忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
「スピリチュアルの知識が多くの人に広まると現在の支配者層・権力者にとって
不都合なので、国家はスピリチュアルを警戒しているのではないか」
という
陰謀論全開のメールを頂きました、ありがとうございます。

これ、結構似たようなことを言う人って意外と多いですよね。
数ヶ月前にも「世界中がスピリチュアルに目覚めれば真の世界平和が来るので、
是非奥様と御一緒に私たちの団体に参加してください」
というメールを頂いた事もあります。

残念ながらウチの顔も性格も悪い奥様は、女性にしては珍しくスピ系とか嫌いな人なんで、
嫁さんに「一緒にスピリチュアル団体に入って世界平和を目指そう」とか言ったら
世界平和の前に私の個人的な平和が脅かされるんですけど。

まあ権力者ガーとか世界平和ガーとかは置いといて、
スピ系の知識だ何だって何処にあるのかって話ですよ。

「知識を見せてみろ」って言われても、絶対に見せられないんですよ。
個人の心の中にしか無いですから。

偉い坊さんが弟子に「おまえの心を見せてみよ」とか言って、
弟子が「師匠、どんなに探してもお見せ出来ません!」て答えると
「では、おまえの悩みなど無いのだ」みたいな事を言ったって話を聞いた事あるんですけど、
結局、ストーリーの中で生きている(と感じている演技)だけなんですよ。
つまり、夢を見ている事に気付いていないんですね。

今回の記事を見て、「そうか、全ては夢だったのか」という知識も、
その知識を元に色々なストーリーが展開しますよね。

つまり、個人の内面の空間(?)にしか存在しないものを実在だと感じるから、
そこから映画の登場人物と自己の同一化が始まるわけですね。

なので逆説的に言えば映画の内容は常に正しい、と言えます。
「国家がスピ系を弾圧しようとしている!」も「スピ系で世界平和実現!」も
その映画の登場人物と同一化している状態なら、正しいのであります。

当ブログは「世界を影で操るすき家の陰謀は存在する」と主張して参りましたが、
それも正しいのです。

しかし映画を観ることに疲れたなら、同一化をやめる事です。
同一化のきっかけになる思考や感情は、勝手に流れている川と同じです。
激流の時に飛び込んでみれば、苦難の連続に感じるでしょうし、
穏やかな時に入ってみれば何か明るい気分だわ、となるでしょう。

苦難の連続と感じようが、明るい気分になろうが、その事自体はどうでも良い事です。
自己とは波ではなく、海である事を知りましょう。
PR

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 4 5 6 7
8 10 11 12 13
16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]