忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
以前の記事でも「起きてる時と夢を見てる時と熟睡してる時は同じ」みたいな事を
書きましたが、最も真実(?)に近いのは熟睡してる時です。

熟睡してる時は、自我も思考もクソもありません。
これこそ本来の状態に極めて近いのですが、何故か我々は起きている時が
本体みたいに感じてしまうのであります。

なのでこの概念が引っくり返ればそれでOKというアバウトな話に
なってしまうのですが、 よく考えればスピ系で言われる「手放せ」なんて
夢から覚める度に誰もが行ってるはずなんですよ、なので「手放し状態」
本来なら当たり前なのであります。

去年ぐらいに見た夢で強烈に記憶に残ってるのが、
何故か私が夢の中で豹の顔をしたグインサーガみたいなオッサンと
京浜東北線に乗り、わけのわからない国に行ってマシンガンでドンパチやるという
ファンキーな夢だったのですが、そこで(夢の中で)攻撃してきた少年兵みたいな
子供に対し、豹のオッサンが反撃を指示したので私が撃ち殺したわけですが、
何故か豹のオッサンが「オマエ、やり過ぎだろ!!」といきなりキレて、
私が何か言い返した所で目が覚めたのであります。

目が覚めれば夢の中で撃ち合いしてた緊張感も無く、子供を撃ち殺した罪悪感も無く、
何事も無かったかのように起きますよね。

つまり「手放す」なんて殆どデフォルトに行えるはずなんです(でも理不尽にキレた
豹のオッサンには今も少しムカついてる)これはやはり「経験者」である私は存在しない、
という事に気付くしかありません。

実際マシンガンで戦ってた「私」は何処にも居ないわけです。
なので居ないはずの「私」が経験したり記憶したり感じたりした事は全て幻です。
起きてようが夢を見てようが同じです。

何故なら夢から覚めると夢の中の出来事を全て手放すのと同じで、
眠りに入る時は起きてる時の出来事を全て手放すからです。

全てはスクリーンに写し出された映画のようなものです。
いつでも熟睡という状態に入る事で映写機側に回れるのです、
それは誰もが意識せずにいつも行っている本来の状態なのです。
その常に在る本来の状態に戻れば良いのです。







余談ですが今回の記事を書いている途中にゲームクリエイターの
飯野賢治さんの訃報を知りました。

正直言って私は飯野さんの作ったゲームは、飯野さんがゲーム雑誌に
出てきた当時から大して面白いとは思いませんでしたが、
学生時代に友人と「エネミーゼロ」を攻略したのは良い思い出です。

ご冥福をお祈り致します
PR

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 9 10 11
12 15 17 18
20 21 23 24 25
26 27 28 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]