忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
基本的に人は価値が高い(と感じる)ものを求めます。
歳をとればとるほど若さというものに価値を感じますし、貧乏であればあるほど
お金に価値を感じます。病気であれば健康に価値を感じるでしょう。

しかしながら価値の高さとは、あくまで個人の価値観の範疇でしかないものであります。
スピリチュアルでよく言われる手放せだの何だのは、早い話が求めている物の
価値を下げてしまえという事です。

病気の人が様々な民間療法や、人によってはスピリチュアルにまで頼るのはわかりますが、
結局それは健康がとても価値の高いものになってしまっている、
何かをしなければ得られないものだと思ってしまっているわけです。

なので健康にしろ何にしろ、特に無理をしてまで手に入れる価値の無いものだと切り捨てる、
手放してしまった方が良いです。(医者に行くなとかの意味じゃないですよ)

「それはトンデモねえ事です!」と感じる場合、欲している物の価値が上がり過ぎています。
しかしその価値は、他でも無い自分で勝手に決めた価値であります。

恥ずかしながら、ガキの頃の私はお金というものに全く価値を感じていませんでした。
オヤジはともかく、祖父は随分と私を甘やかしたので、小遣いくれと言えば
ホイホイ諭吉が出てきました。まあオヤジも機嫌が良い時には結構くれたんですが。

ちょうど今ぐらいの時期、高校の同級生が夏休みはコンビニで時給850円だか何だかで
バイトしていると聞いた時、「1時間働いて800円かそこらなんて、こいつ馬鹿じゃないのか」
本気で思ったものです。

「しかしお金に価値を感じないといっても、それはアンタがそこそこ裕福な
家庭で子供時代を過ごしただけの話じゃないか。私はアンタのような馬鹿息子では
ないからお金は大事だと思う」
と思う人が大半だと思いますが、
ポイントはそこなんですよ。何に価値を見出すかってのは結局、過去の経験等から
導き出したものを引っ張り出しているだけなんですよ。

例えば私はオッサンになった今、学生時代の夏休みバイトってものにモーレツに
価値を見出しています。
やっぱり遊んでばっかりいないで十代の頃にバイトして社会勉強すべきだった、と
この歳になってから思います。

でもそれは「夏のバイト」ってものにガキの頃の記憶や、社会人になってからの
経験等を引っ張り出して、勝手に価値の高いものにしているだけですよね。

前回の記事と被りますけど、単なる物事にすら、それに価値を与える為に経験やら何やらを
引っ張り出してきているんですね。

実際はあらゆるものの価値って特に決まってなくてフラットなんですけど、
自分でも気付かぬうちに価値を付けていって、”価値が高い”と判断したものを
欲しがるわけです。

ですから誰が欲しがっているのかという事です。

経験やその他色々を引っ張り出して”あれは価値が高い”を作り出しているなら
本当にそれは自分が判断した事なのか、という事を問うべきであります。
自分が判断した事でもないのにそう思わされているなら、それらは全て夢のようなものでは
ないでしょうか。一度「これは夢だ」とわかったら、夢の中で執着していたものは
どのように感じるでしょうか。

例えば夢の中で怪物に追われていたら命に執着すると思いますが、
「これは夢だ」とわかってからはどのようにその夢を眺めるか、という事です。
PR

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 9 10 11
12 15 17 18
20 21 23 24 25
26 27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]