忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
前回の話と少し被りますが、自我というものはスピ系における、ある種の気付き的なモノも
巧妙に利用します。

例えば「世界は自分だった、自由意志も無かった、なんたらかんたら」というのも
あくまで自我を通して発せられた言葉なので、正確に言うと事実では無いし、
もっと言えば真っ赤なウソとも言えてしまうのですよ。

それにも関わらず、それが自我の”認められたいとか、安全でありたいという欲求”に変質し、
妙な事になってしまうケースが多いように感じます。

例えば「何が起きても受け流すだけだから、世界は私だから、幸せも不幸も無いから」とか
言いながらセックスしてても気持ちよくも面白くも無いですし、
「世界は自分だから、勝っても負けても幸せ」とか言いながら
サッカーや野球見てても楽しくないですよね。

興奮したり悲しんだり喜んだりっつーのは勝手に出てくるのだから
出てくるに任せておけば良いのであって、それをスピ系の変な知識やメソッドで
どうにかしようと言うのがおかしいのであります。

これでは「世界が自分だから」という言葉・概念が、流れてくるものに対しての
”免罪符”みたいな事になってしまい、自我を守っているだけになってしまいます。

そもそも「世界は自分だから何々があってもどうのこうの」という自体がおかしいのです。
何々があるって事は「何々(体験)」と「それを体験する私」が居なくてはならないのだから
何かが”ある”という認識事態が厳密に言えばおかしいのであります。

頭が混乱してくるかもしれませんが、要はスピ系の知識とかメソッドなんて、
最終的には全部放り出して忘れてしまう事が肝要なのです。
深く熟睡している時に「世界は自分だった」とか何だとか小難しい事は
出てこないはずです。熟睡している時に出てこないものは、全部捨てて良いモノなのです。

大体役に立ちゃしないし。
最も役に立つ事は、役に立たないという事を知る事なのだ、という事であります。

何度か書いていますが、あらゆるメソッドはスピ系で言う「神」だとか「本来の自分」からは
絶対に離れます。しかし、実はあらゆるものが役に立たないのだ、という事を
知るためには、やはり色々実践していく先にあるのかもしれません。

ややこしくなってきたのでこの辺でまとめると、全部捨てて良いモノばかりだったって事は、
逆に言えば得るモノなど無かった、という事であり、
ここで初めてふりだしに戻り、ふりだしこそゴールだった事を知るわけであります。
PR

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5 6
7 9 11 12 13
14 16 17 19 20
21 22 23 25 26 27
28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]