忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
「自由意志が無いという事は、我々は
ゲームのキャラの如く大きな何かに操られて
いるのザマスか、何だかとっても恐ろしい
ザマスわ」
という何故かザマス調で話す
メールを頂きました、ありがとうザマス。

これはあんまり例えが良くないかも
しれないですが、例えばバンザイすると
当たり前ですが肩も手首も一緒に
挙がりますよね。

自分が手首だとすると、挙がりたくないとか
下がりたくねえとか色々考えると思いますが、
一度"肩関節と繋がっている"事がわかれば
挙がるか下がるかは肩関節次第なので、
その時点で手首の自我(?)は消滅します。

手首と肩は同じパーツとして一体と
なったのであります。

で、こうなると"肩関節が手首を操っている"
という表現はあまり適切では無いと何となく
感じると思います。

そもそも手首も肩も腕を構成する一部であって、
どっちがどっちを操っているとか
支配しているとかは感じませんよね。

つまり自由意志うんたらかんたら我々は
操られているザマスわ!というのも
それと同じで、操られているという認識が
少々おかしいザマス。

見方を変えれば肩が挙がるから手首も
挙がるでは無く、手首が挙がるから肩も
挙がっているとも言えます。

つまり個は全体であり全体は個であるわけです。
どちらが操っているわけでもありません。

しかし我々は普段どうしても手首側からしか
見えていませんし、感じていません。
それだと片手落ちになってしまいます。
スピリチュアル系でよく個人ではなく
全体の為に祈りましょうとか、自他共栄を
願いましょうとか言われるのはこの為です。

そして手首も肩も腕という物の構成要素であると
わかった時、全てが腕という概念に統一されて
手首も肩も消えるのであります。

スピリチュアルぽく言えば"自我の消滅"
いう事になるザマス。
PR

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 4 6 7 8
9 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]