忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
私は少年野球経験者ですが、中学生ぐらいから野球には興味を無くして
あまり観る事もありませんでした。
しかしオッサンになった今、久々に野球観たら球界の盟主巨人が
連敗街道を突き進んでいるじゃありませんか。

広島・楽天・オリックス・西武と全部3タテ喰らって養分になって
次の日ハムにも負けたらハムの餌とかもう意味わかんねーとか思ってたら
巨人ファンの方から「巨人が負け続けて死にそうです。選手達が苦しそうで私も辛いです、
どうしたら良いのか」
というタイムリーなメールを頂いてしまいました。

ここで肝心なのは選手が苦しそうっつーのはもちろんそうだとは思いますが、
しかしながらそれらは全て個人の思いの中にしか無いという事であります。

例えば私が「死ねやボケカス」とかブログに書いてたらコイツ今日は随分と
荒れてんな、と思うかもしれませんが、実際は笑顔で機嫌良く書いているかもしれませんし、
やはり最初に受けた印象の通り荒れているのかもしれません。

つまり受ける印象は、あくまでそのような印象、というだけであって
事実では無いという事であります。
多くの人は受ける印象をそのまま事実であると認定して、
大袈裟に言えばそこから世界をスタートさせます。

印象は印象に過ぎません。少し話が逸れますが、箱の中の猫が生きているとも言えるし
死んでいるとも言えるとかいうナントカの猫っていう話がありますけど、
あれで言えば猫が死んでいるという印象を確固たる事実として
受け取ってしまっているのと同じです。

ですから「猫を生き返らせるにはどうすれば良いか?」という事自体が
おかしいのであります。印象は印象であって事実では無い、という事は
印象を元にしてスタートさせた物語の主人公たる自己も事実では無いという事です。

こうして架空の自己は消えるのであります。










余談ですけど、こういった受けた印象だけで架空の物語に突入する最たるものが
恋愛じゃないかと思います。特に男なんていつまでも十代の頃の恋愛とか引きずってるのが
たまに居ますよね、私の友達にも居ます。

私は男にしては珍しく(?)過去の恋愛とかどんどん忘れるタイプなんで、
性格的なものもあるんでしょうけど、こういう引きずってる連中が理解出来ない事が
あります。

「昔の彼女と再会して少し話をして、お互い今は結婚しているけど今も想いは
繋がっているのを感じた」
とか、大体こういうの女性の方は大して思ってないですから(爆)
PR
「奥さんがご懐妊されても、知らんさんにとっては他人事のような
ものなのでしょうか?」
というメールを頂きました、ありがとうございます。

もちろん嬉しいとか心配だとか本当に私の子供なのかとか、色々と
思うところはあります。しかしそれらの思考や感情は、別に味方でも無ければ
敵でも無い
という事です。

話が少し逸れますが「私はカネにも女にも縁が無いので困っています」という
メールを以前貰ったんですけど、これはカネにも女にも縁が無いので云々という
思考を何とかしたい、つまりそれを敵と見なしているわけであります。

しかしながら敵が存在するには、その敵の攻撃を受ける何者かが居なくては
なりません。
思考が浮かぶのは全然構わないのですが、それから攻撃を受ける
何者かも同時に作ってしまっている。これははっきり言って妄想の中で
壮絶バトルをしているわけです。

そして攻撃を受けている者は、攻撃をどうにかしないと未来においても
ボコられ続けて破壊されてしまうと何故か判断するので、
攻撃を緩和してくれるものを探し続けます。
それは宗教だったりお祈りだったり何かの修行だったりします。

しかし、そもそもの発端は思考や感情に対して、敵から攻撃されている何者かを
勝手に作って勝手にバトっている事がおかしいわけで、
これでは仮にバトルに勝ったとしても、ドラゴンボールのように新たなる敵が
現れるのは時間の問題であります。もっと言えば「攻撃されて未来がヤバい」という
未来も、妄想のなかでしか無いものです。

ですから何も受け取らない事が肝要です。

これを感情を「感じ切る」と表現する場合もありますが、これだと感じ切る何者かが
居る事になるので文章での表現は難しいですが、要は対立するものなど
何処にも居ないという事ですね。
たまに例に出しますが、ルビンの壺は向かい合ってる顔があるから壺があり、
壺があるから顔があるように見えるわけであります。
これと同じで自己と感じるものも、あるように感じるだけで実際は存在しません。

で、願望だ何だというのはこのルビンの壺の向かい合ってる顔、
または壺がビョーンと伸びているようなもので
これは顔からしても不快であり、壺から見てもやはり不快であります。

しかしながら全体として見た場合、やはりルビンの壺は成立しているわけで
このビョーンと伸びているのを認める、または許すとか手放すとかも言われますが、
とにかくそれでよろしいとすれば不快に感じる顔も壺も統一され、
幸せになるのであります。

つまり願望でも神様でも悪魔でもそれらは現れるコンテンツに過ぎません。
重要では無いのです。

ですが、顔から見たら壺が妙に曲がっているとか感じますし、
壺から見たら顔が不細工になっているとか感じるわけです。
だから重要だと錯覚するわけですね。

ですから願望の実現とは、顔から見て不快な壺をぶっ壊す事ではなく、
または壺から見て不細工な顔面を破壊する事でもありません。
何故なら顔と壺はお互いがお互いを成立させていると同時に存在もしないのですから
破壊は不可能なのです。

出来る事は、壺と顔を統一してこれで良いのだとバカボンのパパのようになる事です。
願望という形を取った不快を取り込むのであります。
ご懐妊おめでとうメールを多数頂きました、ありがとうございます。
既に嫁さんは女性の究極進化形とも言える「母親」へとクラスチェンジしつつあります。
もう彼女でも奥さんでも無い、まさに母親ですね。女性はやはり偉大だ。

私は相変わらず父親になる実感も湧かないまま色々バタバタしております、
なので今後はブログの更新がさらに不定期になるかもしれません。
オヤジにもおまえのようなアホは人一倍父親としての自覚を持たねばならんとか
色々説教されました。




と言いつつ来週の日曜日は身重の妻をほったらかしてダービー行こうとか思ってます。
以前、私は佳子様より眞子様派ですとか言ってたら、俺の眞子がわけわかんないチャラ男と
御婚約されてしまったではないですか、なんということでしょう。

皇族は天照大神の子孫という最強の厨二設定が国体となっていますが、
ホイホイ平民と付き合って結婚されると、皇族のプレミアム感が無くなって来るのでは
とも思います。

しかも今上天皇御自身までが「天皇きついわ、こんなの死ぬまでやるなんてデキッコナイス」
とか言ってるわけで、こうなるともう皇族って誰がやっても良いんじゃないかと思いますし、
今の皇族はそのような雰囲気を作りたがっているのではないかとも感じてしまいますね。

まあ皇族のプレミアム感が薄れてくれば、良い悪いは別にして自然と天皇制も
消えていくでしょう。






で、私事ですが眞子様婚約のニュース見てたら、嫁さんから「私はご懐妊したから!」
衝撃の一言を告げられて飲んでたカルピス吹き出しました。

なんか最近ヤった記憶があまり無いんですが、黒人の子供とか産まれてきたらどうしようとか
今からハラハラしてます。

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
3 4 5 6 8
9 10 11 12 14 15
16 17 18 20 21 22
23 24 25 27 28 29
30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]