忍者ブログ

知らんモンは知らん

スピリチュアル系の願望実現ブログと思いきやそうでもない

HOME • Admin • Write • Comment
前回ネカマの達人になってしまったネカマ氏から、三度メールを頂きました。
ありがとうございます、以下は抜粋です。

「ネカマとは、私と相手の思考の中にしか存在しないものである」

「つまり内部空間とも呼べる概念の中に”生きている”存在とも言える」

「あらゆるものはこの内部空間に存在しているように感じるだけで、
それだけである」


「思考とは、内部空間に対してのリアクションに過ぎない。
スピリチュアルを頭で考えても理解出来ない理由がわかりました。
頭で考えるのは、犬が自分の尻尾を追い掛け回しているのと同じ」


「私は既に数年前に両親を亡くしておりますが、私も、両親も、
内部空間に存在しているように見えているだけでした。
存在しているように見えるという事は、裏を返せば私はいつだって
両親と一緒だったという事です。

私は両親に会えたんです。ずっと会いたいと思っていた両親は、
いつも居てくれたんです」

「両親に会えたんです」からのくだりに
私は感動して泣きました、ネカマのメールなのに。

「内部空間は、物語を作らなければ維持できない。
思考は内部空間に対して殆ど自動的にリアクションを続けるので、
多くの人は物語の中で架空の自己を生きている、まさにネカマのように。
それに気付いて物語を捨てることが、ゲームから降りることだと思います。
そしてあえて物語を維持するのがネカマなのです」


という結局ネカマかよ、という内容なのですが
思考は内部空間に対してのリアクションであり、ほぼ自動的に物語を
作り続ける、という表現は言い得て妙だと思います。





というわけで私も何だかネカマがやりたくなってきたので、
練習と称して嫁さんとLINEで女性っぽく会話してみました。

しかしながら、私の「結構女性っぽく会話出来てない?」に対し、
「おまえは馬鹿か?」と極めて醒めた反応が返って来たので、
ネカマへの道は険しそうであります。
PR

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 6 7 9
10 11 12 14 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
知らん
性別:
男性
職業:
食う寝る遊ぶ
趣味:
超合金魂
自己紹介:
かなりアバウトな性格の既婚平民

好物はすき家のチーズ牛丼・松屋のカレギュウ

合体と恐竜は男のロマン

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

Copyright ©  -- 知らんモンは知らん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]