忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
昨日の記事「北斗の拳メソッド」について、読者の方からメールを頂きました。
「いくらエゴが幻想といえど、今まで守ってくれていたのではなかろうか」
「守ってくれたエゴをあたたたたたと殺すのは偲びない」というものです。

これは鋭い指摘であります。
まさにエゴは我々がどっか行かないように守っていると同時に、前進させてくれる役目も
果たしていたのです。

前も書きましたが、エゴでどうのこうのとやってる状態は一種の寝ぼけであります。
寝ぼけているだけなので、エゴが居るように見えるのですが、本来はエゴというものすら
存在しません。
が、説明上「エゴ」と「その他大勢」のように分けて書かないと混乱を
招くので、便宜上「エゴ」と「私」みたいな感じで書いています。

寝ぼけ状態で大活躍するエゴは、寝ぼけている世界から「私」を逃がさないために
様々な手段で守ろうとします。つまり「これをやらないと大変な事になるづら」とか
「もっと未来の事を考えないとエラいことになるっちゃ」とか「これはダメだ」とか囁いて
「私」をその場に留まらせようとします。

しかし、同時に「これをやれば何かすごい事になるかもしれない」「成功しちゃうかもしれない」
とか「希望」を「私」に与えて前進させようともします。

アクセルとブレーキを同時に踏むというか、絶妙なアメとムチの使い分けというか、
とにかく「停滞」と「前進」を交互に与えてずーっと寝ぼけ状態をキープしているわけです。

エゴは寝ぼけキープのためならありとあらゆる手段を使います。
今回の「エゴは守ってくれていたのではないか、殺すのは気の毒だ」という読者の方が抱いた
概念は、元を正せば昨日の北斗の拳が原因なわけです。

読者の方は昨日の記事を読んで「そうか、エゴを殺してしまえば・・・」とか思ったかもしれません。
しかし「北斗の拳」⇒「あたたたたた」⇒「ひでぶ」⇒「なんて残酷なんだ!!」というイメージを
利用して、読者の方のエゴが「僕を殺すなんてこんな糞ブログの言うことを信じちゃダメだ!
僕が気の毒だと思わないのか!?」と騒ぎだし、「やっぱりエゴを殺すなんて残酷かも」と
読者の方に思わせたわけです。まさに読者の方が世紀末救世主になることから「守った」のです。

仮に昨日の記事が北斗の拳ではなく「ドラえもんメソッド」とかのタイトルで、
「エゴは幻想です、居ても居なくても良いのです。
そう、のび太がジャイアンと野球やってる場面にいつもいるデブのモブキャラ
ようなものです」とか書いたとしても「そうか、やっぱりエゴは友達なのかもしれない・・・
例えモブキャラだとしても消すなんて偲びない」と読者の方は思ったかもしれません。

なんだかよくわからない例えかもしれませんが、エゴは無意識のイメージや概念を
巧みに利用して居座ろうとします。やっかいなのはそのイメージや概念が絶対の真理であり
自分が(本当はエゴなんですが)抱いたのだ、と感じてしまうことです。


いかに寝ぼけ状態が巧妙に作られているか、という事ですね。
PR

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 6 7 9
10 11 12 14 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]