忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
前も書きましたが、起きている時、夢を見ている時、熟睡している時は全て同じです。
そして熟睡している時が最も真理に近いのであります。

何の悩みも問題も無く、幸せであり、そしてその幸せを楽しむ者も居ません。
つまり幸せそのものが本質なのであります。

起きている時と、夢を見ている時と、熟睡している時を構成しているものが
スピ系では「意識」とか「神」とか「すき家の意志」とか言われているもので、
それらは常にあなたが生まれる前から在り、そして死後も在り続けます。

生まれる前とか死後とか言うとまた混乱するかもしれないので、
「寝る前」と「寝た後」にするとわかりやすいと思います(?)
寝る前のあなたと、寝た後(熟睡してる時)のあなたは同じですよね。

「でも朝起きると私は色々な問題を抱えています、どうしたら良いのでしょう」と
なるかもしれませんが、「朝起きると問題を抱えている」なら寝ている時は問題を
抱えていないわけですよね。起きている(寝る前)時のあなたが問題を抱え、
寝た後(熟睡している)のあなたが問題を抱えていないというのは妙な話です。

どちらも同じなのに起きている時だけ問題があるなら、じゃあ起きなきゃ良いのであります。
つまり熟睡している時と同じ意識(?)になれば良いのです。
「なれば良い」っつーと語弊がありますが、この意識は前述したように常に在るものなので、
結局は常に在るものに戻れば良いのであります。

この「戻る」ためにスピ系では屁理屈と能書きが使われるわけです。

自由意志は無いとか、あなたは生まれても死んでもいないとか、
あなたは幸せそのものであるとか、今に在り続けるとか、
過去にも未来にもとらわれない生き方とか、
今ここに死と不死を見るとか、エイブラハムとプリマハムは何の関係があるのかとか、
ああでもないこうでもないと始まるわけです。

つまり「何々は、何々である」という屁理屈みたいのを聞いたら
その前に「熟睡している時は」を付ければ何となく感覚的にわかる事が多いのであります。

「熟睡している時は」自由意志は無い、「熟睡している時は」生まれても死んでもいない、
「熟睡している時は」幸せそのものである、「熟睡している時は」今に在り続けている、
「熟睡している時は」世界が自分である、「熟睡している時は」願望が叶っても叶わなくても
幸せ、とか何となくそれっぽくなりますよね(?)

全ての答えは熟睡しながら起きていれば良いという非常にシンプルかつ簡単な話なのです。
「そんな笑いながら怒る竹中直人みたいな事は出来ません」と思うかもしれませんが、
冒頭に書いたように起きている時と、夢を見ている時と、熟睡している時は全て同じ意識が
背景にあるのだから、実は最初から熟睡しながら起きており、熟睡しながら夢を見て、
そして熟睡しながら熟睡そのものになっているのですよ。
PR

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 9 10 11
12 15 17 18
20 21 23 24 25
26 27 28 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]