忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
「結婚も出来たし、子供も産まれた。仕事もそれなりに上手く行っているのに
何故かいつも不安に苛まれていて、どうすれば良いのかわからない」
というメールを
頂きました、ありがとうございます。

この方は「望んだ事は殆ど実現しました」って仰ってるんですよ。
しかしそれでも不安に苛まれるとはこれ如何に。

似たようなケースが身近にいるんですけど、たまにブログで晒し者になってもらっている
私の悪友のブラック企業経営者である仮面ライダーBLACKも、
知り合った時は漫画に出てくるような貧乏な家のガキだったので、
しょっちゅうカネカネ言ってたんですよ。

で、高校卒業してから奴はバイク好きだったんでバイク屋で働き出して、
いきなり「俺は起業するで!」とか言い出して、バイクの部品だの何だのを扱う
よくわからん会社を興して現在に至るわけですが、まあ結果だけ見れば奴は
それなりの金持ちにはなったわけです。つまり奴がガキの頃の願望は叶ったわけですね。

しかしながら奴は今だにカネカネ言ってる時もあるわけで、
若い頃は「生活に困らないだけのカネが欲しい」とか言ってて
今では生活に困るどころかそこそこの贅沢も出来る小金持ちになったのに、
結局延々とカネカネ言っています。

つまりこれは奴が「そういうキャラとしてのプログラミングだった」という事であります。
スマホゲーでスーパーマリオランてのがありますけど、あれってマリオは延々と
自動で走り続けるようになっていますよね。

何故マリオは走るのかって、そういうプログラムだからって事と同じで、
奴も預金通帳の金額が多かろうが少なかろうが、カネカネ言うプログラムだった、
て事ですね。

ここで重要なのは、そういったプログラムであった、と分かるという事は
色々なものに振り回されていた自由意志を持つ自己という幻想から脱出できると
いう事であります。

走り続けるマリオが自己だと思っていれば、障害物に阻まれれると不快に感じますが、
そういうゲームだからと分かれば別に不快ではありません。
というか快とか不快とかいう概念も無くなります。

自己は居なくなるのですが、走り続ける自己だと思っていたものは
やはり走り続ける
のであります。しかしもはやそれは自己では無く、
映画のスクリーンに投影された画像と同じです。









余談ですけどBLACKのようにガキの頃は貧乏で、その後成り上がったようなタイプは
ほぼ例外無く「競争最高や!努力最高や!」の新自由主義者になりますよね。

私は新自由主義自体あまり好きでは無いですし、努力なんて汗臭いダサいものは
まっぴらゴメンというタイプですが、これだけ真逆な者同士で付き合いが続いているのも
面白いものですね。
PR

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 4 5 6 7
8 10 11 12 13
16 17 18 19 21
24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]