忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
昨日の続きですが、「調和」とは早い話が風まかせって事です。
ぴゅーっと風が吹いたらAさんは「寒いなあ」と感じるかもしれませんが、
運動直後のBさんは「涼しいわ」と感じるかもしれませんし、結局各人の置かれた状況で
感じ方が違うわけですね。

本来の我々はこの「風」なのですが、風に対し色々な概念や思考をくっつけていくから
各人が別々の存在に感じるわけですが、本来は風そのものなのですから我々は一つなのです。

「寒いと言ってるAさんと、涼しいと言ってるBさんと、それを見ている私」というのは
本来存在しないのであります。思考や概念で分断するからいかにも「A、B、私」という三名が
いるかのように感じてしまうだけなんですね。

と言ってもあまりピンと来ないと思いますが、これは思考を思考として捉えない事で
わかります(多分だいぶ前に同じ事書いてます)

例えば「今日は寒い日だ」という思考(心の声みたいの)を単なる音声として認識すれば、
もう「寒い日」は存在しません。同様に「あなたと僕」も単なる音として認識すれば
「あなたと僕」は居なくなってしまいます。

さらに音である、という思考や概念すら放棄すれば完全に無になってしまいます。
しかしこの「完全な無」を何故か「完全な無」と認識している何者かがいます、
それならばって事でその「完全な無」を認識している何者、という概念すら放棄すれば、
我々が現実世界と思い込んでいる世界はどんどん”消えて”いきます。

「あれ?でも目の前でウチの飼い犬がいびきかいてんだけど?」と思った方、
見事に「あれ?でも目の前で~」という思考を思考として認識しているじゃありませんか。

思考を認識しないと、嫌でも全ては一つになってしまうのです。
その一つとしての活動が世界との調和であります。

この辺の話はエゴ視点だと殆ど理解不能だと思われますが、
極論すれば鼻をほじるのもケツを掻くのも「世界」として活動しているのです。
鼻をほじらないと「調和」が崩れるから、ほじっているとも言えます。
そう、そのハナクソに宇宙が存在するのです。

思考を認識しなければ、「現実世界」と思っているものが崩れていき、
真の「調和」が垣間見える瞬間は必ず来ます(多分)

それは鼻をほじっている時かもしれませんし、ウンコしてる時かもしれませんし、
テレビで研ナオコを見た時かもしれません。
いずれにせよ一瞬の天啓のような形で現れます。

今回のはちょっとわかりづらい感じになってしまいましたが、
前も書いたように我々は「思考すること」に何の疑問も持っていません。
ですから思考というよくわからない概念を疑ってみることです。
PR

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 10
11 12 13 14 16 17
18 19 20 23 24
25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]