忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
読者の方からメールで面白い記事を教えてもらいました。

ttp://chaos2ch.com/archives/3713558.html

私は上記のまとめサイトにあるように自分の頭が見えたりはしませんが、
周りの人や物など、風景全部が己の一部であるかのように感じる事は多々あります。

結局全ては自分なのでうんたらかんたらとなりますが、
この”自分”という言葉が厄介で、どうしても「特定の人格を持つ誰か」を
連想してしまいますよね。

そういうのとは少し違って、例えば夢を見ている場合、夢の中の風景や
登場人物は全て自分が創ったのですから、自分の一部であり、全体であるというわけです。
つまりアイデンティティが無限に広がった状態と言えるでしょうか。

しかし無限のアイデンティティも、熟睡してしまえば消えてしまいます。
消えると言うより、無限のアイデンティティの背後にあるものが湧き出てくる感じです。

この背後にあるものこそが、スピ系ぽい呼び方をすれば高次元存在とか言われてるもの
なんじゃないかと思うのですよね。
まあ私個人としての見解ではエイブラハムはハムで、バシャールは洗剤の一種だと
思いますけどね。

次元だ何だっつーとややこしい感じですけど、早い話が仮に円柱を真下から見ると
〇(丸)に見えますけど、その円柱が倒れたら棒状っぽく見えますよね。
三次元人なら立体の概念を知ってますから「円柱が倒れたんだな」ってわかりますけど
二次元人なら丸い物体が突然姿を変えたとしか認識出来ませんよね。

で、二次元人は恐らくもっともらしい理屈を並べて丸が突如として姿を変えた事を
解明しようとすると思います。

二次元人「丸が姿を変えたのは神の怒りである」「我々の潜在意識が具現化したのだ、
想いは強く願えば叶う」「違う、吉野家の侵略だ」「この現象を利用して復縁したい」
「丸いモンは丸いというブログを書く事にした」とか、ああだこうだ言い出した所で
三次元人からしたら「円柱が倒れただけやんけ」で終わりですよね。

しかし二次元人はそもそも「立体」「円柱」という概念自体が存在しないのですから
残念ながら三次元人の説明は意味不明なわけです。

話が少し脱線しましたが、我々は普段は自我という、あえて言うなら低い次元の中に
収まっているのです。
その中から脱出して、高次元に触れる唯一の瞬間は熟睡している時だと思います。

熟睡している時こそ、先の話に例えれば二次元人がどうしても理解できず、
三次元人は考えるまでもない「立体」という概念に触れる時であります。
「熟睡状態」には多くの源泉が隠されていると思う次第です。





で、一番最初に紹介した記事で書かれている事や、私の「全てが己のように感じる」は
何なのかというと、単なる病気で片付けて良いんじゃないでしょうか。
PR

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
3 4 5 6 8
9 10 11 12 14 15
16 17 18 20 21 22
23 24 25 27 28 29
30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]