忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
以前の記事で、「好きな人がいるのはあなたがあなたを好きだから」
書きましたが、じゃあ嫌いな人の存在は何ぞやと思うかもしれません。

「好き」という言葉から受ける印象が色々あるので表現が難しいのですが、
全部自分が創っているのだから、基本的に「全部受け入れる」つまり「嫌いとか
憎たらしいとかが無い」
という事です。

つまり「受け入れ状態」=全部好きとか愛が溢れてますとかスピ系でよく見る
クサい表現の状態がデフォルトなわけで、嫌いという概念は本来存在しないので
あります。

ただこう書くと「じゃあさっき私をぶん殴った変なオッサンまで好きだよとか
愛しているとか感じなきゃいけないんですか、そんな事出来ません!」と
なると思われますが、そういう意味ではありません。

それだと「殴られた怒りを抑えるために」無理矢理「愛を感じます!」とか言い出すという、
傍から見るとアブナイ人になってしまいます。

実際はただ単に殴られたっつー事が在るだけです。それを創ったのはあなたであります。
「なんでそんな事を創ってしまったんだ!」 そんな事は知りません、
大体そんな事いちいち言い出したら、なんで自分が日本人なんだとか、なんで俺は男なんだとか
なんでこのブログは飽きもせずに毎日更新されてるんだとか切りが無いじゃないですか。

つまり「何故俺は日本人なんだ!」と「何故俺は殴られたんだ!」は同等なのです。
「殴られた」という言葉から受ける印象で「何だか良くないものを創っちまったぜ!」
勝手に騒いでいるだけなのです。
つまり「殴られた」という言葉、イメージに「悪い事だ」という「力」を与えているのは
他でもないあなたであり、あなたにしか出来ない事なのです。

それに気付けば、嫌いな人だろうが何だろうが関係無いのであります。
嫌いな人は、嫌いだという事に何故か力を与えていたので、どんどん肥大していくのです。
一日中嫌いだ嫌いだと感じていれば、そりゃどんどん「嫌い」が増大していきます。
好きな異性の事を一日中考えていると、どんどん「好き」が増大するのと同じです、
つまり紛れも無くそれらを創り出しているのはあなたです。

ですから「嫌い」に意識を向けなければ良いだけです、そうすればもう「嫌い」という事に
意識が行かなくなるので、「嫌い」は世界から消えていくでしょう。外の世界(と思っている)の
嫌いな人をぶっ殺して抹殺するとかではなく、あくまで自分の内側に
「嫌い」が創られているのだと気付き、それと距離をおけば良いだけです。
「嫌い」を肥大させるか、それとも距離を置くかはあなたにしか出来ません。

もし「殴られた」なら「殴られた」にわざわざ力を与えない事です。
「殴られた」が主役ではなく、主役はあくまであなたしかいないのです。
別に殴られたなら怒っても全然構わないのです、ただ主導権が怒りの感情にあるか、
その感情を認識しているあなたにあるかで、その後の展開はだいぶ違います。

つまり、感情とあなたは別物という事です。
どんな感情が湧いて出てこようが、それはあなたとは関係ありません。
関係無いということは、感情が主役ではなく、感情を選ぶことのできる存在、
すなわちあなたが真の主役であるということに気付けるのです。
PR

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 9 10 11
12 15 17 18
20 21 23 24 25
26 27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]