忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
昨日の記事は少々わかりづらかったので、少し見方を変えてみますが
あらゆる知識や認識は全て「考える能力」ともいうべき領域で
処理されます。

で、自我は基本的にこの「考える能力」を自らであると感じ、
同時に「真の私」より格上に見ています。

あるんだか無いんだかわからん真実の私がどうこうより、
それを考えて納得させる「考えるオレ」の方が正しいのである、という
感じです。

考えるということは、「考えられる対象」があるわけで、
考える能力が高ければ高いほど、真の私とは必ず分離します。

しかし、「真の私は分離ではなく世界と一つでありうんたらかんたら」という
知識に対し、理解するには「考えねばならない」ので、ここにパラドックス的な
ものが出てくるわけであります。

これを打破するには普段「考えていない」領域のものを敢えて引っ張りだし、
考える能力にさらすのであります。

例えばメシを食ってる時や喋ってる時は、舌は非常に器用な動きを
するわけですが、こんなものは考えてやってるわけではないのです。
敢えて舌の動きをメシを食ってる時に「考えて」やってみても、
多分すぐにめんどくさくなって疲れるだけでしょう。

「考える能力」を破棄した方が舌は正確に動いてくれるのであります、
大袈裟に言えば舌がどうのこうのという概念すら無い、つまりお口の中は
世界そのもの
だからこそ、舌は完璧な動きを見せるのであります。
完璧な舌を願うのではなく、最初から完璧だったという事です。

「考える能力」を捨てる事が、自我を幻と見て、やがては自分と思っていた
ものは何処にもおらず、世界であったという真の私に導くのです。

我々はスピ系の知識なんか知らなくても常に世界なのであります。
鼻をほじりたくなればほじるし、ケツが痒いならかく。
そこに指を鼻に突っ込む際のスピードとか、ケツをどれぐらいの力で
かくかとか、「考える能力」はお呼びではありません。

「考える能力」を捨てれば、大袈裟に言えば全てが世界(自分)の現れであります。
車が横から出てくれば、よける。そこに自由意志はありません、車という
刺激が世界から現れ、それに反応し世界がよけるという刺激で答えただけです。

海においては波同士が重なる事も海の働きの現れであり、
さらに大きな波になる事も、海の働きの現れであります。
そこに「考える能力」は存在せず、全てが海であるのと同じ事です。

つまり全ては単なる世界に生じた刺激でしかないのです。
水が上から下へ流れるように、刺激に応じた反応がただあるだけです。
という事は普段「自分だ」と「考えている」事を止めれば
真の私がそこに最初から存在しているというわけです。

そしてそれは知識など無くても、前述したメシを食ってる時や
ケツをかいてる時に、当たり前のように在るのであります。
PR

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 4 5 6 7
8 10 11 12 13
16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]