忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
今日は娘の一歳のお誕生日でした、
本当にはやいものであります。

この一年を振り返ると、本当に子育てって
ハードやんけ
の一言に尽きますね。
正直ここまでしんどいとは思いませんでした。

まあ何とかなったのも顔も性格も悪いが
母親としては優れている嫁さんのおかげです、
感謝しています。

しかし子供の行動って読めませんよね、
ロウソク一本立てたバースデーケーキに
ご機嫌な娘が、生まれて初めて見る
ロウソクの火をじっと見つめたかと思うと、
いきなり手を伸ばして火をわしづかみに
いったのには大変に慌てました。

幸いつかみにいった際の風圧で火が
消えたみたいで火傷はしませんでしたが、
やっぱりちょっと熱かったらしいのと、
私と嫁さんがびっくりして大声出したのが
怖かったみたいで、初めてのお誕生日は
ケーキの前でギャン泣きする羽目になって
しまいました。まあそれでも泣きながら
ケーキ食ってましたけど。

というわけで皆様も良いお年をお迎えください。
PR
この前、米中の貿易戦争が激化したので
世界経済ヤバイんちゃうかということで
成長を期待して長く持つつもりだった
中小企業の株を全て売っぱらった事を
記事にしましたが、ものの見事に株価が
大暴落してしまいましたね。

これじゃあ業績の良い会社があっても
買えないやんけ、と滝の如く下がる
日経平均を見ながらボヤいてましたが、
今日になって無謀にも「よっしゃデイトレや!」
思って売買代金上位とか出来高上位とか、
大暴落にも関わらず何故か活発に取引されている
聞いたこともない銘柄をピックアップして、
バリバリ売り浴びせられている某銘柄を
「こんなに下がってんだから上がるやろ」
精神で購入したところ、幸運にも何故か
上がり始めて数万円だけ儲かりました。

強引にスピリチュアルに結び付けると、
これは必勝法を編み出したとか何だとかでは無く
"何があるかわからない"を受け入れたから
以外にありません。

株やギャンブルの必勝法もスピ系メソッドも
"何があるかわからない"を否定する形から
始まっている場合があります。
"人生は何があるかわからない、でも良い方向へ
向かわせたい"というのではなく、
"何があるかわからない"で良い
のであります。

要はスピリチュアルで自分が居ない事を知れとか
世界と一体でヘチマだの言うのは、
語弊がある言い方ですが人生のあらゆるものに
価値が無い、実在しない、という事に気付く為で
あり、全てに価値が無いなら人生を失う事にも
お金を失う事にも何の痛みも葛藤も無くなります

ですから「お金が増えるか減るかするよ」
というものに対してじゃあやってみますと
平然と出来るようになるわけです。

そうなるともう成功もクソも無いですよね、
そういった概念が既に無いからです。

ポーカーのトッププレイヤーのプレイングや、
すごい利益をあげたトレーダーの投資手法を
学んでもなかなか成果が出ない最大の要因は
ここにあります。

彼らは成功のために手法を研究したのではなく、
成功や失敗という概念の外に居る状態で
ポーカーやマーケットに向かいあって
いるからです。

それと同じでスピリチュアル的な気付きだ
何だという人は成功や失敗の外に居ながら
生活しています、ですから"何があるか
わからない"で良い
のです。










と言ってもどれだけ価値が"薄まるか"は
個人差みたいのは生じると思います。

私もギャンブルで負けたら嫁さん貰ってくぞと
言われたら全然OKどころかこっちから
差し上げたいぐらいですけど、
娘を貰ってくぞと言われたら動揺すると
思います。
皆様、クリスマスは如何お過ごしでしょうか、
私もついにサンタクロースとして
デビューを果たしました。

当たり前ですがまだクリスマスもプレゼントも
概念自体を理解していない娘は、
朝起きて枕元にオモチャが置いてあるのを見ると
(・ω・)?みたいな顔で固まってましたが、
嫁さんと二人で「プレゼントがあるよ!」
とか「サンタさんが来てくれたね!」とか
必死に盛り上げると、何となく理解した(?)
ようで、すぐにオモチャで遊びだしてくれて
良かったです。

とりあえず娘が小学校を卒業するまでは
サンタ業に精進しようと思いますが、
クリスマスと娘の誕生日が近いんで
これは確実に大きくなってからサンタと 
誕生日のプレゼントを別口で要求されると
思うと、少し頭が痛いです。
「生まれる国も選べないし金持ちの家に
生まれるか貧乏な家に生まれるかも選べない。
知らんさんは裕福な家に生まれたみたいですが
経済的に余裕がある人の方が精神世界的な
追求も何だかんだ上手くいく感じがします。
結局の所、全て運で片付けられてしまうとも
思うし、それだけで全て決まってしまうのも
何か納得いきません」
というメールを
頂きました、ありがとうございます。

確かに思い返せば私は子供の頃、
当時の同級生たちと比べればかなり裕福な
環境でしたし、祖父に大変に甘やかされたので
オモチャだゲームだと何でも買って
もらったとは思います。
そういう意味では結局は運やんけ、と
言えるかもしれません。

まあ個人的には裕福な家に生まれた事に
対して決して運が良かったとは思っていませんが
それは置いといて、運ゲーである事を
完全に受け入れないと肝心の運が向いて
来ない
のであります。

どういう事かと言うと、運ゲーとは早い話
全てがスロットマシーンやパチンコと同じと
いうことです。であるならばスロットが
回ってる時に無理矢理手を突っ込んで
回転を止めたら機械そのものがぶっ壊れますし、
自分の手も怪我する恐れがあります。

何かしら必勝法があるはずだと毎回毎回手を
突っ込んで機械を破壊していたら手が
いくつあっても足りません。

しかし完全にスロットの存在を認めれば、
仮に"外れ"が出たとしてもそれはただ単に
「もう一度回してね」という合図に過ぎない
ものであって、別に不幸でも何でもないです。

要は"当たりは幸せ・外れは不幸、ならば
絶対に当てる事が正しい"
というのが
そもそも間違っているのであります。

生まれる国も家もランダムならば
我々の思考や感情すらランダムです。

例えば私は今朝、歯を磨いていたら何故か
"およげ!たい焼きくん"が子門真人の声と
共に脳内でループされて、お昼ぐらいまで
子門の声と過ごしていました。

別にここ数日たい焼きを食ったわけでも
子門真人の動画を見たわけでもないのに
このような事があるのは、我々の存在全てが
ランダムなものであるという事であります。

であるならばわざわざスロットマシーンに
手を突っ込む必要は無く、そのまま在れば
それで万事OKであります。

これは当たりを出さなければならないと
思っているうちは非常に受け入れ難いかも
しれません。特にスピリチュアルだ何だに
ハマるとどうしても「当たりを出すのは
正しい」としか思えなくなってくる場合も
多々ありますし。

しかし当たりを出したければ、逆にランダムで
ある事を受け入れなくてはならないので
あります。

思考や感情、信念すらランダムに発生するので
あれば、私という思考や概念もまた、
子門真人の歌声のようにたまたま発生した
実体の無いものです。

こうしてスロットを回す行為は本当に
ただそれだけのものとなり、当たり外れという
概念も消滅しました。

最初から外れ、つまり不幸など何処にも
無かったのであります。
トランプさんがHUAWEI使ってる奴は
皆殺しや!
と宣言したおかげで米中の
対立が完全にハッキリとしてしまいました。

最初聞いた時は( ´_ゝ`)フーンみたいな感じで
余裕こいてたんですが、よく考えると
今の時代、成長著しい中国市場で商売
している企業は日本を含め多くあるわけで、
これは割とマジで世界経済大ピンチでは
ないでしょうか。

今回のトランプさんは商売とか関係なく
中国ぶっ潰すみたいな気合を感じますし、
何かマジっぽいですよね。

というわけで今年の頭に成長を期待して
保有していたいくつかの中小企業の銘柄は
残念ながら全てお別れし、現在保有しているのは
配当利回りの良い某社だけになってしまいました

今回お別れした銘柄は全て数年は持つ
予定でしたが、今後多くの企業が
中国市場かアメリカ市場を取るかの選択を
迫られるわけで、こうなるともう成長も
へったくれも無いやんけと思ったからです。

まあ既にかなり下がった銘柄もあったんですが、
トータルでは幸いにして数万ほどのわずかな
利益になっていたので、とりあえず良かったです

というわけでこのお金で娘のお誕生日ケーキと
クリスマスプレゼントを買おうと思います。

カレンダー

01 2019/02 03
S M T W T F S
1
3 4 5 6 8 9
11 12 13 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]