忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
内容的には昨日の続きっぽくなりますが、そもそも何で常に不安や苦しみを
抱えている人が多いかというと、経験者という立場にいるからであります。

経験者という立場にいる以上は、様々なものからボコボコにされることは避けられません。
少しややこしいですが例えば犬に吠えられたら、「吠えられた」という経験に基づいて
経験者は快や不快を感じるわけで、その快や不快に基づき様々な行動を起こします。

ぶっちゃけて言えば「自由意志が無い」事を実感出来ないのも、この「経験者」が
妨害しているのです。
経験に基づいて動いているのだからこれはアタクシの意志だ、と思うわけですね。

「経験」は「経験者」を常にフルボッコにするのであります。
あるメソッドをやっても効果があったり無かったり、自由意志が無いと聞いて不安になったり
喜んだり、わしゃもう疲れた、となるわけです。

しかししかし、今度はその「もう疲れた」を経験者として捉えると、今度は「疲れないように」
新たな終わりなき旅へ出てしまいます。

前述した「経験は、常に経験者をボコボコにする」とはこういった事です。
しかしながら「経験と、それを経験している私」は感覚としては余りにも当然過ぎる感があり、
この分離に気付くのは意外と困難です。

ですが、考えてみれば経験とは経験者が居て初めて経験となります。
つまり経験を評価し、経験者という自我が生まれるのであります。

しかし自我は幻であります。とすると今まで見たり聞いたり感じたりした事は
全て「単なる現象」であり、それを批評する経験者は居ないのですから
全てを「受け入れてしまう」"状態"が実はデフォルトなのです。

そしてそれら受け入れたものを経験する者が居ないのですから、
結局あらゆるものは全て自分だったのであります。

で、話がいきなり下ネタになりますが、これはぶっちゃけヤッてる時と同じです。
アダルトビデオを集中して見たり、ヤッてる時は、何処にも経験者は居ません。
あるのは快楽と至福だけです。ダイレクトに「経験」は存在しますが経験者は居ません。

創聖のアクエリオンでも合体すると気持ち良いとか一万年と二千年前から愛してるとか
言ってたじゃないですか。様々なものを分離してきた経験者が居なくなった今、
一万年と二千年前にヤッてた経験はイコール自分ではないのでしょうか。
八千年過ぎた頃にヤッてたのも自分ではないのでしょうか。
一切の経験者が居なくなり、実は生きてもいないし死んでもいない永遠こそが
自分ではないのでしょうか。



下ネタからどんどん話のスケールが大きくなりましたが、話が膨らみ過ぎるのもアレなので、
とりあえず合体最高という事で今回は終わりです。
PR

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
3 4 5 6 8
9 10 11 12 14 15
16 17 18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]