忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
ここ最近、世界情勢がキナ臭くなってまいりました。
やはり政治と戦争は男のロマンであります。

ウクライナの親ロシア政権を「俺たちはEUに入って金持ちになるんや!」
反政府組織がクーデターを起こし、政権をブッ飛ばしたと思ったら、
氷の帝王プーチンが激おこで、今度はクーデター側をブッ飛ばす気満々であります。

果たしてスピリチュアルな愛の力で戦争を食い止める事が出来るのでしょうか!?

結論から言うと、無理です。
愛の力よりその辺のアイドルの歌でも戦場に流した方が良いと思います。

この前の記事でも書きましたけど、愛を持って云々しても、
ムカデに手を伸ばせばムカデは逃げるか、噛み付いてくるかであって
いきなりムカデが愛に目覚めて空を飛んだりはしないのであります。

つまり明確な差別化が存在するのであり、そもそも”愛を持って”なんて
エゴむき出しの上から目線も良い所であります。

基本的に私は愛がどうのこうのとあまり書かないようにしています、
愛という文章だけだと、どうしても自我レベルの愛情しか想像できないからです。

言ってみれば明確な差別化を認める事こそが、まさしく愛であります。
ですからムカデが出てきたらその場でブッ叩くか、
あるいは何とかして捕まえて外に放り出せば良いのです。

ムカデが人を咬む様に、人類は争うものなのであります。
それこそ国家、民族、宗教といったものに愛や信念を持ち、
自爆テロを行い、武器を持つ人々はいくらでも居るのであります。

確かにそういった人々の思想はエゴむき出しの愛や信念かも
しれませんが、人類とはそういうものなのであります。
そういった明確な差別化を認める事であります。
鳥は飛ぶもの、馬は走るもの、人は戦うものなのです。

そうする事で初めて実在という「外側」と思考や感情といった「内側」
越えて、全てを抱擁するようになるのです。

そうすると、今まで自分と思っていた線引きが消えていきます。
今まではこの線からこっちは自分、外側は別、と捉え
外側から自分側に向かってくるものを批評し、好ましいと思えば喜び、
嫌だと思えば悲しんできましたが、線引きが消えれば
全て自分となるのであります。

そもそも最初から自分など居なかったのです。
実は最初からずっと、自分の顔を見続けて来た事を知るでしょう。
PR

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 9 10 11
12 15 17 18
20 21 23 24 25
26 27 28 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]