忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
「セドナメソッド等の解放系メソッドをやり始めてから胸が苦しくなりました。
これが解放できていないモノだと思い、解放を続けていますが、痛みが取れません。
要因は色々考えられますが、どうすれば良いのか」
みたいな内容のメールを頂きました。

私はセドナメソッドとか詳しくないので、これは医者に行ってみましょうの一言で
終わりそうですが、病気では無いと思うとも書かれているので、あくまでスピリチュアルな
感じで言わせて頂くと、痛み=解放されていない と取るのはどうなんでしょうか。

そもそも痛みから解放されないと困る何者かが居るから「解放しなくては」とか
「これは悪いものだ」と感じるわけで、それならば痛みをどうこうするより
痛くて困る何者かに居なくなって頂いた方が早いのであります。

そのためには痛かろうが何だろうが感じる事です。
そして痛みを感じるためには「痛い」と知覚する者がいなくてはなりません。
その知覚する者を探せば良いのです。

しかし、いくら探しても居ないと思います。
痛みとは、流れてくる波を捕まえて、それに痛いとか苦しいとか名前を付けていた
だけなのです。痛みは外部から知覚する者に襲いかかるものではなく、
それ自身も己の一部
です。

彫刻家が木材の塊から余計な部分を削り落として、これは木彫りの馬ですとか
やっているのと同じで、己自身という塊から、これは痛みですと取り出して
痛い、痛いと喚いているのです。

木彫りの馬はいきなり湧いて出てきたのではなく、最初から木材の中に
居るのです。つまり木材と木彫りの馬は別物では無く、木材は馬であり
馬は木材であるという事と似ています。

木材と馬のように己と痛みが分離しなくなった時に、痛みは無くなるのであります。
「痛がらせる」には痛くなる対象が必要だからです。

頂いたメールには、痛みの原因は私の過去にあるのではみたいな事も書かれていましたが、
過去生とか因果応報とか輪廻転生とかカルマ(?)とか全然関係無いと思います。

そもそも己が居なくなる、というか分離が無くなれば過去生とか関係無くなりますね、
過去生って誰の過去やねんて話です。





過去生で思い出しましたが、10年以上前に埼玉の草加市近辺と記憶していますが、
そこにあった占いだか何だかの怪しい店に友達と冷やかし半分で行ったら
私の過去生は天狗と言われた事があります。

天狗って(爆)
PR

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 9 10 11
12 15 17 18
20 21 23 24 25
26 27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]