忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
「最近、何が起きても静観するようになってきましたが、仕事だと
ムカつく上司、アホな後輩にブチ切れてしまいます。
静観しようとしてもなかなか出来ません、
どうしたら救われるでしょうか」
的なメールを頂きました。

結論から言うと、何をやっても救われません。

エエ、そりゃ無いぜ!と思うかもしれませんが、
別に救われる必要は無いのであります。

何故ならムカつく上司もアホな後輩も分離から生じるものであり、
全て一つであるからです、つまりあなたがアホ(?)なので
それに気付けば既に救われている事に気付くのであります。

つまり救われている事に気付いてから、「アラ救われてたわ、どうしましょう」と
なるわけで、一般的な感覚と順序が逆になるわけです。

と、理屈だと上記のようになるのですが、
この「一つ」になかなか辿り着けないのが厄介なのであります。

とは言うものの、一つである事は視点を変えれば良いだけの話であります。

例えば前も書きましたが、風俗嬢や恋人とヤってる時は文字通り
一つに合体するわけですが、合体するから一つになるのではなく、
まず一つである事が大前提であり、それを確認するために合体すると
思えば、前回の記事の「幻であると同時に形あるもの」がわかると思います。

別に性的な興奮とかが無くても、腕を虫が這えばその感触は
腕の感触であると同時に虫の感触でもあります。
やはりまず最初に確固たる「一つである事」が在り、それを確認しただけの事です。

何の事は無い、日常においても最初から一つである事は
当たり前すぎる大前提なのです。

腕を虫が這ってると、ギャーとか喚いてすぐに振り落とすから気付けないのであって、
性的興奮があるとそういった「判断する自我」が消失しやすいのです。
以前も書きましたが、性的な営みはやはり子孫繁栄の他にも大切な要素が
あるのであります、私も頑張ります。

話が脱線しかかりましたが、「静観しようとしている」「どうすれば救われるのか」は
全て一つである事に気付けばおのずと解決されます。
というより一つなので解決もクソも無い、というのが答えです。

と言ってもいきなりそこまでブッ飛ぶのはやはり難しいかもしれないので、
「静観しようとしている」立場、ゲームで言えばプログラマー視点に立つのは
最初の内はとても有効であります。

そのうちプログラマーも居なくなり、誰も居なくなります。
それはとても寂しいものなのでしょうか?
そんな事はありません、誰も居ないけど、誰もが居る。
それが本来のあなたです。
PR

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5 6
7 9 11 12 13
14 16 17 19 20
21 22 23 25 26 27
28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]