忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
相変わらず娘がチョー可愛くて何時間見てても
飽きないので、最近はネットも大して
見なくなったのですが、昨日久々に
ニュースサイトを廻っていたら国会議員のK氏
自衛官に「国民の敵」呼ばわりされた
そうじゃありませんか。

近所に住んでる共産党大好きのジイ様は
この件で自衛官にブチ切れていました、
元々自衛隊自体好きじゃないしなあの人。

何をどう感じるかっていうのは人によって
殆ど決まっているので、カレーが好きだと
言ってる人に「おまえの好みは間違っている!」
とか吠えてもしょうがないんですよ。
しかし何故か政治思想とかに関する事だと
色々と許せないと感じるのは、食い物の
好き嫌いからは自由になっているけど、
思想は自分のものだと感じるので、
なかなかそこから自由になれないと
いう事なんですね。

何かから自由になるって実は簡単なんですよ、
要は自己同一化してるかしてないかだけの
問題ですから。

スピリチュアルで"許す"という表現が
使われる事が多いですが、要は事実は事実として
在るが、自己に関連する事実として捉え、
それと自己同一化して苦しむ必要は無いと
いう事であります。










まあ私はこのニュースを見て反射的に
「別に間違ってないやんけ」
思ったんですけど。
PR
「意識しか無い的な事はわかりましたが
相変わらず私の意識にはムカつくニュースしか
入ってこないし、どうすれば良いでしょうか」

というメールを頂きました、
ありがとうございます。

これは重要なポイントがあります、
それはこの方が「私の意識」と言っている事で
あります。

意識とは何ぞやと言うとなかなか説明は
難しいですが、意識とは気付かれるもので
あります。
オンラインゲームとかにログインすると
「ログインしました」と出る瞬間がサーバーが
"気付いた"瞬間ですが、あれと同じです。

なので「私とは意識である」は微妙に違って、
正確には意識に気付いているもの、であります。

だから何、と言われそうですが
これは意識に気付いて、その意識上の
物語から解放されるという事です。

前も書きましたが男性は女性である事から
解放されていますし、女性は男性である事から
解放されています。


それと同じで、意識から解放されるという事は
意識上で展開されている物語は消滅すると
いう事であります。

それは悩みの解消かもしれないし願望の実現かも
しれないし、あるいは気付いたら何事も
解決していたみたいになるかもしれませんが、
いずれにせよ全ての問題は意識上に
展開されるのですから、意識から解放される事が
肝要であります。
メールで教えて頂いたのですが、簡単に脳波が
シータ波
とかいうのになって、高い瞑想効果を
発揮するgenilaxというアプリがあるみたいなんですよ。
早速ダウンロードして試してみました。

イヤホン付けて聴いてみると、ヴーともボーとも
つかない妙な音が微妙に左右別々に出ていて、
音に集中すると意識が明晰でありながら
かなりリラックスするというか、確かに
深い瞑想状態に入りそうだと感じました。

genilaxで彼女も出来た!人生が変わった!
言いたい所ですが、瞑想状態っていうのは
あくまで状態なんですよ。

ドラクエで通常の状態から どく とか まひ
なるのと同じで、本質的なモノは
何一つ変わらないのであります。

ですから至高体験をしましたとかいう人が
いつまでもその状態に拘るのは、結局同じ所を
グルグル回っているのと同じです。
初恋の美しい思い出にいつまでも
とらわれている感じでしょうか。

しかしどのような状態でもその裏には
ドラクエのプログラムがあるのだ、と
知るには、やはり状態変化をしないと
わからないので、毒とか麻痺とか
痛かったり苦しかったりする状態変化ではなく、
深い瞑想という心地良い状態変化に入りやすい
このアプリは、やはりお勧めであります。
年度末だったのとイクメンやってたのが
重なって、一週間ぐらい前にやってた
財務省の佐川さんの証人喚問を見るヒマが
無かったのですが、昨日やっと一通り
見る事が出来ました。

感想としては、黙秘権がある佐川さんに対して
正面から無意味な突撃を繰り返す野党の皆さんが
ヘタクソ過ぎて、これは時間の無駄でしたね。
昭恵夫人を出せとかの前に、もう少し上手い
やり方があったと思うのですが。

それに仮に昭恵夫人が出て来ても
大して意味無いでしょう。

というかあのオバハンは何かスピリチュアルとか
好きそう
なんで、証人喚問で夫は宇宙の意識から
政権運営のコツを聞いているとか、
高次元存在が首相官邸を訪ねて来たとか、 
最近は知らんモンは知らんというブログを
愛読していますとか言い出して、
証人喚問そのものを破壊してしまう危険性が
あると思います。

ヘタすると私が証人喚問に引っ張り出され
そうなんで勘弁してほしいです。
「全てが勝手に起こるのであれば、やはり
成り行き任せという事にしかならないのでは
なかろうか」
という内容のメールを頂く事が
多いですが、任せた方が何だかんだで
上手く行きます。

例えばサーフィンなんかは完全に波の動きは
成り行き任せですが、無理矢理波を
押さえ込もうとかすると思いきりズッコケます。
上手い人のパフォーマンスは、波に文句を
言わずにただ板に乗っているだけです。

波は操るものではなく、乗る為のもので
あります。それと同じで人生と感じるものも、
ただ単に乗るものです。

しかしながら何故これだけ人生に文句を
つける人が多いかというと、
サーフィンに行って、波は操れないものですと
言われるとすんなり納得するのですが、
何故か人生は操れると感じてしまうからです。  

「波は操れませんよ」だと、そりゃそうだろ
俺は波じゃねーし、で終わりなのですが
「人生は操れない」だと何故かそれは
困りますとか言い出してしまう。

でも上手いサーファーで波が操れなくて
困っている人が居るかって事です、
波が操れないのに優れたパフォーマンスを
見せる事が出来るのは、ただ単に波に
乗っているからであります。

それと同じで人生が操れなくて困る人って
居ないんですよ、困ると感じる人が居るだけ
です。

そして人生に乗るのはサーフィンで波に乗るより
ずっと簡単です。板に乗る必要も無く、
全て受け入れるだけですから。

サーフィン行って波と一緒にゴミやタコが
流れて来ても、ゴミだねタコだねで
終わりです。困ったねとはなりません。

それと同じで流れて行くものに気付き続ければ、
実は肉体の感覚ですら、ただ単に波に紛れた
ゴミの如く、流れていただけのものである事に
気付きます。肉体の感覚が単なる流れの一つなら
それに伴う"人生経験"も、やはり流れて行く
一つの物に過ぎないという事であります。

という事は今まで後生大事にしてきた
自己というものは何処にあったのか?
実はそんなもの存在せず、
サーフボードには最初から誰も乗って
いなかったのです。

カレンダー

03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 6 7
8 9 11 12 13 14
15 16 17 19 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]