忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
スピ系に限らず自己啓発本とかでも当てはまるかもしれないんですが、
ある特定のメソッドなり何なりにハマると、確実に不幸になります。

例えば「常に完璧を感じていれば幸せになる」というのがあるとします。
しかしながらその実践者がいきなり通り魔に刺されて大怪我をしたと
しましょう。

彼は「何故、刺されてしまったのか、愛が足りなかったのか」とか
”完璧なはずの自分”と”刺された自分”との間に何とか辻褄をつけようと
する
でしょう。

これが不幸になる要因であります。
因果関係などありません、完璧だろうが愛を振りまいていようが、
または凄まじい怒りにとらわれていようが刺される時は刺されるし、
刺されないときは刺されないのです。

それをああでもないこうでもないと悩むのは、まさに不幸になりたくて
なっている
状態です。

肝心なのは全てに責任を負わないということです、
雨が空から降ってくるのはそういうものだし、地震で地面が揺れるのも
そういうものです。

それと同じで歩いてたらいきなり刺されるのも、そういうものです。

メソッドのやり方が悪いとか私には才能が無いとか
過去の行いが悪いとか、前世が天狗だったからとか関係無いです。

そういった概念は全て自我の妄想です。なのでそういったものに
対して不安や怒りを感じる必要はありません、
不安や怒りを強く感じるなら、ずっと不安と怒りが続くでしょう。

そして自我からすればそれは”不幸”と認識しますから、また新たなメソッドや
知識を求めて振り出しに戻るのです、不安や怒りを感じながら。
結局は欲しいものを手に入れているとも言えるかもしれません。

そしてまた自我に”都合が悪い”事がある度に、整合性を取るために
辻褄合わせに苦しむのです。

これは「私は悟った」とか覚醒したとか、厨二臭い事を感じた場合も
同様です。

その時点で「悟った人」という人格の演技がスタートし、
自我が想定する「悟った」像から離れた事が起こると大変に動揺し、
やはり辻褄合わせに苦しむでしょう。

「私は悟った」「私は天才だ」に置き換えるとわかりやすいかも
しれません。

なので「知らんさんのような飄々とした人は、いきなり殴りかかられても
”これは幻だから”とニコニコしているのですか?」
というメールを
貰ったんですが、これは幻だからどうのこうのこそ、まさに辻褄合わせの
最たるものであります。

わかりづらいかもしれないですが、”幻”は事実ですが、”幻だから云々”は
自我の後付け
です。

私はボクシング経験者なんで、いきなり殴りかかられたら
反射的にかわしてカウンター取ってそのまま半殺しにするまで
殴ると思います。
PR

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 6 7 9
10 11 12 14 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]