これは意外とマジかも
しれませんね(?)

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 10 11 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]