忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
私は幼稚園か小学校一年の頃に子供向けの
オカルト本で初めてノストラダムスの大予言
知ったんですけど「1999年人類は滅びる!」
という内容に幼い私は衝撃を受け、
「なんてこった、こりゃあクックロビン
音頭なんてやってる場合じゃないやんけ!」
と絶望しておりました。

その後も厨房の頃にはマガジンのMMRとかで
やはりノストラダムス特集をやったりして 
私の世代だとノストラダムスの大予言て
特別な響きを持っていると思います。

で、今回の話の要点はノストラダムスじゃなくて
これが仮に「2999年人類は滅びる!」だったら
「なーんだそんな先の事どうでもエエわ」
スルーしてたと思うんですよ。

つまりすごい先の事考えると「もうその頃は
死んどるやんけ」と自我が判断するので
一時的に自我が消滅するのに近い感じに
なるんですよ。

そうするとあら不思議、悩みも何もかも 
消えてしまうんですね。
まあこれは当たり前で自我が認識不能と
判断するとそこから先は"無い"ことに
なりますから悩みもクソもありません。

これを逆に言えば、悩みだ願いだというのも、
結局は自我の判断から生まれる幻に近いと
いうことであります。

1999年に人類は滅びる!に対して、
どうしようこうしようと思い悩み潜在意識やとか
神に祈るんやとか色々やるかもしれませんが、
これが2999年人類は滅びる!だと
( ´_ゝ`)フーンとなるのは"消滅"しているで
あろうと自我が勝手に判断するからです。

なので常に自我に惑わされるぐらいなら
数秒後に自分は死ぬと思ってるぐらいで
ちょうど良いと思います。

数秒後に死ぬなら過去の後悔も未来の不安も
色々感じようがありませんし、無理やり
今に集中しようとかも必要ありません、
今と一体にならざるを得なくなるからです。

これは有名なトリックアートのルビンの
ツボ
で言えば、顔とツボを同時に
認識するようなものです。

こうしてあなたはルビンのツボで言えば、
向かい合っている顔(生)でも真ん中の
ツボ(死)でもなくルビンのツボが
描かれている"場"そのものになりました。

場は普段は見えませんが、何かを書けば
場があるとわかります。というか何かしら
無いと絵は書けないですから。

つまり生きているわけでも死んでいるわけでも
無く、何かを思ったり見たり観察したり
しているものでも無い、純粋な土台です。
PR

カレンダー

04 2019/05 06
S M T W T F S
2 3 4
5 6 7 9 10 11
12 14 15 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]