忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
最近どうでもよい話しか書いてないので、たまにはメソッド的な事も書きましょう。
「受け入れる」についてであります。

まず抑圧された感情というものは必ずどこかに溜まっていきます。

簡単な例では肩が凝ったとか腰が痛いとかも筋肉が萎縮しているわけですから、
抑圧されたものと言えます、そしてその抑圧は紛れも無く自分自身が
行なっている
ものです。

「そんな事はしていない」と言うかもしれませんが、肩を緊張させたりする事が
出来るのは自分だけですから、やはり自分がやっているのです。
普段は緊張に気付けないなら、いわゆる潜在意識の仕業かもしれません。

顕在意識にせよ潜在意識にせよ、とにかく自分が緊張している(させている)わけです。
なのでまずは、その事を認める事が肝要です。

で、認めたら次はどうするか。
「この緊張を消そう!」ではダメです、緊張させているのは自分なのですから、
自分が行なっている緊張を打ち消すという行為は、さらなる緊張を生み出します。

結果として自分の中で戦争が起きてしまいます。

それとは逆に、緊張させている(緊張したい)のだからもっと緊張させてやれば
良いのです。

リラックスには限界はありませんが、緊張には限界があります。
風船をどこまでも膨らませることが出来ないように、緊張しまくればいつかは破裂します。

つまり緊張が持続できないほど緊張させてやればよろしい、
結果として肩凝りが軽くなるかもしれないですし、スピ系な話に戻せば
抑圧された感情に気付けるかもしれません。

いきなり泣きたくなるかもしれないですし、怒りたくなるかもしれません。
それが抑圧されたものですから、思いきり泣けば良いし、怒って良いです。
「世の中間違ってる!」とか叫んでも良いと思います。

抑圧された感情や、それに伴う緊張を解放した事で、自作自演の戦争は
終わるのであります。

少し話がごっちゃになりますが、筋肉の緊張以外にも、心理的な緊張にも
上記の方法は使えます。スピ系でよく言われる「受け入れる」っつー奴です。
受け入れるだけだと単に緊張や不快感を生じるだけですが、さらに受け入れて
どんどん緊張と不快感を増していくと良いです。

風船が破裂するまで緊張させまくるのです。本来風船の中にある空気と、
外にある空気は同じものですが、風船が破裂するまで同じである事には気付けません。
真の解放のためには風船を破裂させる必要があるのです。

ちょっと不快感を感じたから「受け入れます」とか「愛を送ります」なんて
口先で唱えるのは、それこそ単なる念仏に過ぎません。
ちょっとどころかたんまりと不快感を感じる必要があります、
何故ならその不快感は風船の中に入った空気だからです。

風船の中に空気が入りっぱなしだと、どんどん淀んできます。
そうなる前に、つまり感情を抑圧する前に、風船を破裂させて内も外も無い状態に
する必要があるのです。



余談ですがスピ系にハマる人ほど却って抑圧させている事が多いです。
「こんな素晴らしい教え(?)みたいのを実践しているのだから全てに優しく接して
どうのこうの」とか「なんかすごい事に気付いたっぽいからもう少しカッコつけて
みようかな」とか、スピ系の知識みたいのが抑圧の元になっている事が多いように
感じます。

まあ一番ひどいのは「ただのボンボンのくせにエラソーに能書き垂れてるオッサン」
でしょうけど、それが誰なのかは言わない約束です。
PR

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5 6
7 9 11 12 13
14 16 17 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]