忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
「世界は自分であった、という感覚を掴んだがたまに感覚が消える、どうすれば良いのか
悩んでいるでござる。」というメールを頂きましたが、これは恐らく「世界は自分であった」
いう言葉に惑わされて、強い電波を発しただけだと思われるでござる。

まず「感覚を掴んだ」というのが曲者で、これも前から書いてますけど
感覚を掴むって事は「それが掴まれる前」が無いといけませんよね。
まあ文章で書くとどうしても「何かを発見した」「何かを掴んだ」となってしまうのが
理解を困難なものにしているのは否めませんけど。

で、昨日も書いたように、例えれば我々は最初から海なので(最初から世界なので)
海が新たな海を獲得する、という事はあり得ません。
なので「感覚を掴む」という自体が何かおかしいのです。
海が海であるためには何かを獲得するのではなく、どんどん捨てて行く事になります。

別の言い方をすれば、地面を掘って穴が出来たのではなく、最初から穴はあったのです。
穴の上に土や砂があったから地面になっていただけです。
そして最初から穴があったからこそ、地面もある、全ては相対的な流れの一部です。

全ては最初から相対的な流れの中に納まっているわけで、
自我も流れの一部分に過ぎません。
流れは肉体が生まれる前からずっと在り続け、肉体が消滅しても、やはりずっと在り続けます。

先の例で言えば、地面を掘って穴が出来る前から穴が(空間が)ずっと在り続け、
穴を埋めてもやはり穴は(空間は)在り続ける
のと同じです。

つまり流れの中にいる穴にとって、土や砂がいくら大量にあろうが無かろうが決して
自らは侵される事は無いのです。なので最初からあなたはずっと在り続けていたわけで、
「感覚を掴んだ」りする事は無いですし、「何かに目覚め」る事もありません。
例えそのように強く感じたとしても、です。

言葉で示す事の出来るものは、結局は全てまやかしです。
本当に感覚や目覚めがあるなら、自我が眠っている熟睡時でも感覚を感じ、
目覚めを感じているはずです。

自我が起きている状態でしかそれらを差し示す事が出来ないという事は、
結局は自我が勝手に作った自我にとって都合の良い物語であり、真実ではありません。

なのでこのブログに書いてある事も、もちろん真実ではありません。
スピリチュアルで最も危険なのは何でもかんでも鵜呑みにする事と、
特定の言葉や表現を変に権威付けする事です。

こんなブログを真面目に読んではいけない、と度々書いているのは
そういう事ですが、まあ真面目に読んでる人なんて元からいないと思うので
その点は心配ないでしょう。





自我にとって都合の良い、というのはスピ系でよく用いられる用語(?)を見ても
よくわかります。愛とかインナーチャイルドとか高次元存在とかすき家の意志とか、
実に心地の良い言葉が溢れていますが、前述したように我々の本質は決して侵される事が
無い存在なのですから「いつも私を見守るインナーチャイルドさんありがとう、
愛しています」とかキモい事を素敵な事を書かなくても良いのです、
表現はどうでもよいのであります。

なので「常に俺をつけ狙う高次元から来た殺し屋が部屋の外にいる、
今度こそ返り討ちにしてやる」とか書き連ねるハードボイルドなスピ系ブログとか
面白いんじゃないでしょうか、私は読みませんけど。
PR

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 9 10 11
12 15 17 18
20 21 23 24 25
26 27 28 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]