忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
一部の読者の皆さんから何故か好評な森喜朗古墳シリーズですが、
今回もオッサンが神の国日本に対し、ネチネチネチネチ小姑のように文句垂れます。

なんか先の鬼怒川の決壊で水害対策に従事した市職員の残業代が高過ぎるだ何だで
一部から批判の声があがったそうですが、公務員てのは景気良い時は馬鹿にされて、
景気悪くなると叩かれて大変ですね。

個人的には、人がカネ貰った事に対してギャーギャー喚く事自体がカネの亡者だと思います。

どんだけお金の価値を自ら高めているんだって話ですよ、私はカネの亡者ってのは
お金にがっつく人じゃなくてお金を必要以上に崇めている人、早い話がカネの奴隷こそが
亡者だと思います。

どれもこれも神の国日本が森喜朗古墳に2500億円程度のはした金をケチった事が
そもそもの元凶なのであります(?)

長年のデフレによってお金の価値がバカみたいに上がり、
「貴重なお金を公務員ごときが貰ってるなんて許せねえ」とか思うのは
まあしょうがないかもしれませんが、問題は経営者的な立場なのに
「貴重なお金を従業員ごときにあげるなんて冗談じゃねえ」と思っている人が
見受けられる事ですね。

おおざっぱな分け方ですが、私は経営者はプロであって、従業員はアスリートだと
思っています。

例えば野球選手は日本野球機構というプロが存在している事で、初めてアスリートとして
稼げるわけですよね。日本野球機構が無ければプロ野球選手の全員は
草野球がメチャクチャ上手いオッサンと兄ちゃんの集まりになってしまいます。

つまりアスリートってどんなに技術が高かろうが食えないんですよ、
プロがアスリートを見出す事によって初めてアスリートは食えるようになるわけです。

ですからプロはいかにアスリートが魅力を感じる場を提供してあげるかが肝心であって、
そこからさらに優れたアスリートを見出し、生かして行かねばならないと思います。

その為には投資も必要ですし、借金も必要になるかもしれませんが、
まずアスリートが魅力を感じる場を作らない限りお客も集まりませんし、
結果的に誰も儲かりません。
プロである以上は、まずアスリートが集う場を作り、結果的に儲かる形にしていった方が
良いと思います。

なので「従業員ごときにお金を払うなんてヤダ」というのはおかしいと思うのですよ、
プロというのはお金を払い続けなければなりません、そしてそのリターンとして
払ったお金の何十倍ものお金が入ってくるのであります。

まあ結局はお金が大事、お金を失いたくない、他人がカネ持ってるのもムカつくってのは、
以前の森喜朗古墳シリーズでも書きましたが、お金を持ってる奴がとにかく偉いんだ
勝ち組なんだ的な過度な競争・新自由主義の弊害だと思います。

アスリートが競争するのは良いんですよ、アスリートが100メートル走を
みんなで手を繋いで走ってきても面白くもなんとも無いですし、
でもプロが一緒になって競争しちゃ駄目だと思いますね。

プロのやる事はあくまでアスリートが活躍出来てやる気を起こす場を提供する事で、
そうすればアスリートの競争も自然と質が高くなるものですし、
全体のパイも増え、お金の価値は下がってカネの亡者も居なくなるでしょう。

なんたって私がガキの頃は24時間戦ってしまうスーパーアスリートと言えるビジネスマンが
ゴロゴロ居ましたからね。経営者の皆さんはもう一度スーパーアスリートを育てようじゃ
ありませんか。
PR

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 12
13 14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]