忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
以前の記事で「Nintendo Switchを買った」と書きましたが、
2週間経過した現在も、ソフトの方は世紀のバカゲー1・2スイッチだけしか買ってないです。

何故か「1・2スイッチは面白いですか?」というメールをちょこちょこ頂くのですが、
これは完全にパーティゲーです、一人で寂しく乳を搾るものではありません。
みんなで集まってやればそれなりには盛り上がりますね。

しかしながら2週間やってみて、どうもこのゲーム、そしてSwitchというハードは
根本的なコンセプトを煮詰めないまま出してしまったのではないかと
感じるようになりました。

で、その事で私の悪友にしてブラック企業経営者の仮面ライダーBLACK
大論争になってしまいました。

私の意見としては1・2スイッチは「目と目を合わせる」そしてNintendo Switchの
コンセプトは「屋内でも屋外でも出来る(据え置きにも携帯機にもなる)」わけですが、
この二つが噛み合ってないんですよ。

どういう事かと言いますと、「目と目を合わせて」画面から聞こえてくる声や音に
従ってプレイヤーがリアクションを起こすわけですが、
これだと人が大勢いる場所とか、基本的に静かにしないといけない場所では
ちょっと難しいんですよ。

ボタン押すとか画面タップならまだ良いですけど、ゲームから聞こえてくる音を
聞かなければならないので、公共の場ではやはり迷惑になってしまいますね。

例えば小さいお子さんが居る方で、ファミレスとかの待ち時間に愚図る子供を
1・2スイッチでどうにかあやす、というのは難しいと思います。
携帯ゲーム機にもなる、はずなのに外でやりづらいとはこれ如何に。

電車の中や飲食店でパズドラをBGMが周りに聞こえるぐらいの音量でやりますか?
1・2スイッチはそれなりに音が聞けないと出来ないんですよ。
基本的に携帯ゲームは外でやる場合は音量を絞るのが一般的なのに、
音を聞かないと出来ないミニゲーム集を「携帯も出来る新しいハードです」と
言っているハードでロンチで持ってくるのがおかしい
んですよ。

と、ここまでが私の意見です。

しかしBLACKは「だがちょっと待って欲しい。1・2スイッチは最初から屋内の
パーティゲーとして作られたものであり、外に持ち出してやるのは
想定していないのではないか?」

高卒の分際でFラン卒の私に対し反論をしてきたのですが、私としては繰り返しになりますが
やはり「据え置きも携帯もOK」というコンセプトのハードで、外でやりづらいタイトルを
ロンチに持ってくるのは、コンセプト自体がブレていると感じます。

というわけで二人のオッサンで乳搾りをしながらああでもないこうでもないと
論争してたのですが、これ読者の皆さんはどう思いますかね。

実にくだらない内容でスイマセン。
PR
前回の記事とやや被りますが、人の感情や考えなんてコロコロ変わるわけで、
「ネガティブにはこうやって対処しよう!」とか考えなくて良いと思います。

スピリチュアルだ何だと言っても、その時の感情を納得させる方便
なってしまっているのが殆どです。
そうではなくて毎日の天気のように変わるものだと認めた方が、
却ってああだこうだ悩まないようになります。

大体、若い頃と年食ってからでは、考え方がまるで変わったりとかは
特に珍しくもないものです。

以前も書きましたが、私の嫁さんは付き合いだした頃は韓流大好きでしたが、
今は韓国ブッ飛ばす、中国かかってこいやとか言ってるネトウヨオバハン
なってしまいました。

私も今でこそとりあえず自民党支持者ですが、学生時代はFランだったくせに
意識高いリベラルの若者でした。
なのでSEALDsの皆さんとかにはこいつらFランだろと思うちょっと親しみを
覚えたりします。


まあ若い頃はどうしても反体制がカッコイイって感覚になりますからね、
私自身もオヤジに対する理由なき反抗を拗らせて「日本の国体は間違っている!」とか
本気で思ったものです。

話が逸れましたが、要は色々思い悩むならコロコロ目まぐるしく変わる”思い悩み”
委ねてしまった方が良いです。
コロコロ動く物があるということは、同時に静止している物があります。

スピ系の話とかで、死ぬほど悩んだ末に突然何かを得たとか言い出す人が多いのも、
何かが動けば動くほど、静止してる物もまた、際立つという事であります。
キックボクシングをやっているという読者の方から「結局は意識から全部生まれてると
思うと、何か知らないけど色々インスピレーションが湧いて動きが良くなった」
という
メールを頂きました。ありがとうございます。

格闘技みたいな対人競技や、あるいはフィギュアスケートみたいな個人競技も
どの辺を意識してどうこうっていうのは選手の皆さんはやってる事だと思うんですが、
それによってパフォーマンスが良くなったというのは、そう感じるだけで
実際は無関係なんですよ。

肝心なのはそういったものが意識の自作自演であると知る事ですね。
つまりゲームでいうプログラミングに過ぎないという事であります。

しかしながら「結局は意識」という事を感じるだけで、インスピレーションが浮かぶ、
というのはよくある事です。

何故ならプログラミングにはゲームの全てが入っているわけで、
どんな複雑なゲームもプログラミングに従って動く事しか出来ません。

なので意識を知る=プログラミングに触れる、という事はゲーム内のあらゆる
要素に触れる事でもあるので、ゲーム内の高レベルスキルがいきなりゲット出来たりするのは
まさにインスピレーションが降ってきた、と感じるわけです。

と言っても要点はスキルをゲットする事よりも、やはり前述したようにあらゆるものは
意識の自作自演である、という認識を持つべきであります。

認識が変わるとは何かを得る事ではありません、変わらないものを知る事なのです。
人間なんてその日の天気や株価でいくらでも気分が変わります。
素晴らしい神秘体験をした!とかハイになっても一週間後には落ち込んでるとか
よくある話です。

コロコロ変わるものは、全て自作自演だからコロコロ変わってるわけで、
その背後にある決して変わらないものを知るべきであります。
潜在意識云々からシンクロが起きてどうしたこうした、という話は
よくありますが、別にシンクロに拘る必要は無いと思います。

確かに何かがシンクロしたように感じる事はありますし、
実際にシンクロはあると思いますけど、良いシンクロとか悪いシンクロは
ありません。

というかこれは吉兆だとか不吉だとか気にしてたら単純に疲れると思うんですよね。

潜在意識云々に凝りだすと、確かに様々な事に意味を持たせたくなるのは
わかりますし、実際に何やら世界が深いモノのように感じる事は多々あります。

といってもそういう物に拘り出すと、どんどん明後日の方向に行ってしまうので
シンクロとかが起きて「すごーい!」とかなったら一旦忘れた方が良いです。

要は何故シンクロガーとかになってしまうかというと、
早い話が「良い事が起きてもらいたい」という期待から来るのであります。
しかしながら、世の中に良い事なんて無いんですよ。でも良い事が無いって事は
悪い事も無いのであります。何故なら良い事の反対が悪い事だからです。

ですから特に期待も悲観もしない方が結局は潜在意識を生きる(?)事に
なるのであります。

これは感覚的には毎日練習してるプロのアスリートの練習が「日常」になっているのに
近いです。練習が日常になっているのなら練習に伴う疲労はともかく、
練習そのものが苦痛に、つまり悪い事にはならないわけで、同時に良い事でもないですよね。

しかし練習=日常が積み重なればアスリートはそれなりの結果を
まさに「結果的に」残せるわけで、いつの間にか金持ちになってたとか、
いつの間にか上手く行ってたというのはこれに近いものです。

最初から金持ちになりたいとかって、どうしても「ではどうすべきか」という
障害を乗り越えていくという思考に陥りがちになります。
その思考を納得させる為にシンクロが起きただのヘチマだのと言い出すわけで、
これではいつまで経っても乗り越える障害という概念と分離したままであります。

ではそのような分離を乗り越えて一体となるにはどうするのか、
これは簡単な話で、今までの潜在意識だのスピリチュアルだのといった知識を
ゴミ箱にでも捨てて、何も知らなかった状態に戻れば良いだけです。

今まで身に付けた知識が実は一番邪魔だったという、禅問答みたいな話ですが
それがわかれば結局の所、実は最初から成功していたし、これからも成功し続けて
いくでしょう。
昨日、任天堂の新ハードNintendo Switchが発売されたので購入しました。
この記事で書いたように1・2スイッチなるバカゲー目当てだったのですが、
やってみるとまあ確かにバカゲーでした。

ミニゲームがたくさん入っていて、大人数でやってる分にはまあまあ楽しいです。
あと小さいお子さんなんかは結構喜ぶと思います。
しかしこれを部屋で二人だけとかでやってると急速に飽きてきます。
本当にすさまじい勢いで飽きて、最後は何か気まずくなります。

ミニゲームの一つに牛の乳搾りがありますが、これは牛ではなく
人間キャラの乳を絞るエロゲー路線にした方が良かったと思います。
キャラも人妻、OL、JD、JKにして隠しキャラで妹とか幼女を入れれば
間違いないはずです(何が?)

大体、任天堂のゲームはプレステと比べてエロもグロも足りない。
1・2スイッチはバカなだけで、もう少しエロに弾けて欲しかった。

嫁さんとも乳搾りをやったのですが、
元々ゲームに興味無い嫁さんとやったのがそもそもの間違いで
「これって楽しいの・・・?」
「うーん・・・」
みたいな感じになって言葉が出ませんでした。

「これ、いくらしたの・・・?」
「さ、三万ぐらいかな・・・(実際は本体とソフト合わせて約3万6千円)」
「は?」
これはヤバ過ぎです、こんなバカゲーは本体にプリインストールされているべきであります。
嫁さんに怒られた件に関して任天堂はどう責任を取ってくれるのでしょうか。

というわけでNintendo Switchは今後のソフトに期待したい所ですが、
1・2スイッチは本当に一発ネタのバカゲーでしたね。

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 5 6 7 8
9 12 13 15
16 17 18 19 21
23 24 25 26 27 28 29
30

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]