忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
自分が在るってどんな感じですか?
自分という意識?みたいなものがあるだけであとは幻想。
自分が在るということに対してのありがたみや全てが自分だった!という安心感ですか?


という内容のメールを頂きましたが、自分という意識も幻想であり、
なので自分が在るという事のありがたみや安心感というのも特に強いわけではありません。

全て自分、世界が自分というのは、度々書いていますが波ではなく海であるという事です。
波は、海があるからこそ一定の原理原則に基づいて発生し、そして消滅します。
波を波として成立させている法則みたいのが、海に内在しているわけであります。

で、これを我々が認識している世界に当てはめると、
あらゆる物体、概念、現象は全て海の上の波が如く、法則に基づき現れています。
我々が「個人の肉体」と思っているものも、やはり海の上の波に過ぎません。

何処まで行っても、波は海の支配からは逃れられません。
あらゆる波は海があるから存在できるので当たり前っちゃ当たり前ですが、
自我の発生も結局は「海」の上の波に過ぎないのであります。

で、話を繰り返すようですが、全ての波は海の支配下にある、という事は
海で起こる「波の形状」は絶対的に「海の法則」に支配されているはずです。

海の上で起こる「波」は必ず水であり、途中でお湯になったりしません。
いきなりコンクリートに変化する事もありません。
羽が生えて空を飛んだりもしませんし、喋りもしません。

つまり波に自由意志は無いのです。
波である以上、どうあがいても波は波としての形状、動きしか出来ないのです。
「人間に自由意志は無い」と度々言っているのはこの事と同じです。

「自由意志が無いなら、抱いてる願望や何もかも全て海の掌の上なのか?」と
思うかもしれませんが、その通りです。

波が海の支配から逃げられない以上、思考したり行動したりするのも、
全て海の支配下にあります。波がいきなり垂直に吹き上げたりする事は
出来ないのと同じです。

で、ここで自我の無駄な抵抗をやめれば良いのであります。
もう少し正確に言うと抵抗しても良いのですが、その抵抗すらも所詮は波としての動きに
過ぎない事がわかっていれば良いのです。

とりあえず話を進めるために、抵抗はやめて全てを受け入れたとしましょう。
自我はもはや「勝手に動きたい」という事をあきらめ、母なる海の一部となります。
海の一部になるという事は、今まで海からブツ切れの存在としてあがいていた波ではなく、
海そのものの大きな流れとして在る事を意味します。

この宇宙やその他全てを構成している大きな流れそのものに名前を付ければ
「本当の自分」とか「源泉かけ流し」とか「すき家の意志」なのであります。

しかしながら、名前を付けた瞬間にそれは概念となり分離します。
海からコップで水をすくって「これが本当の自分さ!」と言っているのと同じです。
なので「本当の自分」や「すき家の意志」すら実は存在しないのであります。

存在するのは名前も無ければ見る事も聞く事も出来ない、
しかし存在するという、ある意味矛盾だらけの大きな流れであります。
この流れの中では、全てに良いも悪いもありません。
同じ波に優劣をつける必要が無いからです。

話がややこしくなりましたが、何かしたいと思うなら、大きな流れに戻る事です。
そうすれば勝手に運んでくれます。

右から左に行きたいなら、普通に流されれば嫌でも行きます。
波のくせに「まず上に上昇して、きりもみ状に回転しながら斜め45度の角度で
突入したい」とか思ってもしょうがありません。
PR

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 9 10 11
12 15 17 18
20 21 23 24 25
26 27 28 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]