忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
メールで様々な不安を訴えてくる方も結構いますが、
対症療法的に何やかんや言っても結局根本的な解決には
なかなか結び付かないようであります。

私はメールに返事を書くときは普段ものぐさな分、
かなり気合を入れて細かく書きます(多分)
そうしないと何か申し訳ないような気がしてしまうからです。
それが却って対症療法的な感じになってしまうようであります、
改めて自分の性格の良さを恨みます(?)

話を戻しますが、不安というものは結局関連付けるから不安になるのであって、
だったら関連付け無ければ良いのです。

無意識に自我は様々な事を関連付けています。
それは腹が減ったのでメシを食うといった事から、
明日までにいくら用意しないと大変な事になるといった
深刻なものまで様々です。

これらを止めれば良いのであります。実に簡単な話です。

で、ここでループするパターンが「では空腹でも仙人のように死なないのか」
なる事です。

ただ単に腹が減ったらメシを食うという関連付けを止めてみよう、というだけなのに
何故か「空腹でも仙人のようにどうのこうの」は新たなる関連付けです。
というより話飛びすぎです。

シンプルに言うと「ただ起きた事を観る」 まさに最近話題に出た瞑想であります。
瞑想しながら活動しているのか、はたまた活動が瞑想なのか、
まさに瞑想と活動はルビンの壺の如く表裏一体であります。

不安の全てが、何処にもいない自分を気遣う事から生じます。
何処にもいないのですから、いくら気遣ったって何もくれません。
新たな不安が出てくるだけです。

不安や絶望は様々なものに関連付ければいくらでも出てきます。
「何故、毎日祈ってるのに良いことが起きないのか?」
「何故、毎日愛を送ってるのに何も起きないのか?」

関連付けているからそのように不安になるのです。
大体愛を送るって何処に送ってるんですか、X星人とかガミラスとか
バッフ・クランとかに受信されて宣戦布告と勘違いされると困るのでやめてください。

極端な表現ですが、苦しみや痛みを見て喜び、愛や祈りを見て馬鹿にする事が
受け入れられないのは分離であります。
これらの表現が受け入れ難いと感じるのは、
存在しない「私」に気遣いしているからです。

分離が関連付けを生み、そしてまた新たな関連付けを生み出します。
その関連付けから生じた不安や絶望を一時的に癒すために、
愛だの神だの口当たりの良い言葉をまたも関連付けるのであります。
これはまさに悲しい一人相撲です。

という事はどうすれば良いのでしょうか?
答えは既に出ています、存在もしない「私」への気遣いを止める事です。
存在もしないものに気を使うのではなく、前から在った本当の自分に
気付いてあげるのが、クサイ言い方をすれば真実の愛であります。
PR

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 6 7 9
10 11 12 14 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]