忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
とうとう私も史上最大のピンチを迎えました。「あなたは私の彼氏かと思うほど、
彼氏とそっくりな部分がある。あなたのような男に結婚を意識させるにはどうしたら良いか」

いう大変に返答に困るメールを頂いてしまいました。

ご丁寧にも「無理というオチは無しで」と過酷な条件が書いてあったのですが、
これはどう考えても無理なので、やっぱ無理という返事を送ってしまいました。

あくまで私見ですけど、子供が好きではない男の場合、結婚を意識させるのは難しいのでは
なかろうかと思われます。私もいとこの子供とかとたまに遊びますけど、あくまで身内のガキだから
適当に遊べるんであって、これが自分の子供で親として育てろだ、教育をしろだとか言われたら
冗談じゃねええええと叫んで逃げると思います、そもそも子供嫌いだし。

なので、どうにかして子供好きにさせる事が結婚への近道なのではないでしょうか。




まあこれで終わりにしてしまうのもあんまりなんで、強引にスピ系の話に持って行くと、
結婚して、幸せを得たいとか思っている人が殆どだと思いますが、
実は別に得るものなど無いという事です。

なんじゃそりゃいつものこじ付けやんけ、逃げるんじゃねえと思うかもしれませんが
これは別にスピリチュアルとか関係無しに本当に得るものなど無いのですよ。

だって何かを得ても幸せになる保証など無いでしょう。同時に不幸になる保証(?)も
無いですけど。「あの人と結婚すれば幸せを得れる」というのは
それこそ妄想なのです、何の根拠も無いですから。

私も今の彼女と結婚して幸せになれるとも思ってないし、不幸になるとも思っていないです、
同時に別れても不幸になるとも感じてないし、幸せになるとも思っていません。

何かを持っているとか持っていないとかで悩むのは馬鹿馬鹿しい事です。
「それでも私はそれを得たいのだ」と思うなら、本当に「それ」だけを得たいのか
自問してみる事です。「それ」と「幸せ」を結びつけていたら、それは本当に
勝手な結びつきを勝手に作ってるだけで、恐らく「それ」を手にしたとしても、また別の
「それ」を求めて終わりなき苦悩に没頭する
事でしょう。

逆に言えば「それ」に余計なものをくっつけないでいれば、
「それ」は自ずとやってくるのであります。

でもやって来ても別に嬉しくも何ともないですよ、
何故なら既に幸せだからです。
喜ぶ自我は存在せず、喜びそのものがあなたなのであります。
PR

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 4 5 6 7
8 10 11 12 13
16 17 18 19 21
23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]