忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
「抵抗があるから叶わないのである」とか、スピ系の実現本やサイトにはそういった
わかったようなわからないような事が度々書いてありますが、
これは世界を湧き出させている源泉掛け流しにすべて委ねろよ、という事です(多分)
もうちょい正確に言うと最初から委ねている、あるいは委ねざるを得ないっつー事
気付くという事です。 

現実世界においても、既に読者の皆さんはその源泉掛け流しの力を受けています。
それは、読者の皆さんの姿形がとりあえず人間の形をしているということです。
これは絶対に坑がうことが出来ないものです。

人間の形である以上、歩いたり走ったり何かを掴んだりメシを食ったりという「動作」は
絶対に制限されてしまいます。人間である以上は、人間でいう肩がある位置から
メシを体内に入れたりは出来ないのであります(俺は出来るよ、という人は至急メールください

わかりづらかったかもしれませんが、「抵抗」とは上記のように源泉掛け流しから与えられた
「人間フォルム」に坑がっている状態です。

源泉掛け流しから願望が浮かぶと、やはり掛け流しが最も適したものを与えてくれます。
例えばケツが痒いのでケツを掻こうと思えば手で掻くはずですが、これは「人間フォルム」にとって
ケツを掻くのに最も適したものが「手で掻く」事なので、手を自然と使っているわけです。

ここで足を使ってケツを掻こうとしているのが「抵抗」している状態であります。
願望が浮かんだら、「どうすれば良いのか、ナントカメソッドを毎朝やらなければならないのか」とか
色々考えているのと同じ状態です。

源泉掛け流しから何だか知らないけど「人間フォルム」が湧き出てきて、それに伴って
そのフォルムに最適な世界が湧き出ているわけですから、どうあがいたって源泉掛け流しが
創り出した世界に抵抗したって無駄
なんですよ。

願望が源泉から湧いてきたら、放っておけば良いのです。
ケツが痒いから掻きたいという「願望」が湧いてきたら何も考えずに「手で掻く」という最適な方法が
勝手に湧いてくるのは、先程の話で証明されました。ですから結局、どんな大胆な願望でも
湧いてきたら後はもう足で掻こうとかしないで「抵抗をやめる、受け入れる、委ねる」事です。

逆に言えば、源泉掛け流しから湧いてきた「人間フォルム」と「人間フォルムに適した世界」を
受け入れている以上、結局はその範囲内の願望しか湧いてこないんですよ。
つまり、願望は可能だとか不可能だとか以前に、実現可能なものしか出てこれません。

「こっちの足でバットを持って、こっちの足でボールを蹴って、こっちの足でスケートを履いて、
こっちの足は水虫になる」とかの願望は湧いてきません。何故なら人間フォルムである以上、
足は四本も無いんだという事を抵抗せずに受け入れているからです。

受け入れているからこそ、最も適した願望が浮かんだらそれを抵抗せずに源泉掛け流しに
委ねてしまえば良いのです。そもそも「人間フォルム」と「人間フォルムに適した世界」を
すんなりと受け入れているのだから、それに準じた願望が湧いてきたら変に色々考えて
抵抗する方がおかしい
のであります。

あまりにも当たり前過ぎて気が付かないだけで、源泉掛け流しの力は重力が物体を
支配しているのと同じように、常に働いていたのであります。



追記・アクセス数が一日800ヒットを超えるまでになりました。
多くの方に読んでいただいていると思うとそのプレッシャーで毎日押しつぶされそうです。



なわけないだろ
PR

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 6 7 9
10 11 12 14 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]