忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
突然ですがクイズの時間です。
下の図で?に来る図形は何でしょうか。

〇 △ 〇 △ ?



多分、殆どの人が瞬間的に〇じゃないかと思ったはずです。

で、その理由としては「パッと見て法則性があるから」とか「似たようなクイズは
よくあるから」とか「〇と△しか無いから」とか色々とあると思いますが、
「ある法則に基づいて並んでいます」とかは書いていないのに、答えは〇ではなかろうかと
思ってしまうという事は、並んでいる図形に一定の法則を勝手に見出していると
いう事であります。

つまり「クイズです」という言葉と、並んでいる図形という刺激に対しての
反応に過ぎないという事です。

ですから「何故、答えが〇と思ったのですか」という質問に対して、
「法則性が見て取れるから」というのは、
刺激に対しての反応を「こんな感じ」と言っているだけで、
本質的なものを一切示していないという事ですね。

十万石まんじゅうを食って「どんな饅頭でしたか?」に対し「うまい、うますぎる!」とか
言った所で、それは十万石まんじゅうを示してはいないのと同じです。
十万石まんじゅうを食ったという刺激に対しての反応(うまい)を説明しているだけです。
(おまえ埼玉県民だろ!というのはバレる)

しかし、冒頭の〇と△の並びを見た瞬間に、説明は出来ないが”何か”は感じたはずです(多分)
その何かに対しての反応は「このようなものでした」と説明は出来ます、
しかし”何か”そのものは決して説明出来ない。これが思考が止まった瞬間に近いです。

その後の「こんな反応でしたという説明」は思考で行っているわけですが、
それは全部後付けであって、あってもなくてもどうでも良いものですよね。

語弊がある言い方ですが、本来の「答え」は最初から知っているんですよ。
しかし「刺激に対しての反応の説明」、つまり思考が働いている時の方が通常だと
思っている
ので、なかなか本来の”何か”に辿り着けないようになっているのですね。

前述の「”何か”そのものは決して説明出来ない。これが思考が止まった瞬間に近いです。」
思考による後付けですから本質的なものではありません。

「だったら堂々巡りやんけ!」と思うかもしれませんが、これもその通りで
思考を用いようとすると、絶対に堂々巡りになるようになっているんですよ。

カッコつけて言うなら、これは自分のまつげみたいなもので
目の前にあるのに見ようとして目を見開くと、見えないんですね。
PR

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 4 5 6 7
8 10 11 12 13
16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]