忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
常に万有引力の法則が働いているように、いわゆる引き寄せの法則と言われるものも
常に働いているものであります。

全て己が引き寄せた(?)ものなのですが、こう書くと高確率で発狂する人が
必ず出てきます。

「私はこんな状況、こんなものを引き寄せたいなんて欠片も思ってない!」という
ものですね。

これはナントカの法則というネーミングセンスの悪さから来ていると思うのですよ、
どうしても「私」が法則を利用するという概念に嵌まってしまいますからね。
しかし万有引力の法則を利用する私というものは居ないのと同じで、
ナントカの法則を利用する私も居ないのです。

というか万有引力の法則が変動したら人類の姿形や建造物とかその他色々が
変わりそうですが、結局、法則を利用というより法則に支配されていると
言うべきでしょう。

つまり引き寄せだか取り寄せだかの法則もこれと同じで、
法則が本体なのですよ。

万有引力の法則をデータや実験で指し示す事は出来ても、それはあくまで
データであって、それそのものを指し示す事は出来ないように、
スピリチュアルな概念も言葉で指し示す事は出来ないですし、
観察や感じる事が出来る、つまり客観的に見れる対象は、それらをいかに神秘的に
感じようが感動しようが、観る者と観られる者という分離を前提にしたものであります。

と言っても強烈なドラッグやセックスによっては前述した本体そのものを
”垣間見る”事は可能なような気もしますが、話がどんどんズレていくので
割愛します。

で、話を戻しますが「こんなもの私は望んでない、引き寄せようなんて
思ってもいない!」という思考や感情、それを感じている「自己」ですら
本体である法則、源泉、すき家の意志、何でも良いですが
本体そのものなのです。

つまり「こんなもの望んでない!」というのはリンゴが落下するのを見て
「リンゴが落ちるなんて許せねえ!」と言っているのに近いのであります。

しかし、万有引力の法則に逆らえないのと同じで、
本体そのものに逆らう事は出来ません、というか逆らおうとする事は
自分で自分を罵倒しているのと全く同じです。

ですから全ての本体である法則とか神とかが投影した「自己」が
主導権を持っているという幻想から離れて、本体として在りなさい、
という事です。

が、しかし。こう書くとやはり発狂する人が出てきます。
「何故こんな汚い容姿の私を投影したのでしょうか!?」とかいう類ですね。

そんな事は知らんモンは知らんであります。
リンゴが何故落ちるのか、というのと同じです。

リンゴがまっすぐ落ちようが、大リーグボールのように落ちようが
そんな事は知らないのです。
それに意味を持たせて何故だとか、こうあるべきだとか喚くのがおかしいのです。

突き詰めていけばリンゴが落ちるという事すら幻想なんですよ。
全ては幻想を真実だと思い込んだときから終わりの無い夢に迷い込んだのであります。
ならば汚い容姿だの何だのという幻想を終わらせれば良いではありませんか、
そのためには”本体”に在れば良いのです。
PR

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 9 10 11
12 15 17 18
20 21 23 24 25
26 27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]