忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
我々は普段から常に様々な事を考えていると思っていますが、
「考える」という行為は世界との分離を起こす最たる原因です、
ぶっちゃけて言えば「考え」なければ既に世界と一体です。

考えるからこそ、「考えている私」と「考えられている何か」に分かれてしまうのです。
ですから考えなければ良いのであります。

そもそも「考える」という行為自体が「当たり前」のように捉えられていますが、
実際は「考える」という行為は、語弊のある言い方ですが、実は異常とも言えます。

何故なら「考える」事によってどんどんエゴによるレッテル貼りが始まるからです。
レッテル貼りは「私」と「私で無い何か」を次々と生み出して行くだけです。
「考える」事が出来るのは、エゴだけであって本来の自分は考える能力が無いのであります。

じゃあ本来の自分は何が出来るのでしょうか?もしかしたら単なるアホなのでしょうか?
それはここ数日の記事でも何度か書いていますが、「創造する事」であります。

「あれ?でも何かしたいとか思うのは考えないとダメじゃね?」と思われると思いますが、
昨日の記事でも似たような事書きましたが、結局それは「無い世界」を何だか知らないけど
創ったからに他なりません。


で、「無い世界」って「考え」ないと出て来れないんですよ。
例えば呼吸してて「もっと空気を吸いたい」と考えた時点で「空気が足りない」
つまり「無い世界」を創っていますよね。
何も考えずに呼吸と一体となっていれば「無い世界」は出てきません。

ですから言い方を変えると「創造」っていうのは「何も無い所からいきなり出てくる」んじゃなくて
「最初から創造していた事に気付く」という事でもあります。
先の例で言えば「最初から空気に満たされていた世界」と一体になっていたのに
わざわざ「考えて」「無い世界」を創っていますよね。

自分が今までいかに「無い世界」を創っていたかは、何を渇望していたかに気付けば
すぐにわかります。気付けば、もうその世界は終わりです。

話が変わりますが、私は精霊とか何だとかのドラクエみたいな話はよくわからないのですが
読者の方からのメールによると、世の中には何と精霊が見える人が少なからずいらっしゃるそうです。
もしかしたら精霊とかいうのも「創造された世界」に居れば、必要に応じて勝手に出てくるのかも
しれないですね。

私も実はこのブログを書く際には、特に考えずに精霊から文章を教えてもらっているのです。
そうすると気が付くと文章が出来ているのであります。
このブログの内容がアバウトなのも、私のせいではなく精霊のせいなのです。



というのは真っ赤なウソです。
PR

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 4 5 6 7
8 10 11 12 13
16 17 18 19 21
24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]