忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
「顔も性格も悪い奥様とはいつ頃知り合ったのですか?」というメールを頂いたので
強引にスピ系の話と絡めてお教えします。

今から8~9年ぐらい前に韓国ドラマが流行りだした時期があったと思うんですが
(チャングムの誓いとか)丁度その頃が嫁さんと知り合った時期なんですよ。

あの頃は私が30歳になるかならないかぐらいで、
嫁さんが大学出たばっかぐらいだったと記憶していますが、
当時の嫁さんは顔も性格も悪い韓流大好きお姉さんでした。

しかし月日は流れ、韓国が仏像返さないだの慰安婦像を設置しただので
すっかり嫁さんの韓流好きは薄れてしまい、今では韓国を毛嫌いする
顔も性格も悪いネトウヨオバハンになってしまいました。

人間の考えなんてたった数年で大きく変わるのも珍しくありません。
しかし問題は数年前は韓国大好きだった自分と、今ではネトウヨになった自分が
同一人物であると捉える感覚であります。

大体、過去を振り返ると誰もがああすれば良かったとかこうすれば良かったとか
思いがちですが、今と全く考えも感じ方も違う自分と現在を同一視し、
過去に捉われる事自体が今を生きていません。

自分だと感じているものは全て記憶の蓄積に過ぎません。
であるならば、いつまでも過去の自分の為に生きていてもしょうがないので
過去は過去で全く別人の記録として、それはそれで認めて終わりで良いと思います。

過去の自分の為にどうこうするのではなく、過去の自分は供養して成仏させるものです。

多くの人が過去の自分に生きてしまっています。
過去にこうだったから今はこうしなくてはならない、的なものを追い続けていますが
これは今在る為に過去を必要としてしまっています。これは過去という亡霊が
成仏していません。

何故、全くの別人(過去)をわざわざ引っ張り出してくるのか、これはおかしな行為です。
これから買い物行くのに近所に住んでるオッサンの動向を気にするようなものです。
オッサンが家に居れば買い物に行く、居なければ行かない、って
明らかに妙な言動ですが、これと全く同じ事をしているのと同じです。

結局の所、突き詰めていけば記憶の集合でしかない自分という感覚に
縛られる事がおかしいのであります。

自分という感覚は亡霊のようなものです、亡霊は本来存在しないのに存在していると
アピールしてきます。その亡霊は過去の自分という感覚と、今の自分という感覚を
同一視する事で初めて実体化します。ならば同一視を止めれば亡霊は消えます。

こうして、自分は成仏するのであります。















ちなみに何故、嫁さんと付き合いだしたかというと
顔も性格も悪いがオッパイは大きかったからです、それだけです。
PR

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 9 10 11
12 15 17 18
20 21 23 24 25
26 27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]