忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
何故か一部の読者から好評な森喜朗古墳シリーズは基本的にオッサンが
ボヤきながら、神の国日本に対しネチネチネチネチ文句を言う記事なので
興味の無い方はスルーしてください。

話はちょっとスピリチュアルから離れ、何か前回の記事と矛盾しているようにも感じますが、
私は2000年代初頭辺りから日本でも流行りだした新自由主義的な考えは、
あまり好きではありません。

要は政府の介入を少なくし、自由に競争させれば市場は活性化してハッピーだぜって
事ですが、世の中には競争しろって言われても競争そのものに興味が無い人達も
居ると思うのですよ。

競争に参加して勝てばカネも異性も手に入るんだから競争しない奴は
負け組みだって考えなのかもしれませんが、日本が貧しくなったのは競争に勝つために
価格破壊をし、安い賃金で消費者の購買力を奪ったからじゃないでしょうか。

ハッキリ言って、今だに勝ち組負け組みなんて言ってるのは古いんじゃないかと
思うであります。

若者が結婚しなくなったのも、結婚が恋愛という競争を勝ち抜いて得るものという
感じになってしまったからではないかと感じます。

個人的に恋愛は才能の世界だと思います。私の学生時代の友人がそうでしたが、
どんなに馬鹿でもブサイクでもモテる奴ってモテるんですよ。
ちなみに私はモテたんじゃなくて、ただ単に手が早いだけのヤリ捨て野郎でした。

恋愛は才能が要りますが、恋愛と結婚は別物であります。
結婚は見合いとかで誰でも出来るものにした方が良いと思います。
お金の価値が高くなり過ぎてデフレになってしまいましたが、
結婚の価値が高くなり過ぎるのは少子高齢化社会において問題であります。
見合いの本格的な復活は、まさに政府ならぬ”家”が介入すべき事ですよね。

お金に関しても、金儲けは才能の世界かもしれませんが、
お金は誰でもある程度は得る事が出来るものにしなくてはならないと思います。

このまま行けば競走に勝つという大義名分の下に、いずれ労働は全てロボット任せになると
思いますが、そうなると人件費は削減出来ても給料を受け取る労働者が全員失業し、
労働者が働けないって事は、つまり消費者がいなくなってしまうわけで、
その辺はどうなるんでしょうか。競争に勝つ為に収益をもたらしてくれる消費者を
殺してしまったら、一体何と戦ってるんだ状態になってしまいますね。

まあ私なんかは「もう働かなくて良いんや、ロボット最高や!」ってなりそうですけど。

もはや森喜朗が全く関係無いですが、どれもこれも神の国日本が
2500億円程度のショボいカネも出さなかった事が全て悪いという事に
しておくべきでしょう(?)
PR

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
3 4 5 6 8
9 10 11 12 14 15
16 17 18 20 21 22
23 24 25 27 28 29
30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]