忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
以前、「それ行けAさん」の中で「運動と時間の概念を疑ってどうのこうの」って
事をちょこっと書いたんですけど、これは別に大した事じゃなくて、
運動や時間はある意味自我にとってお馴染み過ぎる概念であり、
これらの見方を変える事で自我を超えるのであります。

前も書きましたが運動と時間というものはセットであって、
運動が発生しないと時間という概念は発生せず、その逆も然りであります。

で、さらに話を進めると運動と時間が生まれるためには空間が必要です。
ボールが進むためには空間が必要であり、空間を進むという運動をボールが
行う事で時間が生じます。

そんなの当たり前やんけ、と思うかもしれませんが、その当たり前を
認識させているのは何なのかという話です。

「私が認識しているのだ」となるかもしれませんが、ではその私とは、
何故に認識できるのでしょうか、空間や時間や運動の概念のおかげで、
「私が認識出来る」のではないでしょうか。

という事は私(の認識)を構成しているものは、あらゆる全てのモノや概念とも
言えるわけです。
つまり(自我が)見たり感じたりしていると思っていたものは、
実は同時に見られたり、感じられたりしていたのです。

自我の目線でいくら答えを探しても見つからないのは、この為であります。
最初から当たり前すぎるほど目の前に在ったからこそ、気付けないのです。
まつ毛を直に見るのが殆ど不可能なのと同じです。

お互いが最初から統一されていたからこそ、全てが成り立っていたのです。

で、さらに話をややこしくすると、それではその「統一されていた!」
認識しているのは何者であり、一体全体何のおかげで、そのような統一されて云々という
電波を発信出来るのか認識を持てるのか、という話になり終わりがありません。

まあこれ以上電波系の話になっても何なので、少し話を戻すと
運動とか時間とかは、結局は自我の目線でのゲームを作動させるための
要素であって、本来は運動しているものも無く、流れている時間も無いと思います。
「それ行けAさん」で未開のオッサンが、車の中から見える風景が動いていると
思っていたのと同じですね。

言い方を変えれば、セル画に描かれたアニメキャラは運動していませんし、
時間も流れませんが、連続して映してアニメの世界という空間を創り、
さらにその空間に運動と時間が発生してくれないと
アニメとして成立しないっつー事です。

運動は単なる模様であり、時間は匂いや香りの類のように感じられれば、
これであなたも今日から高次元存在の仲間入りです。
プリマハムとか適当な名前を名乗ってデビューしましょう。
PR

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 5 6 7 8
9 12 13 15
16 17 18 19 21
23 24 25 26 27 28 29
30

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]