忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
以前の記事で意外と反響が多かったのがこれなんですが、
この記事で紹介させて頂いたネカマ氏から再びメールを頂きました。
以下は抜粋です。

「その後も私は楽しいネカマライフを送っております。
今は人妻、女子大生、OLの三つのネカマを続けていますが、
実際に存在しない女性でも、相手の持っているイメージでどんどん実在感が
増して行くのが非常に面白いです。
今の私は以前のようにネカマがバレないようにしようとする事も無く、
女性っぽい対話の中で勝手に創られていく女性像に委ねてしまっています。」

「ここで私は存在とは全てが、そう思っている、そう感じているイメージの中にしか
出てこないものではないかと感じるようになりました。
人妻キャラもJDもOLも、私が意識して演じたのではなく、私の言葉使いで
相手が勝手に、学生さんですか?とか言い出して、勝手に創られていったものです。
本来、JDは何処にもいないのですが、私と相手の間では確固たる存在として
いるのです。」


「勝手に感じたものが、存在として現れる。という事を知った瞬間に
自分の手が視界に入り、手が生えてきたように感じました。
疲れたときに手すりに掴まって立ちますが、
観て感じるものは、全てその立つための手すりのようなものではと感じます。
つまり私が存在するのではなく、存在を感じるために手すりを探しているのではと
思いました。」


「それからの私は、悩み事が次々と消えていきました。
悩みや困った事と感じる手すりを、この手すりは使わない、と決めていったのです。
ですから私は悩みや困った事を持つ存在では無くなりました。」

「こうして私は今もネカマを続けています。
相手が勝手に探した”手すり”で、私自身もどんな女性になっていくのか楽しみです。」





という結局ネカマかよ、という話なのですが
この方の体験談はよくまとまっているのではないかと思います。

もはやネカマを演じるのでもなく、バレないようにするでもない、
ついに当ブログからネカマの達人が生まれてしまったようであります。

何をするでもなく勝手に女性像が創られていく、というのは面白いですね。
まあこれは男の下心がいかに間抜けかってことでもあります。
私もオンラインゲームでフレンドになっている女子大生の子は、
顔も性格も悪いウチの嫁さんの100倍可愛くて性格の良い子だと勝手に創ってますから。

結局、世界とは勝手に流れていくものです。
その流れの中でどんな手すりに捕まって、どんな存在を見出すのかは
全くの自由という事ですね。





でもフレンドの女子大生が中身オッサンだったら私は生きる希望を失って死にます。
PR

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 4 5 6 7
8 10 11 12 13
16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]