忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
自我の働きが実は幻だったと気付くには、自我が騒ぐ事柄や概念に
思いきり飛び込むか、思いきり距離を取るかのどちらかなのであります。

距離を取るのが前回も書いた「トイレに流しても何とも思わない金額で
ギャンブルする」
とかですが、あえて飛び込むというやり方もあります。

私の知ってる投資家のオッサンは”赤いダイヤ”いわゆる小豆相場に
手を出して有り金を全部吹っ飛ばしたそうですが、資産が全部吹き飛ぶという
多大なストレスの中で、急にストレスを彼曰く「突き抜けた」そうで、
それから相場に対し希望も恐れも無い状態で臨む事が出来るようになり、
再チャレンジで資産を築けたそうです。

私はこの話を結構若い頃に聞いたので、当時は「なるほど」とか頷きながら
内心では「何言ってんだコイツ」とか思ってましたが、私自身も
良くも悪くも突き抜けてしまった(?)現在では、何となくわかる話です。

まあスピ系でよく言われる「受け入れる」「手放す」って結局は
目指す所は同じなんですね。

で、これを踏まえて恋愛、特に禁断の復縁ネタに関しては
「受け入れる」も「手放す」も難しいですよね。

まあ心が常にざわざわするのが恋愛の醍醐味かもしれませんが、
「受け入れる」も「手放す」も対象がいるわけですよ。
無い物を受け入れたり手放したりは出来ませんから。

復縁の場合はそれ自体が猛烈な執着を生むので、結局受け入れようが手放そうが
執着が肥大してわけのわからない事になってしまうようであります。

なのであまりに執着の強いものには、「最初から無かった」事としてしまうのが
最良であります。そもそも復縁したいと思う異性も、最初から存在していない事に
してしまうのです。これでとりあえず「復縁したい」は消えました、何故なら
復縁の対象自体がいなくなったからです。

これで後は、希望も恐れも持たず普通に生活しましょう。
復縁問題が”消えた”生活を送るのであります。

ちなみに、これ(最初から居なかった)をあらゆる事に突き詰めると、深い熟睡状態と
同じようになります。思考が完全に止まり、在るという意識すら意識しなくなります。
こうなるともう言葉でも文章でも説明不能の確変に入るのですが、
それは置いといて、執着が猛烈に強いものに対しては「希望も恐れも持たない」事です。

結局、希望と恐れは執着のエサなのですよ、ならばエサを与えなければ
執着は餓死するのであります。











こっからは禁断のオフレコですが、あくまで個人的には一度ダメになった相手と
寄りを戻そうって感覚がよくわからんであります。
そんな事に気を病むより新しい恋を探した方が良いといつも思うのですが・・・。

まあ本文中にも書きましたが、心がざわざわしているのが恋愛の醍醐味なら、
復縁希望てのは究極にざわざわしてしまうものかもしれませんねえ。

結局は何時でも恋をしていたいって事でしょうか、若いモンはエエのう。
PR

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5 6
7 9 11 12 13
14 16 17 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]