忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
「自分は海だ源泉だエゴの感情を気にするなと言っても気持ちが焦ります」というメールを
頂きました、ありがとうございます。

何か気になる事がある場合は、焦るのもわかりますが
焦りとか怒りとかの感情は何故感情として成立(?)するのかという事から
アプローチすべきであります。

怒りの感情を例に挙げると、そもそも怒りとは何となく胸がムカムカするとか、
腹の辺りが熱くなるとか、あるいは昔あった嫌な事がありありと思い出されるとか
色々な反応があると思いますが、逆説的に言えば
それらの反応が怒るためには必要なんですね。

という事は怒りとか焦りとかその他色々な感情は身体の反応、およびイメージを
必要とするわけです。つまり怒るため、焦るために反応を引っ張り出してくるわけですね。

という事は反応が起こってもそれを採用しなければ良い、となります。

文章で書くと難しいかもしれませんが、例えば仮に芝居をやっていて
悲しい場面で涙を流してくれと言われて、宝くじに当たった所とか
風俗で遊んでる所とかをイメージする人はあまり居ないと思います。

殆どの人が身内の葬式とか、そういった”悲しい”を引っ張り出すイメージを探すはずです。
普段の生活で怒ったり焦ったりも過程としては同じ事をやってるんですよ、
ただあまりにそれが高速で行われるので、自分自身が反応をわざわざ探して来ている、
という事に気付けないわけです。

で、少し話が飛びますが「自分が存在する」感覚というのも、やはり反応を探してきた
結果であります。一切の反応に任せない事が、無為自然な状態であります。

しかし勘違いして欲しくないのは「何かを成し遂げる」ために反応しないのではありません、
それでは「何かを成し遂げるにために、反応しないこと」に反応している状態に
なってしまいます。

「勝つために無心になる」は”勝つ”事に対して無心という反応をしているので、
実は無心ではありません、邪念ありまくりです。

そもそも”勝つ”とは普通は自分が勝つため、または自分が都合の良いようにする事ですから、
反応の集合体(?)として現れている自分が前提となっている時点でおかしいでのあります。

自分とは単なる反応を引っ張り出して作り上げた偽りの存在である、という事を知れば
実は一度も世界と分離せずに、ずっと共に在ったことに気付くでしょう。

そしてその瞬間、文字通りあなたは死にます。
偽りの自己は冗談抜きで本当に死ぬのであります。
同時に偽りの自己が抱えてきた、わざわざ反応を引っ張り出してまで作っていた
悩みも苦しみも死にます。

おまえはもう死んでいるっていうのは、マジだったのです。
PR

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 4 5 6 7
8 10 11 12 13
16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]