忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
思いが実現するとか何だっていうのは、そんなに複雑怪奇な事じゃなくて
結構日常的に起こっている事であります。

例えばこれからは人に優しくしていきたいわとか何となく思うと、
困ってる人がやたら目についたり、ニュース見ててもどっかの国が水不足で
困っておりますとかの記事に目が行ったり、いきなり過去に思いをはせて
あの時もっと優しく接すれば良かったとか色々出てきます。

これはごく当たり前の事で、優しくするもクソも何処かに「困った人、物」が
居てくれないと肝心の「優しい人」になれないので、優しくしていきたいわという願望(?)を
抱いた瞬間に、既にそのような思いを実現するためのお膳立ては揃ってしまうのです。

なので願望でも何でも良いですが何かを抱くと、それは対立するものを創り出すという
形で勝手に実現してしまうのですが、結局「困難」の方に目が行きがちで
ああでもないこうでもないと苦しむ羽目になるのであります。

前述した優しい人になりたい云々のように、困ってる人が目に付くっつー事は
その人に親切にすれば嫌でも優しい人になってしまうわけで、
困ってる人が出てきた時点で既に実現しているのです。
困ってる人の出現を「困難」であり「何も変わってない」と認識するから苦しいのです。

じゃあ「困難」と逆を向けば良いのか、となりますが、それでも良いと思います。
しかし、願望はどんどん肥大していくものですから、それと比例するかのように
「困難」も肥大していきます。

復縁したらしたで今度は二度と別れたくない、もっと恋人に優しく接したい、
今度は一緒に牛丼でも食べに行きたい、そいでもって結婚とかしたい。
まさに終わりなき肥大であります。

別に肥大していくのが悪いわけではありません、肝心なのはそれはただ単に自我の
幻想に過ぎない事に気付いているかどうかです。

自我を肥大させずに分離と対立から逃れるには、早い話が「皆さん御一緒に
幸せになりましょう」
のスタンスで良いのです。
つまり周りの成功をひたすら祝福する。独身を誓い合ったはずの友達が先にイケメンと
結婚してもひたすら祝福であります。

実際は分離が無くなる事を経験すると全てが自分になってしまうので、
他人の幸せは私の幸せになってしまい、比較から生まれる悩み(私の方が
収入が低い、どうすれば収入を増やせるだろうかとか、友達にはいるのに
私にはいつまで経っても恋人がいないとか)は無くなってしまいます。
全て自分になってしまうので比較の概念自体が薄れるわけです。
まあ殆どの願望だの悩みだのは比較から生まれるわけですけど。

で、肝心なのは一般的な「願望」は比較対立するものを即座に出現させて
逆説的な感じで実現させます。バットマンになったと同時にジョーカーが現れるのと
同じです、ジョーカーが現れる事で「バットマンになる」は実現したのです。
ジョーカーがいなかったらバットマンはただの変態コスプレオヤジです。

しかし、比較対立が現れない分離の無い世界では、「他人」と認識するものが
幸せになれば自分=他人なので結局はどんどん幸せになってしまうのであります。

最後に残るのは愛でしたとか感謝感激だけでしたとかは、
分離が無くなればそれしかなくなってしまうのであって、無理矢理「愛を感じて、
感謝して」と”頑張って”行うものではありません。
PR

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 4 5 6 7
8 10 11 12 13
16 17 18 19 21
24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]